私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログです。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

アオリイカを干して最高のスルメを作る

※『地球のココロ』というクローズしたサイトで、2013年11月22日に掲載した記事の転載です。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152418j:plain

?

乾物のスルメといえば、スルメイカやヤリイカが一般的に使われているが、最高のスルメを作るべく、贅沢にアオリイカでスルメ作りに挑んでみることにした。

まずはアオリイカを釣ってくるところから

今年の正月の目標は、コタツに入って猫を撫でながら、日本酒をチビチビとやることである。我が家にはコタツも猫も存在しないが、実家に帰れば両方揃っている。

その際に用意したいつまみこそが、今回チャレンジする最高のスルメだ。「肴は炙ったイカでいい」とうい歌の文句があるけれど、個人的には「肴は炙ったイカがいい」と歌ってほしいくらいである。

アオリイカという肉厚で甘みの強い高級なイカを使えば、きっと最高のスルメができるはず。そこで生きたアオリイカを確保するべく、船に乗ってアオリイカ釣りに挑戦したのだが、この日は残念ながらモンゴウイカ(正式名称はカミナリイカ)しか釣れなかった。

しかし、このモンゴウもアオリイカ以上に肉厚で、とてもおいしいイカである。きっとスルメにしてもおいしいだろう。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152431j:plain
これがモンゴウイカ。スミイカ(正式名称はコウイカ)の親戚。イカの名前はややこしすぎる。

アオリイカは同行者がたくさん釣ったのをもらえることになったので、この鮮度抜群のモンゴウイカとアオリイカを使って、バチが当たりそうなほど贅沢なスルメ作りに挑戦だ。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152452j:plain
こっちがアオリイカ。甘みがあってとてもうまい。

イカを捌く

まずは持ち帰ったイカを腹側から捌いて、内臓、目玉、口、背骨、吸盤をとる。どちらのイカも厚みがあって、独特の張りと弾力があり、とてもおいしそうである。

スルメにしない分を刺身やフライで食べてみたら、実際にとてもうまかった。これをスルメにしてしまうのだから、これこそ贅沢というものだろう。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152511j:plain
これはアオリイカ。透明感のある美しい白さ。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152532j:plain
こっちがモンゴウイカ。この厚みが干すことでどうなるのだろう。

捌いたイカは、海水よりちょっと濃いくらいの塩水でもみ洗いして、そのまま20分ほど漬けてみた。多少塩分があったほうが、イカも腐りにくいだろう。

身の厚いイカをスルメにするにあたって、一番の不安は腐敗なのである。腐って敗れると書いて、腐敗。ああ、恐ろしい。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152555j:plain
このままサッと茹でて食べてもうまいんだけどね。

イカを干す

よく洗った干物用のネットに水分をしっかりと拭き取ったイカを広げて、ベランダで天日干しスタート。さて何日で干し上がるのやら。というか、天日だけでちゃんと乾燥してくれるのだろうか。

腐敗と熟成の一本勝負の行方や如何に。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152614j:plain
腐るなよ!(長州力風に)

天日干しの一日目、当然まだスルメにはなっておらず、まるっきりイカのまま。このまま刺身で食べられそうだ。

そこで夜は吸水シート(ただしペットのトイレ用ですみません)でしっかりとくるんで、冷蔵庫に入れておくことにした。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152650j:plain
このくらいの乾燥具合で焼くのが一番うまいような気もするが。

翌日からも昼間はベランダで天日干し、夜は冷蔵庫で吸水シート干しを続ける。

さらに天気が悪い日は、室内で扇風機の風を間近から当てて干してもみた(部屋がとてもイカ臭くなる)。

腐敗が不安になって、全体にアルコールを吹きかけたりもした。

こうなったら(どうなったんだ)、どんな手を使っても干しあげてやるのだ。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152721j:plain
なかなか大変。干せ、面倒さ。ホセ・メンドーサはあしたのジョーに出てくるボクサー。

スルメイカを追加

干し始めてから5日目、ここでやっぱり基本に帰ってスルメイカを使ったスルメも作るべきではと急に思い立ち、ではスルメイカを釣りに行こうかと思ったがあいにく天気が悪かったので、刺身用をスーパーで買ってきた。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152742j:plain
お刺身で食べられるイカで作ってこその手作りスルメ。

スルメイカも他のイカと同じように捌いて、先輩たちが待っている干物用のネットに合流。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152757j:plain
スルメイカだけあって、スルメらしいフォルムだ。

このタイミングで、新人のスルメイカと交代するように、一番小さなモンゴウイカをネットから出して、試食してみることにした。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152815j:plain
スルメと呼ぶにはまだちょっと早そうだが。

モンゴウイカの5日干し

5日間干したモンゴウイカは、一夜干しとスルメの中間といったところだろうか。水分がだいぶ抜けて、二回りくらい縮んでいる。その分うまみが凝縮していることだろう。

まだ生乾きなので、そこそこの硬さではあるけれど、ゴムのような弾力がある。

不安だった腐敗についてだが、なかなかのイカ臭さを放ってはいるが、腐敗臭はしないので大丈夫っぽい。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152836j:plain
ずいぶん小さくなってしまった。

f:id:tamaokiyutaka:20180516152855j:plain
グリルで軽く炙る。

魚焼きグリルで軽く炙った一夜干しならぬ五日干しのモンゴウイカの断面を見てみると、表面部分がスルメ状で、中身が一夜干しという、不思議な状態になっていた。

f:id:tamaokiyutaka:20180516153007j:plain
ゲソの短さがモンゴウイカの特徴。

f:id:tamaokiyutaka:20180516153023j:plain
スルメに挟まれた一夜干し状態。

これを一味マヨネーズで食べると、そのおいしさに濃さに驚いた。うまいだろうなとある程度予想はしていたが、その予想通りで驚いたのである。

外側の硬い部分に守られた柔らかい内側の身が、しっとりと実においしく焼けている。素晴らしい。

モンゴウイカが持つ甘さや旨さがギュッと凝縮されており、刺身やフライとは違った魅力に満ちている。

この状態で完成といってしまってもいいのだが、せっかくなのでもう少し干し続けてみる。

最高のスルメが完成した

そこからさらに5日、トータル10日も干すと、イカはすっかりスルメになった。悲しくなるくらいの縮みっぷりだが、これが私の選んだ道だ。

f:id:tamaokiyutaka:20180516153139j:plain
あんなに立派だったアオリイカがこのサイズに。

f:id:tamaokiyutaka:20180516153153j:plain
エモーショナルなポージングのアオリイカ。

f:id:tamaokiyutaka:20180516153209j:plain
モンゴウイカもすっかりカラカラ。

f:id:tamaokiyutaka:20180516153227j:plain
おっかけで作ったスルメイカは、まさにスルメらしいスルメとなった。

こうして出来上がった正月用の特別なスルメ。

望みどおり最高の味になっているのか、アオリイカを炙ってチェックしてみよう。

f:id:tamaokiyutaka:20180516153241j:plain
添えるのは当然一味マヨ。

f:id:tamaokiyutaka:20180516153256j:plain
中までしっかりと干し上がっている。

自分で釣った(というのはウソだが)アオリイカで作ったスルメだが、これがびっくりするくらいに硬かった。犬用のガムかという壮絶な硬さである。

刺身で食べるアオリイカは柔らかいのだが(エンペラが最高)、スルメにするとここまで硬くなるのか。ああ、5日目に食べた半乾きのモンゴウイカが懐かしい。

f:id:tamaokiyutaka:20180516153314j:plain
硬い!

ただし、硬いけれどスルメとしては抜群にうまい。さすがはアオリイカで作ったスルメ。

イカとしてのおいしさでいえば、正直なところ生乾きくらいが好みだが、スルメとしては一級品だ。

噛み続けてたっぷりとつけたはずの一味マヨの味がなくなってきた頃に、イカの旨味が口いっぱいに広がってくるのである。まさに噛めば噛むほどうまくなるというやつだ。スルメとは本来こういうものなのだろう。それにしても顎が疲れる。

これこそ、コタツで猫を撫でながら、日本酒を飲みつつ齧るスルメにぴったり。一切れで1時間くらいは噛んでいられるかもしれない。

このスルメをお供に、今度の正月は華麗に寝正月を極めたいと思う。

f:id:tamaokiyutaka:20180516153332j:plain
スルメイカで作ったスルメは、この原稿を書きながら焼いたら痛恨の焼き過ぎに。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

大人の社会科見学として街のラーメン屋さんに話を聞く

デイリーポータルZの博多取材シリーズの最後はこれです。

ここのちゃんぽん、すごくうまいです。

なぜうまいのかは読むとわかるような気がします。 

portal.nifty.com

f:id:tamaokiyutaka:20180514114008j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180514114009j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180514114011j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180514114013j:plain

博多シリーズは他にこれらです。

麺をたくさん食べる旅でした。

 

blog.hyouhon.com

 

 

blog.hyouhon.com

 

 

blog.hyouhon.com

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

グルメの街・博多であえての「うどん」!年間400杯のうどんマニアの案内で食べ歩いた5軒がスゴかった

ぐるなびの『みんなのごはん』で書きました。

f:id:tamaokiyutaka:20180514114313j:plain

うどんマニアの井上こんさんにセレクトしていただいたうどんを食べ歩いたレポートです。痩せちゃう。

r.gnavi.co.jp

うどん、どれもうまかったっす。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

週刊SPA!(スパ)5月1・8日合併号で潮干狩りの紹介をしました

発売からだいぶ経ってしまいましたが、週刊SPA!(スパ)5月1・8日の、『GWを激安で楽しむ13の方法』という特集で、『グルメ(サバイバイル)編』として、干潟で獲れる食べ物を紹介しました。

f:id:tamaokiyutaka:20180514111957j:plain

紹介したのは、マテガイ、アナジャコ、ホンビノスの三冠王です。

f:id:tamaokiyutaka:20180514112013j:plain

撮影はあのオカダタカオ先生です。

修行僧と遊んだあの干潟で、オカダさんの撮影で取材を受ける日が来るとは……。

もう発売してませんが、気になる方は国会図書館とかで……。

 

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

関東でタウナギが釣りたい:視察篇(5月4日は早すぎた)

宇外来種のニョロニョロした魚、タウナギを前から釣りたいなーと思っていたんですよ。タウナギ釣り自体はテレビでも紹介されたメジャーな遊びだけど、主な生息範囲は関西ということで、どうしたもんかなーと迷っていたところ、富山に行った際に「関東ならこの辺で見たよ!」というふんわりした情報を聞いたので、ゴールデンなウィークにチラッといってきました。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005832j:plain

タウナギのベストシーズンは梅雨時から秋に掛けてらしいので、ちょっと早いよなーと思いつつも、行けば一匹くらいは見られるかなーとね。まあリサーチということで。ほら、ウナギ釣りは封印しているので、ならばタウナギを釣ろうかなと。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005834j:plain

夜行性なので釣るのは夜がメインなんだろうけれど、土地勘がない場所に夜に行っても、どうにもならんので、午後早めにその場所に行って、とりあえず車を止められる場所を探して(これが結構大変)、田んぼの用水路を見回る。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005836j:plain

今回は久しぶりに完全一人旅。見つかるのかわからないターゲットを、一人でフワフワと探す不安と緊張。特に仕事という訳でもなく、ただの趣味としてのタウナギ探し。いやー、楽しいわ。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005839j:plain

水深の浅い用水路が狙い目らしいんだけれど、今は田植えシーズンということで、水路の水が多すぎるかな。あとコンクリ張りの水路ばかりで、ちょっと期待が薄いかも。

どこかにいないかなーとフラフラしていたら、かわいい亀を発見。クサガメかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005841j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507005843j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507005847j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507005850j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507005854j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507005852j:plain

うっかり持ち帰って飼いそうになるも、家には亀本さんという盟友がいるので我慢。その後、計3匹を発見。カメ多いな。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005857j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507005904j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507005908j:plain

しばらく歩き回って、ここはという用水路を発見。

どんよりとした感じ、ヘビのようなタウナギがごろんといる気がする。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005936j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507005913j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507005921j:plain

でもいない。やっぱり時期が早いか。時間が早いか。

ヘビイチゴかと思ったらイチゴ。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005923j:plain

野良アサツキ。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005926j:plain

うーん。見つからん。

軽くおやつでも食べますか。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005948j:plain

ちょっと不安になってきたので、この辺の魚事情に詳しそうな場所でリサーチ。

「タウナギ釣りたいんですけど」と聞くと、「タウナギいるよ!釣ったことはないけど!あれって釣れるの?この辺の田んぼよりもあっちの方がいるかな。レンコン畑に穴を掘って住んでるから」という有力情報をキャッチ。

なるほど、この辺りでは田んぼの用水路よりもレンコンエリアが有力なのか。

f:id:tamaokiyutaka:20180507005953j:plain

ということで、教わったエリアに移動。

 

なるほど、確かにレンコン畑がいっぱいある。

そこで作業をしていた方に聞いてみると「タウナギ?いっぱいいるよ!畔にいる!」とのこと。

水の中ではなく畔?

f:id:tamaokiyutaka:20180507010001j:plain

畔という表現がよくわからなかったけど、とりあえずこの辺に間違いなくタウナギはいるらしい。

泥の用水路には確かにいそう。間違いなくいるね。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010008j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507010016j:plain

穴を掘って住んでいるっていう話だけど、これのことかな。ザリガニの穴だと入り口に土がこんもりしているけれど、これはちがうよね。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010018j:plain

これとか。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010022j:plain

あ、いた!

f:id:tamaokiyutaka:20180507010027j:plain

と思ったら違った!

f:id:tamaokiyutaka:20180507010034j:plain

うーん、なかなかいないね。

時期が早いのか、時間が早いのか。

今日何度目だろう、この疑問。

なんかでっかい巻貝の殻を発見。なんだこりゃ。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010040j:plain

お、生きた巻貝だ。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010046j:plain

でかい。こりゃ外来種のジャンボタニシというやつかな。

食べてみたいけど、今日はタウナギ優先なのでまたな。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010056j:plain

よくみると、すごいいるな。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010101j:plain

このピンクのやつ、ジャンボタニシの卵か。うへー。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010109j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507010114j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507010119j:plain

これはヘビイチゴか。

パク。うん、味がないよね。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010124j:plain

いそうなんだけど、いないなー。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010130j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507010135j:plain

だめだ、いない。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010303j:plain

やっぱり夜にならないとだめか。

一匹だけでも見たいんだけどなー。

 

ちょっと一息。コンビニでなんか食おう。

唐揚げ棒とサンドイッチとおにぎりとシュークリームを購入。

運転しながらクリームがたっぷりのシュークリームを食べていたら、目的地に着いた頃には滴ったクリームで来ていた服がべっちょり。うへー。

ダブルクリームのシュークリーム、ながら食いには向いてないよ。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010154j:plain

昼間は釣り道具を持たずに散策していたけれど、そろそろ用意をしますかね。

ハリスは適当な4号の糸、ハリは安いからという理由で買った小型のウナギ針。もう出番がないかなという微妙なサイズだけど、使い道があってよかった。これが正しいのかは謎だが。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010221j:plain

エサはイカゲソ。ミミズハゼ捕りの残りがあったので。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010215j:plain

ハリにつけると、ワームっぽいね。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010226j:plain

エサがイカなので、竿はイカ用にしてみた。深い意味はない。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010205j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180507010208j:plain

ホタルイカ対策で買ったヘッドライトをオンして、昼間の内にリサーチした場所をサーチ!

f:id:tamaokiyutaka:20180507010239j:plain

あれだね、水が濁っているね。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010245j:plain

ウシガエルがけっこういて、うっかり釣りそうになるけれど今日は我慢。

入れ物がなかったのとタウナギに集中したかったから釣らなかったけど、せっかくならタウナギとウシガエルの両狙いが効率的かもね。

f:id:tamaokiyutaka:20180507010249j:plain

タウナギって確か黄色だかオレンジなんだよね。

そんな色なら目立つと思うんだよなーと思ったら、いた!

f:id:tamaokiyutaka:20180507010256j:plain

うん、ジャンボタニシだね。

 

ということで、リサーチは無事集合。

6月に来たら、きっと釣り上げられるんじゃないかなというくらいの情報を集められたので、今日は100点です。ちっくしょう。

 

つづく!!!!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

キロ1万円越えの超高級魚、シロアマダイはやっぱりうまい

デイリーポータルZで『キロ1万円越えの超高級魚、シロアマダイはやっぱりうまい』という記事を書きました。

portal.nifty.com

年末の話を今頃書いているゴールデンウィーク。

 

f:id:tamaokiyutaka:20180430225309j:plain

この高級魚を釣った話は、船宿の一俊丸さんのサイトに寄稿しました。あわせてどうぞ。

kazutoshimaru.net

シロアマダイは狙って釣れる魚じゃないので(確率の高い時期、水深、ポイントというのはあるけれど)、アマダイを釣っていると1/100~1000くらいの確率でシロアマダイのアタリが混ざって、さらにそれがキャッチできるかどうかが1/2くらい(これは腕次第)っていう感じでしょうか。釣れたら超ラッキーという魚。

どうもこの一匹で運を使い果たしたようで、それ以来ろくな魚が釣れていません。ってそんなに釣りに行ってもないですが。もう少し釣りに行きたいですな。

 

f:id:tamaokiyutaka:20180430225315j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180430225315j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180430225316j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180430225318j:plain

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

アミガサタケ&ハルシメジ狩り 2018年4月22日

■2018/04/22

ものすごく間が空いてしまった。今日はツイッターの「発生地はどちらでしょうか?」でおなじみの『べにてんぐの会』さん主催の観察会に参加。

数日前に雨が降ったので、イエローがポコポコ生えているかなーと思ったが、大地はすっかりカラッカラ。

なるべく湿っていそうな場所を探して、どうにか一本発見できた。

f:id:tamaokiyutaka:20180422234501j:plain

貴重な一本なので、同じキノコを何枚も載せる。

f:id:tamaokiyutaka:20180422234607j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180422234512j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180422234515j:plain

十数人参加して、全体でもアミガサタケは3本くらい。今年はもう終わりかなー。

アミガサタケかと思ったらアミスギタケとかね。名前は似ているが姿は似てないな。

f:id:tamaokiyutaka:20180422235156j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180422235159j:plain

他に見かけたのは、マメホコリという粘菌(キノコではない)と、マツオウジくらい。他の方がナラタケを見つけたりも。それにしても毛虫が多かった。

f:id:tamaokiyutaka:20180422234524j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180422234526j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180422234529j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180422234532j:plain

キノコ的には残念な結果だったが、野草やらなんやら、いろいろ勉強になった。

 

 

 

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本