私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

ヤマドリタケモドキをまたまた探しに行ったら爆湧きしていた

こんばんは。9月15日の話です。

モドキングことキノコ狩りの師匠である某宮さんによると、「キノコはタイミングによって発生状態が全く違うので、最低でも同じ場所に3回行くべき!」という、獲ったヤマドリタケモドキを入れておいた袋くらい熱いアドバイスをいただいた。なんだか発熱するんですよね、ヤマドリタケモドキ。

という訳でもないのですが(いきなり否定)、前回、前々回に続いてまた同じような場所へ、同じメンバーでヤマドリタケモドキを採ってきました。

blog.hyouhon.com

blog.hyouhon.com

猛暑だった今年の夏は、カラカラに乾いた大地から干し茸みたいなやつがかろうじて出ている感じで(といいつつ食べる量は十分とらせていただきましたが)、いわゆるヤマドリタケモドキの形をした図鑑とか素材集っぽいもの、あるいは某Mさんが去年はたくさんあったというパンケーキみたいなでっかいやつというのをまだ見ていない。

ということで台風で雨がドカンと降った数日後、そろそろいいんじゃないかと行ってきた訳なんですが、これが大当たりでした。ドカンドカン。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003235j:plain

昨日から降っていた雨は集合時間には止む予報。それが全然やまなかったけど全然OK。ポイントに入ってすぐこうですよ。

 ※この記事のキノコの名前等は素人同定なので、参考にしないでください。食べられるかどうかは、環境、時期、個人差にもよります。また素人によるキノコ狩りを薦めるものではありません。自分用の忘備録です。

f:id:tamaokiyutaka:20181001002808j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001002819j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001002827j:plain

ミッチミチ。同じ場所からポコポコでていて、おしくらまんじゅう状態。

下の写真は90度ずれているのではなく、こういう角度で斜面に生えていた。

もう隙あらば生えてやろうという爆発具合なんだな。

f:id:tamaokiyutaka:20181001002838j:plain

別角度からどうぞ。

f:id:tamaokiyutaka:20181001002846j:plain

良いね。

f:id:tamaokiyutaka:20181001002857j:plain

ヤマドリタケモドキの特徴とよく聞く、軸の網タイツ模様ってこういうことかと納得。

f:id:tamaokiyutaka:20181001002904j:plain

これとか最高なのでは。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003402j:plain

意外と長かった。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003412j:plain

なんてニヤニヤしていたら、某Yさんが冗談みたいに大きく、そして状態の良いキノコをキープしていた。

え、それもヤマドリタケモドキなの!

f:id:tamaokiyutaka:20181001003025j:plain

周囲を見回すと、そういうのがポコポコ生えている。

なにこの落としたパンケーキみたいなやつは。

雨に濡れてよりパンケーキっぽっさがすごい。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003044j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003033j:plain

これかー。宮さんが見せたがっていたサイズのヤマドリタケモドキは。

これ一個でお腹いっぱいになるやつだ。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003051j:plain

管孔(キノコの傘の裏側に形成されるチューブ状の器官であるとwikiより)がフカフカで綺麗だわ。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003108j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003844j:plain

 俺の手首くらい軸が太いやつも。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003922j:plain

松の生えている場所にもポコポコ。

マツタケとりたいなー。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003227j:plain

 そんな感じで多種多様なヤマドリタケモドキがポッコポコのボーナスステージ。状態の良いものだけを選んでいただく。生きててよかった。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003702j:plain

ガバ!っとなっている老菌も多々。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003708j:plain

もし一人でヤマドリタケモドキを初めて探しに来て、これをみてもそうだと思わないだろうなー。こういう捕食する深海魚いるよねー。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003723j:plain

でろん。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003729j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003714j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003733j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003739j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003744j:plain

グイッと。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003750j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003755j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003807j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003839j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004215j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004226j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004228j:plain

どのくらい傘がひらいた状態が好みなのかは人それぞれみたいですね。

これくらい大きい方がヌメヌメして旨いという人も。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004233j:plain

 これなんて丸ノコみたいですね。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003930j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003944j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003948j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003957j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004000j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004004j:plain

 

茶色い三連菌のドリ

この日は3連ヤマモもたくさんあった。

黒い三連星のドムならぬ、茶色い三連菌の(ヤマドリタケモ)ドリである。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003546j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003607j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003853j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004134j:plain

軟体生物っぽさのあるやつとかも。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004219j:plain

だからなんだっていう話ですけど、なんかいいじゃないですか。

 

これが見たかったというベストなヤマドリタケモドキ

そして苔むしたヨーロピアンなゾーンがすごかった。

これこれ、こういうのが見たかったのよ。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004202j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004205j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004041j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004043j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004048j:plain

これが個人的にはベストかなー。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004051j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004055j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004058j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004108j:plain

このくらいずんぐりむっくりのがかわいいよねー。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004111j:plain

生えまくりまくりすてぃ。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004116j:plain

こうやってたくさんのヤマドリタケモドキを見ると、同じキノコなのかなと怪しいくらい色や形が違いますね。あなた好みのキノコはありましたか?

茶色かったりこげ茶だったり、軸が太かったり細かったり。このようにヤマドリタケモドキにもいろいろあって、これは個体差というよりは分類できてないだけという意見もあり、某宮さん的には『広義の』ヤマドリタケモドキという扱いらしいです。

ムラサキヤマドリタケとアカヤマドリ

この森にはムラサキヤマドリタケとアカヤマドリも生えるということで、ハッキリとした姿のその子たちも見つけられたなら―と思っていたら、某宮さんが紫をどっかでとってきた!

f:id:tamaokiyutaka:20181001003427j:plain

なるほど、紫だ。

そして某宮さんはとったキノコの根元部分をちゃんと処理してから袋に入れるタイプ。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003434j:plain

ムラサキヤマドリタケ、通称ムラヤマ氏の生えているところも見たいなーと思ったら、あった(と教えてもらった)!

ちょっと微妙な状態だけど、念願達成。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003902j:plain

そしてそのすぐ近くに、アカヤマドリタケもあった(と教えてもらった)!

おー、赤い。キノコおもしろいわー。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003918j:plain

いいわー。次はもっと状態の良いもの、そしてモドキじゃないヤマドリタケもみたいよねー。って沼に落ちていくのよねー。

 

違うキノコもいろいろ

もちろん他のキノコ達も絶好調。なにがなにやらわからないのも多々。スマホで写真撮ると同定してもらえる人工知能の開発まだですかね。ハンターハンターにでてきたやつ。

よくわからないのが、ヤマドリタケモドキっぽいけど、軸が赤くて、青く変色するタイプのやつ。

ニセアシベニイグチ? アメリカウラベニイロガワリ? オオウラベニイロガワリ?

これは来年の課題にしましょうか。

f:id:tamaokiyutaka:20181001002909j:plain

ガバ!

f:id:tamaokiyutaka:20181001002916j:plain

一見するとヤマモだけど、これもそう。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003310j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001013253j:plain

はっきりと変色するよねー。どういう理屈なんだろ。

f:id:tamaokiyutaka:20181001013310j:plain

これもかな。どうかな。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003618j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003633j:plain

そしてこんなのも。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004124j:plain

なるほどー。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004128j:plain

 

他にももりだくさん。こういうのは全然わからない。

f:id:tamaokiyutaka:20181001002927j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001002959j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003259j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003505j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004029j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004033j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004243j:plain 

テングタケの仲間達はいっぱい生えていた。

ヤマドリタケモドキのあるところ、テングタケありという感じ。

まざって当たり前のように生えるから、ぼんやりしていると収穫しそうになる。

f:id:tamaokiyutaka:20181001002951j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003927j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003126j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003247j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004137j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004147j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004153j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004156j:plain

石灯籠っぽさ。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004159j:plain

これはヘビキノコモドキ???

f:id:tamaokiyutaka:20181001004023j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004025j:plain

キイロタマゴタケだー!っと思って食べると死ぬウスキテングタケかタマゴタケモドキかな。黄色いタマゴタケっぽいやつは危険なのパス。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003340j:plain

ちょっとセクシー。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003350j:plain

この黄色の濃さはキタマゴタケかな。ええと、黄色はパス。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004012j:plain

 

ハラタケの仲間のマッシュールム的なやつ。謎。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003011j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003016j:plain

 

謎のイグチもたくさん。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003117j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004019j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004016j:plain

 

キカイダーの敵(ハカイダー)みたいなノウタケ。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003444j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003455j:plain

なんだっけこれは。ムーミンのニョロニョロみたいですね。

あれだ、シロソウメンタケかな。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003819j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003823j:plain

これがいちばんきれいなキノコだった。

初代アイマックみたい。名前は謎。

f:id:tamaokiyutaka:20181001003826j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001003831j:plain

キノコじゃないけど、ヤマボウシもたくさんあった。

初めて食べた気がするけど、うすらあまい!

f:id:tamaokiyutaka:20181001004211j:plain

 

ということで、たっぷりと楽しませていただきました。近所でこれくらい採れるといいんだけどなー。

雨だったので、写真は全部防水のコンデジ(TG-4)です。

TG-5に買い替えたいが理由がまだないかなー。

 

美味しくたべました

帰って早速パスタにしました。

ムラサキヤマドリタケをもらってきて食べたのですが、ちょっと大人な苦味があって、これはこれでうまいですね。確かに味がヤマドリタケモドキとはちょっと違う。

そしてこの手のキノコの味をようやく舌が覚えてきて(市販のどのキノコとも違うんですよ)、この系の旨味がすごくうまく感じるようになってきた。なるほど、舌はこうして学習していくのか。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004252j:plain

一部は洗ったらスライスして、そのまま冷凍して冷凍してみたんだけど、そのまま使えますね。干した方が量が減っていいんだけど、冷凍の方が使いやすいかな。

市販品の2人前78円のミートソースにたっぷりと入れて食べると、独特の旨みがたっぷりと加わってうまいのよねー。傘のヌメッとした食感も、軸のざっくりした歯ごたえもいいわー。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004257j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20181001004300j:plain

釣ってきたカツオ(生)のアラを使ったスープで作るサッポロ一番しおラーメンに加えたりして。うますぎていかんぞこれは。

f:id:tamaokiyutaka:20181001004305j:plain

ということで、ヤマドリタケモドキを楽しんだ2018年の夏でした。

そろそろ別のキノコをとりにいきたいところですね。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

知ろう!フレッシュ唐辛子

こんにちは。群馬の山奥にある唐辛子農園で、生の唐辛子をたくさんみて、齧るという体験をしてきました。群馬というか、もはやチベットとかブータンの秘境みたいでした。

f:id:tamaokiyutaka:20180925141501j:plain

 

私が想像していた以上に唐辛子の種類が多く(100種類以上栽培している)、味も香りも違って、好きな野菜になりました。そう、野菜なんですよ。ということで、記事をどうぞ。

portal.nifty.com

使いきれなかった写真です。主に犬。

f:id:tamaokiyutaka:20180925141442j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180925141451j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180925141453j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180925141455j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180925141458j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180925141505j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180925141507j:plain

ハンドスピナーみたいなのもあったよ。

f:id:tamaokiyutaka:20180925141511j:plain

よろしくお願いいたします。

こういう取材は楽しいですね。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

「ハロウィンと牛タンと私たち」の たち

こににちは。今年の夏が酷暑だったのは覚えていますか。

そんな暑い夏のある日に、仮装した大人がギッチギチに集まってハロウィンパーティーをしてきました。小林銅蟲さんの仕事場で、牛タンを食べるという集まりです。メンバーは謎。

srdk.rakuten.jp

……ハロウィンとはなにか。

誰もがあやふやな概念しか持たないこのフワッとしたイベントに対して、「ハレなのでうまいものが食えればウエルカム」という小林さんの答え、さすが。料理にカボチャ的な要素が一切ないのが気持ちよかったです。

代わりにPhaさんがカボチャになっていました。

f:id:tamaokiyutaka:20180925125800j:plain

どれも美味しかったですが、特に低温調理的なしゃぶしゃぶがおいしかったです。アクリルの容器を水が入ったまま動かそうとして、耐え切れずに壊れてバシャーって茹で汁がぶちまかれる未来が見えましたが、そこはタイムトラベラーがメンバーにいたので助かりました。

火の入れ方や切り方で食材の味や食感は大きく変わるのだというのが学べてよかったです。

累、映画公開おめでとうございます。

 

 ハッピーハロウィン!

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

相模湾でコマセカツオ釣り@葉山五エム丸(8/27)

今年もカツオ&マグロに行きましょうか

釣り好きには同じ魚を何度も狙って己を高めていくタイプと、季節やメンバーに応じてなんでもやってみるタイプがありまして、私はものすごく後者。

特に船釣りではほとんどのターゲットが年に一回で終了。これは前に『ゆるゆる釣り部』という連載をしていて、毎回違う魚をなるべく釣るようにしていたからなんですが、今は釣りに行く回数自体は減ったものの、根本的には変化なし。あれも釣りたい、これも釣りたい、いろいろ手を出してみたいのよ。ゆるゆる釣り部、だれか復活させてください。

おかげで毎年すっかり前回のことを忘れているため、いつでも新鮮な気持ちで挑めるというメリットがあります。人生初の一匹こそ至高なので、何回釣っても一年振りならほぼほぼ人生初の気分なのでお得です。

デメリットはもちろん全然上達しないこと。あえて上達しないようにしているところもあります。ただ基礎体力の向上みたいな感じで経験が蓄積されていくのですが。

でですね、できるだけ毎年必ず釣ろうと努力する魚といえば、タコ、イカ、タチウオ、アマダイ、マダイ、ヒラメ、イサキ、ハゼ、マゴチ、フグ、イシダイあたりなのですが、結構多いな、そして行けてないのが多いな、この時期に忘れてはいけないのが相模湾のカツオ&マグロでございます。

去年も平塚からカツオ釣りに行ったんですけど、これってどっかに書きませんでしたっけ。あれ本気でわからないや。まあいいか。

ええと、去年はマダラさんが仕立てた船で出船して、前日までは爆釣だったけど当日まさかの強風&激渋となり、こじんまりしたカツオが数本という結果に。その模様は同行者のブログでどうぞ。

boooooooska.hatenablog.com

で、今年もいきます、カツオ&マグロ。今回は小松ヌンチャクさんのご友人の仕立てに混ぜていただく形で、私は初めての訪問となる葉山の五エム丸さんから8月27日に出船。平日の月曜に仕立てってすごいですね。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225107j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180922225113j:plain

カフェバーみたいな船宿でした。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225117j:plain

『ライフジャケットがライフジャケットが 命を守ります 命を守ります!』

f:id:tamaokiyutaka:20180922225119j:plain

カツオ&マグロ狙いの船だと、船に備え付けのイーグル(でっかいクーラーボックス)を利用する場合と、各自がクーラーを持ち込む場合があるんですけど、ここは後者みたいです。氷はホシザキの製氷機で作られるゴロゴロしたサイコロ型をドサドサとビニール袋でもらうタイプでした。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225122j:plain

今回の仕立てはコマセつきで、エサは別途500円で購入。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225124j:plain

レッツゴー、カツオ&マグロ。

ちなみにこのタイミングはカツオもマグロもとても微妙で、予約不要の乗合だったらパスするかなーという感じ。仕立てだとだいぶ前に予約をするので、釣れていても、釣れていなくても、とりあえず乗船となるのがギャンブルですね。でも釣れていないのに今日だけ釣れるっていうこともあるしね。

釣りのコツは、釣りに行くことだって、最近ようやく悟りました。釣りに行かないと釣れないんですよ。釣りに行っても釣れないことも多いけどさ。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225130j:plain

仕立てた船はこちら。ちょっと古いけれど、これを11人で貸し切れるのだから贅沢ですね。しかも4人はルアーでミヨシに固まっているので、コマセは7人。私がいた側は3人だけという広々グリーン車状態ですよ。こりゃカツオもマグロも釣り放題だ。

釣る前から釣れ過ぎた時の心配をして、友人知人に「カツオかマグロいる?」って聞きそうになっちゃうよねー。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225133j:plain

この釣りで使う竿やリールはまるっきり持っていないので、船宿でテンビン、キーパーと合わせて一式レンタル。買おうかなとは毎年思うんだけど、手巻きのPE10号リールとか他の釣りで絶対に使わないんだよねー。電動だとキンメとかマダラとかと共有できるだろうけれど、それもいかないのよねー。いったら楽しいんだろうけどねー。

で、相変わらず初心者オーラが全開なので、竿のセッティングをしようとモゴモゴしていたら、船宿の方が全部やってくれました。初心者オーラ、大事です。上達する気のない人にとっては。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225135j:plain

この使った覚えはあるけれど使い方は覚えていないリール、ドラグのレバーを手前に倒すとフリーになって、奥に倒すと締まるんですが、真ん中のところで待っているとちょうど良いセッティングということで、そのようにさせていただきます。

カツオはキツキツ、マグロはユルユルというのがドラグ設定の基本ですが、とりあえずどっちでもここのポジションでいいよとのこと。魚がかかってから調整しますかね。そんな余裕あったかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225137j:plain

コマセはとりあえず半分溶かしておきます。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225142j:plain

仕掛けは簡単なので作ってきました。

カツオ用がハリス16号3~4.5メートル、ハリがカン付チヌ8号。

マグロ用がハリス22号4.5メートル~6メートル、ハリがオキアミマグロ18号とかいうやつ。

この中で失敗が一つあるのですが、それは後ほど判明します。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225154j:plain

カツオもマグロも4つずつ作ってきました。さてどっちをつけようか。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225156j:plain

最近になってようやく南方延縄結びのコツみたいなものがつかめた気がします。

太い糸ってうまく結べないよねー。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225201j:plain

ツナをツリタイナ。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225205j:plain

右舷の大艫に入れさせていただきました。

お、富士山だ。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225208j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180922225210j:plain

 

とりあえずカツオを狙います

さてセッティング。船長の話だと、マグロは相当な期待薄ということで、とりあえずはカツオの仕掛けで行きますか。予定としては、ナイスなサイズのカツオを3本ほど抜きあげたところでマグロの仕掛けに交換し、ドカーンと30キロオーバーを釣り上げるという感じですかね。

道糸の先に船宿のテンビンをつなぎ、そこに持参の仕掛けを結ぶのですが、ここのテンビンはそこそこ丈夫そうなスナップ付きサルカンがついている。でもこれだけだと強度的にちょっと不安。ということで、持参の仕掛けのスナップとダブルでつないでみた。これで強度がアップするのかは謎だけど、なんかよくないですかこれ。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225213j:plain

エサはオキアミのダブルにしましょうか。尾羽をハサミで切って丁寧に刺し、腹合わせにしてみました。柔道で行ったら縦四方固めなのかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225216j:plain

コマセカゴってどれくらい開けばいいんだったかな。

まあやりながら調整しますか。

いや本気で前年のこととか忘れているんですよ。

レンタルは100号のオモリをぶら下げるタイプのプラビシです。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225218j:plain

エサは小型クーラーへ入れて、使う分だけ小出しにします。特に暑い日はちゃんと冷やしておいた方がいいですよ。ってマダラさんから教わりました。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225255j:plain

コールマン クーラーボックス テイク6 ブルー 5205-758G

コールマン クーラーボックス テイク6 ブルー 5205-758G

 
コールマン(Coleman) テイク6 ブルー 2000033009 2000033009

コールマン(Coleman) テイク6 ブルー 2000033009 2000033009

 

 

まさかのクルージングオンリーの予感

そんなこんなで5時半出船でクルージングがスタート。

カツオやマグロを狙う釣りは、鳥山とか群れが見つからないと、一日走り回って終了ということが多々あって不安モリモリ(船代は返してもらえないよ)。この日も全然船が止まらず、このまま終わるんじゃないかと不安になった7時過ぎ、一時間半走ってようやく第一投目を入れさせてもらえることに。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225221j:plain

鳥山がバーン、小魚がザワワ、カツオがビョーン、マグロがドーンという感じではなく、沈んでいる群れをソナーで探しながらという感じ。

これだと前方のルアー軍団は厳しいかも。といいつつ今年もエビングが好調っぽいので、マグロを釣ってくれるかも。船で誰か一匹でも釣れるといいなー、キハダマグロ。うまいだよねー。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225224j:plain

船長からの指示ダナは20~30メートル。これくらいなら手巻きで全然オッケー。でも今年は全然海釣りに行っていなくて、体の動かし方とか道具の配置がうまくいかない。コマセのざるって竿のどっち側に置くんだったかな。やっぱり月に1回くらいは船に乗らないと体がなまるなー。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225228j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180922225231j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180922225232j:plain

仕掛けを入れるもアタリは無く、即移動というせわしない時間がしばらく続き、ようやく群れが固まってきたのか、海上の船も集まってきた。

船がバラバラの場所にいるのは魚の群れが見つかっていない証拠なので、これはきっと吉兆ですよ。といいつつまたぼんやりした時間になるんだけど。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225237j:plain

こりゃ今日は坊主かなと不安になりだした9時前に、まずはミヨシ側からヒット。ブースカさん、小松さんの竿に次々とカツオが掛かったようだ。いいなー。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225240j:plain

カツオは群れで泳ぐ魚。船の誰かが釣れればそれはハッスル&フィーバー&エキセントリックタイムの合図だ。

横で釣れた、後ろで釣れた、次は誰だ、俺でしょ、いつ釣るの、今でしょ、でも当たらない、「はい上げてー」と船長、あーーーーーーーーーーー!

っていうのが30分続いたところで、ようやく私の竿にもビビビッとカツオがヒット!

多少振り回されてもオマツリしない余裕のスペースだけど、走らせないに越したことない。竿尻をグッと左手の脇に挟み込み、この製麺機のハンドルで鍛え上げた右手でハンドルをグイグイと回す……けど上がってこない!

あれこれはドラグがちょっと緩いかな。よしちょっと締めてっと。うわ、ぐーーーーーーーんと引っ張るカツオの力がすごすぎる。なんだこれ、カツオってこんな力が強かったっけ。こりゃキハダの子供のキメジかな。いややっぱりカツオだな。

わー、全然あがらねーってバタバタやっていたら船長が横に来て、竿をキーパーに置いて一気に巻けとの指示。

ですよねー。気持ち的にはスタンディングファイトで対峙したいけど、明らかに力負けしてますよねー。ということで竿をキーパーにオン。なるほど、固定されるとぜんぜん巻きやすさが違いますな。横へと走られたときに竿の動きでいなせないけれど、それよりもさっさと巻く方が先決か。

グイグイグイ、コマセカゴをキャッチ。するとそこを起点にコンパスのようにハリスの分だけクルクルと回るカツオ。これ隣がすぐ近くだったら絶対にオマツリだな。本当は暴れさせずにサササとタモ入れしないといけないんだけど、ハリスを素手で引っ張る段階でもまだ力負けするのよね。そんなこんなでモタモタしつつも、どうにかこうにか船長の構えたネットにイン。

やったー!とりあえずカツオをゲット!

f:id:tamaokiyutaka:20180922225243j:plain

うおー、カツオでかいな。去年のはブイについたやつを狙ったので大きめのソウダガツオみたいなやつだったけど、これは立派だ。丸々してる。相模湾のカツオってこんなに立派だったかな。

うれしー。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225245j:plain

外したハリは懐がのびて、あと一暴れされていたらアウトという感じ。このサイズのカツオだとチヌバリだと危ないね。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225248j:plain

そこからまたしばらく沈黙がつづいたんだけど、10時20分に再度ヒット。こりゃさっきよりも大きいんじゃないですか。今度こそキメジの予感大。今度は最初から置き竿で対応しましょうね。これをウインチっていうらしいですよ。

いやー、やっぱり力強い。でも二匹目なので余裕がちょっとある。いくら巻いても滑るだけのドラグ設定をちょっと締めて勝負にでようとしたら、船が揺れてギュッときっちり締めちゃった。

まあでも16号のハリスなら大丈夫かなと思ったけれど、そのまま魚に引っ張られてフワーンと嫌な手ごたえ。あーさようならー。

上がってきた仕掛けをチェックすれば、8号のチヌバリは伸びまくり。やっぱりダメかー。ハリって魚の力で伸びるもんなんだねー。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225251j:plain

 

マグロ用のハリでカツオを狙う

ええと、どうしようかな。

もうカツオはやめて、マグロ一本にしちゃおうかな。でもマグロが釣れている気配はないのよね。でもこのハリだとまた伸ばされてばれる気がするな。よしわかった、カツオ用のハリスにマグロ用のハリという組み合わせでいってみようか。

よっこらせーのせ。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225300j:plain

この作戦がよかったのか、11時過ぎにまたヒット。今度も立派なカツオが相手で、またコンパスみたいにグイングインと回られたけれど、カンヌキに刺さった極太のハリはびくともせず、見事2匹目をゲット。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225313j:plain

このハリじゃなかったら絶対にバレていたな。

どうも小さい針を使いたがっちゃうけど、でっかいカツオに食い気のあるときは、軸の太いハリがよさそうね。こうやって見てみると、口の大きさとも合っている気がする。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225316j:plain

カツオを美味しく食べるには血抜きが必須ということで、ネットに入った状態で、脳天にアイスピックをグサッと刺してクイクイっと締めて、ハリを外してエラを切ってバケツで血抜き。

生きたままバケツに入れるとブブブブブブブと延々バイブしちゃって身が焼けちゃうので試してみましたがどうですかね。そして血抜きをしたらすぐクーラーの氷水へドボン。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225318j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180922225321j:plain

カンパーイ。

カロリーゼロ、糖質ゼロ、アタリゼロ、にならなくてよかった。

マグロはまだゼロだけど。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225330j:plain

そして3匹目~!いえーい!

これもまた暴れられたけど(下手なんですよ)、ハリがガッチリとカンヌキに刺さっていたので抜けずに上がってきてくれた。やっぱりハリは丈夫なネムリタイプだな。これは18号だけど、カツオ狙いなら16号がベストかもね。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225337j:plain

がまかつ(Gamakatsu) シングルフック A1 オキアミマグロ 16号 5本 銀 68453
 
がまかつ(Gamakatsu) シングルフック A1 オキアミマグロ 18号 5本 銀 68453
 

 

 今年はマグロ、釣れるかな?

そんなこんなでお土産は十分。まだしばらく時間はあるんだけど、あらこまったコマセがだいぶ減ってきた。

レーサーに必要なのはタイヤの能力を最後まで残して使い切るマネジメント力だという話ですが(ヤンマガで連載しているイニシャルDみたいな漫画情報)、カツオ&マグロのコマセ釣りもまた同じ。アジ釣りなんかと違って配給されたコマセにおかわりはないので、残しつつ使い切らないとダメなのよね。タイヤコントロールならぬコマセコントロールが大事なんだけど、これが苦手なのよねー。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225335j:plain

コマセの残りが少ないならば、そろそろ仕掛けを太いのに変えて、じっくりとマグロ狙いにしましょうか。

22号のハリスの直径よりも微妙に内径が広いチューブをかぶせ、カンヌキを通すことで固定した仕掛けでレッツゴー。

この仕掛けなら掛かりさえすれば上がってくれるはず。カツオ相手に力負けしておいて、マグロに勝てると思っている思考回路が謎ですが。でもウインチでじっくりやれば、ほらね。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225342j:plain

なんかマグロ狙いだとエサのオキアミが小さいかな。

釣具屋で大きいやつを選んで買ってくればよかったかな。でもまあこれは次回の仮題かな。って毎年反省している気がするな。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225350j:plain

そんな訳でタナはカツオ狙いより10メートル深めにセット。

これで本当にマグロが釣れたら、予定通り過ぎてびっくりですよね。

でも今日の俺は、その予定通りに事を運んでしまいそうなんだよ。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225346j:plain

ぼんやりと眺めていた竿先がギューーーーーンと海面に刺さる!

そんなイメトレをして、立ったり座ったりする訳ですよ。

ほらきたー!って叫んでハンドルを掴む練習とかね。

エサにこういうのが混ざっていると使ってみたり。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225258j:plain

キハダマグロが掛かったら、しばらくは知らせておもむろに手袋をして、一気に勝負してやるんだ。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225352j:plain

なんて妄想して終了かと思ったら、本当にズーンってきたんですよ!

竿先がギューン、リールはジーー。

わーーわーーーわああああああ、やばい、これはカツオじゃない、この重量感たっぷりの引きだったらマグロでしょ。何年振りだか忘れたけれど、この感じはただ者じゃないのよね。

すぐに船長も隣に来て、竿を置いたウインチで巻き上げ開始。こりゃ大物だ。……でもなんかおかしいな。あ、止まった。

船長:「他の船の仕掛けとオマツリしてるね」

どうも私のハリに魚が掛かったのではなく、隣の船で掛かったカツオが暴れ回ってしまったようだ。なるほど、重かったのはいろんな人の仕掛けを巻き込んでいるからか。まあそういうこともあるよねー。

ちっくしょう、すっごい興奮したのになー。でも興奮したくて海に来ているからいいんだー。でもやっぱりマグロだったらもっと興奮したよねー。もう一回竿が絞りこまれないかなー。ドラマ、起きないかなー。

船長:「はい、終了でーす」

起きないんかーい。

ということで、でっかいカツオ三本で終了となりました。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225356j:plain

下船後の船宿サービスが、冷たいおしぼりとフランクフルトでグッと来た。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225358j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180922225403j:plain

この日は結局エサ釣り組がカツオ3匹くらい(全部でかい)、ルアー組が残念ながらさっぱりという結果に。釣果を全体で融通してから解散となりました。

おつかれさまでしたーー!またー!

f:id:tamaokiyutaka:20180922225412j:plain

 

美味しくいただきました!

で、帰宅後、さっそく捌く。

お持ち帰りは2匹だけど、それでも食べごたえは相当あり、柵にしてから何人かに配ったよ。鰹節を作るという荒業に挑戦してもよかったけれど、そうするには良すぎるカツオだったので。

ちなみにオスとメスで、白子と真子が入っていました。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225416j:plain

 

丸々太っているので脂ノリノリかと思いきや、まだ時期が早かったのか、あっさりした赤身のみ。でもモッチリして身が詰まった赤身なので、これはこれでうまいのよ。

脂がすべてじゃないんだよよと教えてくれる、最高品質の赤身。うまいよー。

f:id:tamaokiyutaka:20180923012330j:plain

やっぱりタタキがうまいかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225425j:plain

真子と白子も焼いてみました。ものすごく濃厚。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225429j:plain

カツオの心臓は取り出すのを忘れて、同行者が食べている写真を見てものすごく後悔したりして。ちくしょー。

アラはスープにしてラーメンを食べるのが新定番。

鰹節の材料だけあって、すごい濃い出汁が出るんですよね。

f:id:tamaokiyutaka:20180922225423j:plain

ということで、今年もカツオ釣りを堪能させていただきました。

久しぶりにやって勘もちょっと戻っていい感じなので、今シーズンにもしかしたらもう一回いくかなー。どうしようかなー。迷うなー。タイミングしだいかなー。

そろそろアマダイも始まるし、タチウオとかマダイもやりたいしなー。

うーん。とりあえず、釣りは楽しいですねということで。また!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

小説新潮10月号にコラムを寄稿しました

急に寒くなりましたね。

9月22日発売の『小説新潮』10月号に、コラムを寄稿させていただきました。

f:id:tamaokiyutaka:20180921190246j:plain

バラエティコラムという枠で、お題は『思い出の手料理』です。

いろんな文章が載っていて(当たり前ですが)、読みごたえがある本です。

f:id:tamaokiyutaka:20180921190252j:plain

 

小説新潮 2018年 10 月号 [雑誌]

小説新潮 2018年 10 月号 [雑誌]

 

よろしくお願いいたします!

『momoco bear 展』と『造形作家もち川幸範 作品展』にいってきた。

ゆる部のもち川さんから作品展の連絡が来た!

わー、もちくんがセンターだ!

f:id:tamaokiyutaka:20180917184549j:plain

なんでも有田焼商社の賞美堂さんが企画した、有田焼の磁器製フィギュアブランド『momoco』の記念すべき最初のシリーズである『momoco bear』の原型をもち川さんが作ったそうです。すごい。

そして有田焼の作家さん達の手によって様々なデザインとなった『momoco bear』、そしてもち川さんが今までの作品が同時展示!

f:id:tamaokiyutaka:20180917184553j:plain

場所が帝国ホテルってどういうこったいと思ったんですが、ホテルの地下にショップが並んでいるエリアがあって、そこに賞美堂さんが出店されているんですね。

帝国ホテルなんてこんな機会でもなきゃまず来ることがない場所ですよ。まさか帝国ホテルでもち川さんの作品と逢うなんて。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184558j:plain

ということで、展示初日に早速きました。

下写真の左下がもち川さんオリジナル作品で、その右のクマが今回の企画用に作った原型。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184601j:plain

もち川さーん!

f:id:tamaokiyutaka:20180917184603j:plain

下にある説明文の『「曖昧さ」を持ったボディを産み出してくれました』に感動。さすがゆる部だ。ゆる部がなにかは省略。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184624j:plain

この原型がどうなったか。

有田焼の作家さん達の手でこうなった。

どれもすごい。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184626j:plain

すごい、手書きだ!

f:id:tamaokiyutaka:20180917184646j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180917184629j:plain

うおー。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184644j:plain

陶器らしい質感も良い。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184634j:plain

こういう質感もまた良い。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184637j:plain

チョコレートにメイプル!

バレンタインにもらったら本物のお菓子だと思っちゃいそう。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184642j:plain

彫刻が掘られた作品も。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184655j:plain

手描きや彫刻の作品はそれなりの価格帯ですが、シンプルなものは5000円からと意外と手頃。

 

そしてもち川幸範さんの作品。

ゆる部のみんなが「もちくん」と呼んでいるキャラクターなんですが、本人によるとシリーズとしての名前は特にないとか。ないのか。でももちくんと呼び続けます。もち川さんだし。

『たまごたけ』と『黒いもち』。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184717j:plain

キュート。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184719j:plain

手描きのイチゴがかわいい。ある方への作品なので非売品。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184722j:plain

ねてるもちくんのかわいらしさよ。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184726j:plain

セットで欲しいヘッド。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184738j:plain

マッチョポーズにこだわっていた時期の作品だろうか。そんな時期あったかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184745j:plain

豚。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184756j:plain

ということで、もち川さんが元気でよかったです。

9/24まで。ぜひ。在廊は土日休日中心だとか。本人に確認しよう。

mochikawa.com

もち川さん、コッシーのアニメーションで立体物を作ったりしているよ。

f:id:tamaokiyutaka:20180917184709j:plain

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

「蕎麦+寿司+イタリアン」で修行した店主がいる千駄木のバー、teuchiso bar shijyukara(しじゅうから)

こんばんは。千駄木の良い店を紹介してもらいました。

それでは張り切ってどうぞ。

r.gnavi.co.jp

インスタ映えする名物料理があるとか、食べ放題で激安とか、そういうわかりやすくキャチーという訳ではなく、近かったら通いたくなるようなしみじみと良い店。

どうやって記事にすればいいのか迷いつつ、こんな記事になりました。

f:id:tamaokiyutaka:20180913204745j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180913204752j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180913204754j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180913204759j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180913204801j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180913204803j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180913204805j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180913204807j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180913204809j:plain

いい店ですよ!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本