私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログです。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

タラノメに似た山菜『ハリギリ』の木は、小さかったり大きかったりする

友人「山菜採りに行かない?」

玉置「いいですね。なにを?」

友人「ハリギリ」

玉置「え、なんて?」

友人「ハリギリ!」

玉置「すみません、もうちょっと大きな声で」

友人「だからハリギリ」

玉置「ちょっと聞こえにくくて。声をハリギミでお願いします」

友人「ハリギミじゃなくて、ハリギリ!」

 

ということで、北関東で南東北な場所に住む友人の案内で、『ハリギリ』という聞いたことのない山菜を探しに行ってきた。

なんでもタラノメ(タラノキ)の仲間で、同じように天麩羅にするとうまいらしい。ただ本などによると、ちょっとアクが強いとも。どんな山菜なのだろうね。

 

「タラノメは家の庭で採れるから、狙うのはハリギリだけ!でもちょっと遅いかな。先週くらいがよかったかも!」

 

f:id:tamaokiyutaka:20180405035943j:plain

探す場所は杉林など。

目指すポイントに辿りつく前に、気になる草がいっぱい生えている。

 

これ、食べられるやつじゃなかったかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040003j:plain

ゼンマイの仲間はよくわからない。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040014j:plain

かっこいい。でもよくわからない。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040037j:plain

食べられるような気がするが、今日はパス。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040050j:plain

お、これモミジガサとかいうやつじゃないっけ?

天麩羅にしたらうまい?

f:id:tamaokiyutaka:20180405040059j:plain

全然違った、ウラシマソウだそうです。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040108j:plain

これざざむしさんの記事で読んだ、絶対食べちゃダメなやつだった。

zazamushi.netでもわかりにくいよねー。これとかうまそう。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040211j:plain

がんばればウドと間違えられそうよねー。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040217j:plain

これはウルイなのかなー。わかんねー。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040234j:plain

これはウルイ。案内者の庭に生えていたやつ。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040244j:plain

コケがでかかった。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040256j:plain

ウサギが走り回っていました。うんこ。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040304j:plain

フキとか無限にある。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040316j:plain

蕗の薹の時期にきてみたいかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040326j:plain

「はい、このあたりからハリギリがあるよ!」

カンゾウらしき草をスルーして、さらに林の奥へと進む。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040337j:plain

あった。これだそうです。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040431j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405040353j:plain

なるほど、杉林にピョコンと出ている感じがタラノキっぽい。芽はタラノメとちょっとちがうかな。葉っぱがモミジ型だ。

本当は葉が開く前に収穫するそうだけど、今日はもう開いちゃっているので、先端の柔らかそうなところをポキっと折っていただく。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040404j:plain

トゲはタラノキよりも強力。

バラみたいですね。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040409j:plain

少し歩くたびに見つかるハリギリ。

ハリの生えているキリ(桐)だから、ハリギリなのかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040642j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405040509j:plain

たくさん生えているハリギリに対して、タラノキは1/30くらいの確率で生えているレアキャラ。そしてちょっと育ちすぎかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040446j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405040527j:plain

ハリギリに比べると、タラノキのトゲがかわいくみえるぜ。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040531j:plain

これもタラノキ。うれしい。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041423j:plain

この場所では誰もタラノメもハリギリを採らないらしく、全部新芽が残っていた。

「ないものねだりなんだよ。山菜をわざわざ採って食べない。国道沿いに『俺のステーキ』ができたら超大行列だもん」

f:id:tamaokiyutaka:20180405040536j:plain

 

けっこう育ちきっている葉っぱが多いけど、どこまで食えるんだろ。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040550j:plain

新芽部分だけポキン。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040635j:plain

これくらいなら食べ頃?

 

f:id:tamaokiyutaka:20180405040609j:plain

ほそいやつは、芽もちっこいのでスルー。

大きくなれよー。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040611j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405040653j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405040732j:plain

それにしてもたくさんあるな。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040759j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405040814j:plain

山椒。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040825j:plain

葉っぱがかわいいなー。

モミジとバラを足したような樹で、知らないと葉が食べられるという気がしない。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040840j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041143j:plain

まだ開いていない脇芽もあった。なるほどー。

f:id:tamaokiyutaka:20180405040900j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405040932j:plain

ハリギリはタラノキよりも大きくなるっぽいんだけど、身長以下の小さいのしかないね。

どうもこの杉林は定期的に下草狩りがされていて、そのたびに育ったハリギリが切られちゃうから、小さいのしかないのかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041058j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041114j:plain

「これこれ、これくらいが食べ頃のやつですよ!」

f:id:tamaokiyutaka:20180405041208j:plain

なるほどー。葉が開かないと小さいな。

なんだか食べちゃうのがもったいない感じ。でもこれがうまいんだろうな。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041153j:plain

ちなみに、ハリギリでもタラノキでもない、似たようなやつもあるのよね。

なにかはちょっとわからないけれど、トゲの有無でチェック可能。

トゲで身を守るはずが、人間にとっては食べられることの証明になってしまうという罠。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041220j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041452j:plain

ぜんぜんちがう。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041542j:plain

さあ、はりぎって続けます。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041234j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041243j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041250j:plain

足元をよく見ると、すごいちっこいハリギリがたくさんあった。

全然知らなかったから、その存在に気付かなかったタイプの山菜だな。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041259j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041317j:plain

これ、ポキンと折るのが気持ち良い。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041307j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041351j:plain

案内していくれている友人が熱く語る。

「ハリギリ、かっこいいんすよ!」

確かにかっこいい。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041358j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041437j:plain

 

シイタケもあった。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041519j:plain

分厚い!

f:id:tamaokiyutaka:20180405041530j:plain

グルグル回ります。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041606j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041617j:plain

 

 

 

で、帰り道に、なんか変な生え方をしているハリギリを発見。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041831j:plain

大きな倒木の脇に生えているのかなと思ったら、この倒木自体がハリギリの木だった。

え、こんなに大きくなる木なの!

f:id:tamaokiyutaka:20180405041626j:plain

すごい、ハリギリの採り放題モード発動だ。

これ完全に折れちゃっているから、残しておいても枯れるだけのやつだな。

それにしても多い。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041710j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041942j:plain

育つと幹のトゲはなくなり、枝にだけトゲがでるんだね。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041716j:plain

「すごいね、これは気が付かなかった。これとか食べ頃だよ!」

f:id:tamaokiyutaka:20180405041725j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041739j:plain

「この開く前がうまいよ!」

f:id:tamaokiyutaka:20180405041749j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041807j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041820j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041841j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041859j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041922j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041929j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041954j:plain

木の先端の方は、葉のつぼみ?がでかい!

親指より大きいけど、これっておいしいのかな。

f:id:tamaokiyutaka:20180405041825j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041757j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405041909j:plain

 

これをみたあとは、小さいのは全部スルー。

ぼうず、助かったな。

f:id:tamaokiyutaka:20180405042024j:plain

別の場所に、生きたハリギリの大木もあった。

なるほどー、ふつうの木だ。

f:id:tamaokiyutaka:20180405042044j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405042049j:plain

新芽はハリギリだね。

f:id:tamaokiyutaka:20180405042055j:plain

手が届くところにも生えていた。

f:id:tamaokiyutaka:20180405042103j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405042113j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405042133j:plain

知らないとカエデだなー。

f:id:tamaokiyutaka:20180405042143j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20180405042158j:plain

これは葉っぱが届かないハリギリの木。

f:id:tamaokiyutaka:20180405042209j:plain

 

とりあえず収穫篇ということで以上です。

味の話はまた今度。

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

 

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本