私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

福引が2等、3等と当たった話

製麺会というイベントのために、某市場へ食材等の買い物に行ったら、月に一度の福引抽選会をやっていた。

市場内の加盟店で1000円だか2000円だか以上を買うと、抽選権をもらえてガラガラができるやつだ。

ここの福引は前に何度かやったことがあるけれど、まるっきり当たったことがない。

最高で4等の「5円玉」である。ご縁があるというやつか。

f:id:tamaokiyutaka:20190302000251j:plain

で、肉屋で肉塊やら大量の骨やらを購入し、そのレシートを受付に渡すと2回ガラガラやる権利をいただいた。

もともとくじ運は持ち合わせていないので、あまり期待してはいないのだが、それでも今までのくじ運を使えたらいいなーと思いつつ、こんなところでくじ運を使ってもなーという思いもあり。

ほぼ無の境地でガラガラを回すと、なんと3等!

おおおお。

そして受け取ったのは、実用性抜群のゴミ袋!

しかも市場の景品らしく業務用の70リットルサイズ(家庭用は45リットルとか)で厚みは0.04ミリ(家庭用は0.02ミリとか)!

f:id:tamaokiyutaka:20190302000301j:plain

俺もなかなかやるなと思いながら、もう一回ガラガラを回すと、なんとおばちゃんがカランカランと鐘を鳴らした!

なんと2等賞!俺なんかでいいの!

商品は……1000円分の商品券!!

f:id:tamaokiyutaka:20190302002707j:plain

すごい、人生で一番うれしい商品券かも。

よーし、これを使って豪遊してやるぜと商品券を出す。

ほほう、500円分が2枚ね。2店で分けて使えて便利だね。

あれ、なんか書いてあるな。

f:id:tamaokiyutaka:20190302000318j:plain

「裏面の店舗のみ使用出来ます」

わー、危ない。これに気が付かづに魚屋で適当に生魚とか買おうとしていたよ。

なるほど、そういう罠があるのね。

で、何屋さんで使えるんだい?

f:id:tamaokiyutaka:20190302000326j:plain

大浦商店に須賀商店とな。

この商店街、なぞの古道具屋とか漬物屋とか乾物屋とか陶器屋とかがあって、そこだと500円分ってどうしたらいいんやらという店も多いのよ。

とりあえず大浦商店とやらを探すと……よかった、八百屋さんだった。

f:id:tamaokiyutaka:20190302000334j:plain

500円をちょっと超えるくらいの万能ねぎを購入。

万能ねぎが万能かどうかは不問とする。

f:id:tamaokiyutaka:20190302000343j:plain

さあもう一軒の須賀商店はなんだろなと、商店街をさ迷い歩く。

こういう時は地図を見るのではなく、歩いて探すのが楽しいよね。

そしてしばらく歩き回って、あった!

f:id:tamaokiyutaka:20190302000438j:plain

何屋だ、店内がなんかスカスカだけど。

あ、須賀商店がスカスカ……。

f:id:tamaokiyutaka:20190302000417j:plain

よくよく看板を見てみれば、鶏卵類卸!

なんだ鶏卵類って。吉田類とか栗原類みたいだな。

ようするに卵屋さんなのかなと、とりあえず外にあった270円の特大サイズの満月卵とやらを2パック購入。

f:id:tamaokiyutaka:20190302000425j:plain

店内のおじさんに500円分の金券を出して、足りない分の40円を払おうとしたら、「いやいや、いいから!」となぜか負けてもらった!

こういう機会でもないと、スーパーで特売日に98円の卵を買っちゃうんだけど、ちょっと高い卵はやっぱり立派でおいしかった。

チケットをちゃんと使い切れたし、とても幸せな気分になる買い物になった。

どうせなら宝くじ的なものが当たってほしいんだけど、これくらいがちょうどいいのかなとも思うわけだ。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

二月には肉の日がない。

「毎月29日は肉の日で、〇〇(店名)の焼き肉が2480円で食べ放題なんだよ!」

大学3年の頃、たしか一月だったかな。ちょっと強引なところのある某先輩にこういわれて、焼き肉屋へと連れていってもらった。貧乏学生だったので、焼き肉屋に入るという習慣がまるでなかった。なるほど、焼き肉屋って学生が入ってもいいのか。

おごりかと思ったら普通に割り勘で、一緒にいった同級生と、目と目で何かを語り合った。

 

そして今、カレンダーを見れば2月28日。2月なら28日までなら肉の日はないなーってツイートしたら、「2月9日があります!」というようなレスが複数きた。

世の中はうまくできている。

 

その焼き肉店は、2月の食べ放題の日をどうしていたんだろうか。やっぱり2月9日だったのだろうか。

どうでもいいですね。

 

これは最近食べたカツカレー。

f:id:tamaokiyutaka:20190228133524j:plain

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

「捕まえて食べたりする人」が増えているのかと聞かれたので

ある媒体の記者の方から(面識なし)、「最近、生き物を捕まえて食べたり、草を摘んで食べたりする人が増えていると思うのですが、インタビューをさせてください」みたいなメールがきた。

もちろんこれは著書の「捕まえて、食べる」を読んでいただいての話だ。ありがたや。

捕まえて、食べる

捕まえて、食べる

 

 

増えているかと聞かれると、うーん。

心当たりはものすごくあるんですよ。

多摩川の草を365日食べてる人とか、その辺から採ってきたものを食べる会をしている人とか。

でも、相対的に増えているのかといわれると、うーん。

 

だってほら、野生動物は全部の食べ物を自分で採ってくるし、人間も大昔まで遡ればそうだっただろうし、そこから農耕を始めても基本は自給自足で、だんだんと物々交換が始まり、貨幣が生まれてお金で買うようになって社会が分業制となり、産業革命などを経て食べ物を自分でどうにかする率が下がって来た訳だけど、それでもちょっと前(っていうのがどれくらい前かっていう話なのだが)までは、農家じゃなくても裏庭なんかに土地があって畑をやっている家庭が多かったり、山菜とかキノコとかハチノコとかイナゴとか生活の中に季節ごとの食べ物を採ってくるというイベントが組み込まれていたりが普通だったと思うんですよ。

なので、増えているのかといわれると、うーん。

例えば10年前に比べて、採って食べる現役だった年配の方がお亡くなりなったりする分、割合は減っているんじゃないかなー。

 

グラフにすると、こういうイメージ。

自給率の数値とか年代のメモリは適当です。

f:id:tamaokiyutaka:20190222235324g:plain

 

ちょっと前までは、食べ物を自然の中から自給することが多くの人にとって当たり前だったので、とくに目立たなかったけど、今は当たり前じゃなくなったから、その行為がSNSとかで目立つんじゃないかなと。そこだけをみて、「採って食べる人が増えていますよね」といわれると、うーん。

ザザムシ採る人も、やっぱり減っていると思うんですよ。採れるような環境も減っているし。ハチノコを採る人とか。

blog.hyouhon.com

 

例えば「着物を着ている人が増えました」っていうニュースがあったとして、「いや明治以前はみんな着物だし」。

例えば「プランターで野菜を育てている人が増えました」には、「いや昔は野菜くらいみんな育てていたよ」。

例えば「製麺機で麺を作る人が増えました」には、「いや昭和中期頃は群馬など小麦の産地で以下略……」。

ってそういう話が聞きたいんじゃないんでしょうけどね。

 

10年前に比べて増えているのは、「都市部に育ったにもかかわらず、捕まえて食べることに興味があり、それをSNSで多少なりとも発信している40歳以下の人」なのかなーと。

生活ではなく趣味としての狩猟生活ごっこ。私もおなかを満たすために食べ物を採っている訳ではなく、レジャーというか、お楽しみというか、完全に趣味としての食材採集です。ほしいのはカロリーではなく自己満足。僕はものすごく楽しいですが、どうなんですかね。

目立つ形で広まることによって、なにかマナー違反的な問題が起きて、今までOK(というかNGではない)とされていたことが明確な禁止事項になったり、採取者が一極集中したりするのではなく、みんなの共有財産として自然環境を保護していこうという考えにつながるといいですね。干潟の埋め立てとか用水路の三面コンクリート化とか安易なメガソーラー建設とかにちょっとまて!となる人が増えればいいなーと。自然に対して価値を見出してくれる人が多くなれば。

 

っていう話をすればいいのかなーって思っていたら、インタビュー自体がなくなったのでした。

 

おしまい

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

たくさん獲るのをやめたら、儲かって休みも増えた。佐渡のエビ漁に見えた希望

こんにちは。エビは好きですか。

 

f:id:tamaokiyutaka:20190221133546j:plain

IQ制度(個別割り当て)を導入した佐渡島の南蛮エビ(甘エビ)漁のその後です。エビがでかくて超うまい。

gyoppy.yahoo.co.jp

 

読み返したら、さりげなく「水産資源は上手に利用さえすれば、自然の力で自動的に回復する(海産物だけにもちろん波はありますが)」って書いてあってびっくりしている。海だけに波!

 

f:id:tamaokiyutaka:20190221133601j:plain

小規模で他からの干渉がない漁場だからこその成功ですが、「利権が複雑だからできない」とか「漁師の反対があるからできない」というのは、やっぱり「やらないための言い訳」だよなーと思う訳です。

大変なんでしょうけど!

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

しみったれた先輩におごられるツアー:東急沿線特集

メンバーを変えて4年振りくらいのしみったれツアー第二段です。
月曜の昼間からすみません。 
 
デイリーの記事は基本的にノンフィクション(というとオーバーですが)の体験レポートですが、これは虚構の世界を現実の中で楽しむというタイプの記事です。たぶん。
 
「ごっこ遊び」をしているだけとも言います。

f:id:tamaokiyutaka:20190218114906j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190218114909j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190218114912j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190218114916j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190218114919j:plain

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

松屋の家系カレーじゃなかった

秋葉原の昭和通りを歩いていたら、松屋に「家系カレー」の看板が。

f:id:tamaokiyutaka:20190216233703j:image

松屋といえば牛めし屋じゃなくてカレー屋だという人もいるくらいだから、作ってもおかしくはない。ラーメン屋ではないけどね。

f:id:tamaokiyutaka:20190216233657j:image

って思ったんだけど、よく見たら隣の家系ラーメン屋の看板だった。ちょっと、色合いが似すぎ。

f:id:tamaokiyutaka:20190216233711j:image

壱角家かー。

f:id:tamaokiyutaka:20190216233707j:image

昨年はカレーラーメンの研究をしていたけど、ラーメンカレーもいいかもね。ごはん美味いもんな。

残念ながら、お腹が空いていなかったため食べなかった。

天麩羅おじさん、それは天オジ

昨年の春に富山でお世話になった天麩羅おじさんが上京してくるとの連絡があった。なんでも会議で日帰り出張だとか。

新しく出刃包丁を買いたいというので、河童橋に付き合うことに。

f:id:tamaokiyutaka:20190216231526j:image

平日の午前中ながら、他にも天おじに会うため二人きていて、私が行った時にはもう買い終わっていた。

「お土産があるんよ」

f:id:tamaokiyutaka:20190216231522j:image

天おじは釣ったイカで作った一夜干しをくれた。イカおじ。

f:id:tamaokiyutaka:20190216231505j:image

 

徒歩で浅草駅へ移動。

仲見世通りを歩く天おじが、なんだか親戚のおじさんっぽくておもしろい。

よくよく考えると、天おじに会うのはまだ2回目である。

一回あっただけで距離感が一気になくなる人と、何回あっても一定までしか縮まらない人がいるねーみたいなことを立ち話。

f:id:tamaokiyutaka:20190216231513j:image

「電車に乗るのは東京出張くらいでカードないんよー」

「オレンジカード貸しましょうか?」

f:id:tamaokiyutaka:20190216231510j:image

f:id:tamaokiyutaka:20190216231439j:image

浅草駅から地下鉄で人形町へ全員で移動して、西北拉麺を食べる。一回り大きくなった製麺機(というか生地捏ねマシーン)が力強かった。そして麺は今日もよく伸びた。

f:id:tamaokiyutaka:20190216231452j:image
f:id:tamaokiyutaka:20190216231530j:image
f:id:tamaokiyutaka:20190216231447j:image
f:id:tamaokiyutaka:20190216231455j:image

東京駅での会議だというので、全員で近くまで徒歩でついていき、一時間ほど作戦会議をしてきた。

「ええと、君たちは暇なの?」

ホタルイカとマイクロジギングとアオリイカとスルメイカと他諸々の予定をフワッと話す。富山が片道2時間くらいならいいんだけどね。

会議の会場前で解散。不審者に注意して下さい。

f:id:tamaokiyutaka:20190216231500j:image

 

いただいたイカはとても美味しかった。

f:id:tamaokiyutaka:20190216231443j:image
f:id:tamaokiyutaka:20190216231518j:image

はてなに携帯からブログを更新するアプリがあると気がついたので、使ってみた次第である。

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本