私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

水を買うべきか問題とウイスキーのホット麦茶割

 

 

 

飲み物からカフェインと糖分をなるべく取らないようにすると、おのずと選択肢が狭められる。

今日は飲み物が数種類しかない売店で、ノンカフェイン、ノンシュガーのドリンクが、「水」だけだった。

水かー。

いや、食べ物で十分カロリーや栄養は採れているはずだから、飲み物は水でいいんだろうけど。

でも水かー。

飲み物は水でいいという考えで始めた行動なのだが、実際に買うとなると、水にお金を出すのものなーとなってしまう。心の強さを試されるよね。しかもこの店はペットボトルはジュースも水も同じ値段だった。水筒を持ち歩けっていう話だが。

 

ところで水を初めて買って飲んだのは、中学一年生か二年生だったかな。友達といった浅草の花屋敷で、テレビの影響をそのまま受けて、これを買うのが今かっこいいんだよと手にした小さいボトルのエビアン(120円)だった。

「なにこれ、水なのに固い!え、水?」

硬水の洗礼である。今なら普通に飲めるけれど、軟水育ちの中学生に、エビアンの味はまったく理解できなかった。その後、まさか専用のホルダー(エビアンホルダーって知ってます?)が流行るとは。

 

で、本題に戻るのだが、水を買うのもなーと躊躇して、水っぽい飲み物を買った。

グリーンダカラである。ほら、量もちょっと多いしさ。


f:id:tamaokiyutaka:20190521021651j:plain

久しぶりに飲んでみると、ノペっとした独特の飲み心地で、それなりに甘く感じた。なるほど、水ではない。

100mlあたり19kcalと、コーラの半分弱ほど。

一本飲めば100kcalくらいかな。

気にする人は気にするし、気にしない人は気にしないかなという数値である。

みんな飲みたいものを飲めばいいよねー。

f:id:tamaokiyutaka:20190521021654j:plain

 

そして帰りに、小腹が空いたし野菜不足なので、果物と野菜のジュースなど。

f:id:tamaokiyutaka:20190521021657j:plain

100mlあたり37kcal。カロリーは炭酸飲料よりは控えめ。栄養はどんなもんですかね。カロリー的には、量が少ないのがポイントなのかもね。

水分としては麦茶、食事の相棒としては野菜ジュースが無難かなー。

 

本日の寝酒は、ウイスキーのホット麦茶割。

ポイントは濃さがよくわからないところ。

ちなみに薄いです。

f:id:tamaokiyutaka:20190521023318j:plain

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

カフェインレス生活ということで、こんなものを飲みました。

 

 

 

先日以来、飲み物からカフェインと糖分を摂取するのを当分やめてみようという活動を個人的に始めた。思想的なものではなく、単なる体調管理の一環だ。あと興味本位。

blog.hyouhon.com

 

で、このブログを書いたその日の夜、飲んだのがこれである。

f:id:tamaokiyutaka:20190519134711j:plain

なんとなく、寝つきが悪くてついつい。

ほら、カフェインは入っていないしね。

天然水みたいなものだし。

f:id:tamaokiyutaka:20190519134714j:plain

ただ270mlはちょっと多かった。

カフェインのついでに、アルコールも家ではやめようかなー。

 

さてカフェインといえばコーラだ。

家の冷蔵庫にあったので、今更ながらその栄養成分を確認してみる。

f:id:tamaokiyutaka:20190519134725j:plain

100mlあたり45kcalだから、500mlだと225kcal。

おにぎり1個が200kcalくらいらしいので、だいたいそんなものっぽい。

そしてたんぱく質0、脂質0、塩分0のオールゼロ。

よってカロリーもゼロ(にはならない)。

ちなみにカフェインはレギュラーコーヒー(浸出液)の約1/6、紅茶(浸出液)の約1/3、煎茶(抽出液)の約1/2らしい。そんなもんか。

j.cocacola.co.jp

 

愛するドクターペッパーもスペックはだいたい同じ。

カロリーがすべてじゃないんだろうけれど、やっぱりカロリーがそれなりに多いんですねと、当たり前のことに気が付く。

f:id:tamaokiyutaka:20190519134730j:plain

 

ならば健康的っぽいりんごジュースに変えてみましょう。

どうしても甘い飲み物で脳に直接栄養素をしみこませたいという欲求が働いて、コンビニまで行ってきた。

f:id:tamaokiyutaka:20190519134735j:plain

200mlあたり、カロリー90kcal。

たんぱく質ほぼ0、脂質0、塩分ほぼ0のオールゼロ。

わお、100mlあたりで計算するとコーラとほぼ同じスペック!

りんごジュースは、ほぼコーラ!

ちなみに濃縮シロップかというくらい甘くてびっくりした。

氷を入れるか炭酸で割ってちょうどよい甘さだ。

 

もちろんカフェインが入っていないとか、ビタミンが採れるとか、いろいろ違うんでしょうけど。おもしろいなー。
f:id:tamaokiyutaka:20190519135728j:plain

とりあえず、今日の朝食はパンとブラックの麦茶にしてみました。意外と合う。

f:id:tamaokiyutaka:20190519140041j:plain

自分ルールを増やしていって、摂取していい食べ物を減らしていくことの、面白さと面倒くささがちょっとわかった。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

飲み物からカフェインと糖分を摂取するのを糖分やめてみよう

 

 

 

コーヒーが好きだ。ちょっとした移動の途中などに、コンビニやパーキングのちょっと高い紙コップで出てくる自販機で買うコーヒーが一番うまいと思う。

コーラが好きだ。ちょっと疲れた時とか、甘すぎるよと思いつつ飲むシュワシュワした炭酸に勝る栄養はない。マックのセットだってコーラ一択だろう。

 

でもだ、体質的にカフェインが苦手なのである。

なんというか、体質的にどうしてもダメなのだ。

地味に調子が悪くなる。

 

コーヒーはおいしいんだけど、ちょっと刺激が強すぎる。2杯とか飲むと気持ち悪くなる。気持ちとしては3杯とか飲みたいのに。かっこいいじゃない、コーヒー。

 

コーラは仕事をやっつけないといけいないときとか、1.5リットルのボトルで買ってきて、元気の前借りをして無理やり終わらせることがあるのだが、翌日は全く動けない。コーラは安いユンケルだ。

 

そんなことは20年以上前から気が付いていたのだが、でもまあ美味しいしなあとダラダラ摂取してきたのだが、体力的にも落ちっぱなしなので、この辺りでカフェインとさよならをしてみようではないかと思った。

 

そもそも水以外を飲む動物というのは、赤ちゃんが飲むミルクを除けば、人間以外にいないのではないだろうか。そう、液体から摂取するのは水分だけでいいのだ。いっそのこと糖分もやめてしまえ。アルコールは保留だ。

 

っていうのをさっき決めた。

カフェインと糖分を当分やめてみようと。

 

となると、飲めるのは麦茶とか水か。無糖の炭酸水とか。

ウーロン茶はセーフだったっけ。ダメか。

まあどうにかなるだろう。

 

とりあえず、飲みかけのドクターペッパーだけは飲み切ってしまおう。

これは医者で胡椒だからきっとセーフ。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

モラトリアムが終わらない

 

 

 

※フィクション

学生時代の友人で、今も連絡を取り合う唯一の存在と会ってきた。

彼はちょっと遠いところに住んでいるため、会うのは2年ぶりくらいだろうか。上京した時に、タイミングが合えばなるべく会おうという感じの距離感。

なぜかテラスの池に、人が乗るには小さいけどかなり大きな船が浮かんでいるカフェみたいなところで待ち合わせて、「どうよ、最近」とお決まりの切り出し方で近況報告。

共通の友人が本を出したね。あの先輩が亡くなっちゃったね。会ったらと印象が違うとまたいわれた。誰かに話したかったけれど、その相手がいなかった共通の話題を消化していく。

 

オフィシャルな(というほどのものでもないが)近況自体はツイッターを眺めていればお互いわかるので、その内側にある出来事をポツポツと池を観ながら話す。

相変わらず何物にもなっていない。努力をするのはやぶさかではないのだが、なにを頑張ったらいいのかが未だにわからない。遠回りをしている時間もないので、何が向いているのかを誰かに教えてほしいよね。そんな話をローテンションのノンアルコールでする。これをやれと言われることが無理で、フリーの立場にいるのだが。

 

高校一年生の授業で習った、モラトリアム(猶予期間)という単語を思い出した。そう、僕らは学校を卒業して20年経って、なんとまだモラトリアムの時を過ごしているのだ。

終わらない自由、解決しない悩み、途切れることのない迷い、決まることのない方向。今、どこにいるんだろう。

人生はあと何年あるのか知らないけれど、とりあえず後20年くらいは働かないといけないのだろうか。でも5年後の自分が想像できない。いや1年後だって怪しいもんだ。はははと力なく笑う。

 

本当はやるべきことも、やらないといけないことも、やったほうがいいこともわかっているけど(それが正解なのかはわからないが)、そのやる気が起きないんだから困ったものだ。

なにかいいことがあったら報告してよといって、駅で別れた。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

ビリヤニって何ですか?」と詳しい3人に聞いてみた の補足

 

 

 

ビリヤニについて調べた記事を書いたら、ものすごく長くなりました。

dailyportalz.jp

本当は自分でも調理してみたかったんですが、さすがに書ききれないのでまたの機会に!

なんだか記事が長くなる呪いが掛かっています。

f:id:tamaokiyutaka:20190513222827j:plain

本文に書ききれなかったんですが、ウィキのビリヤニに書かれた「パキスタン料理の一種」という情報についてアジアハンターの小林さんに伺ったところ(パキスタンはインドの北西)、「もしかしたら発祥とされる場所が現在のパキスタンだったのかもしれないが(詳細不明)、パキスタンという国はビリヤニよりも後からできているので、パキスタン料理というのは語弊がある」とのことでした。

f:id:tamaokiyutaka:20190513222838j:plain

ウィキによると、「1947年8月14日 イギリス領インド帝国から独立し、イギリス国王を元首に頂くドミニオン(英連邦王国パキスタン)となる。」だそうです。

確かにパキスタン料理って言い切ると、パキスタンという国の歴史よりもビリヤニのほうが古いのは、ちょっとおかしいですね。パキスタンができる前はインド帝国料理で、もっと前はムガール帝国料理だったのだから。

 

こちらもあわせてどうぞ。

blog.hyouhon.com

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

「でも、こぼれた」を文学フリマで購入してきた

 

 

 

何度か出展したことのある文学フリマ(文学中心の同人誌即売会)に、今回は一般客として参加してきた。

ゴールデンウィーク最終日の羽田空港へと向かうモノレールに乗り、午前11時の開場時間よりちょっと前に会場へと到着すると、細い廊下に折り返しが必要なほど長い行列ができていた。

列が動き出して入り口でカタログを受け取ると、高石智一さんさんが編集人、こだまさんが発行人の合同誌「でも、こぼれた」の、これまた長い行列へと並んだ。この本を買いに来たのだ。

高石さんとは前にザリガニ釣りをしたことがある。子供の頃じゃなくて、割と最近の話だ。

f:id:tamaokiyutaka:20190507010506j:plain

 

列に並んでいると、行列を整理する方が声を上げた。

「この線に沿うイメージでお並びください。1000円を用意してお待ちください。おつりがでます」

これから買おうとしている本の値段を調べないで行列に並んでいるのだが、1000円でおつりが出るということは900円なのだろうか。あるいは800円か。いや980円かな。

 

行列はスムーズに進んでいき、自分の番がきた。

売り子の方は、キツネのお面をかぶっていた。

きっとこの人がこだまさんなんだろうけれど、実はこだまさんと思わせておいて全然違う人だったら面白いなと思ったけど、やっぱりこだまさんなんだろう。

そしてもう一人、シュっとした青年がいた。合同誌の参加者なのだろう。全然関係ない人だったら面白いのに。

うちの「趣味の製麺」サークルは、たまに製麺と関係ない友人が売り子をしていて、私が出歩いているときとかに製麺機について聞かれて、もごもごしているらしい。

 

こだまさんらしき方に1000円札を渡しつつ、一言だけ挨拶をさせていただく。

こだまさんらしき方の声は、狐のお面越しだからか、なんだかマイクを経由しているように籠って聞こえた。こだまさんは諸々の用心のためにちょっと離れたところからこの場を見ていて、お面についたスピーカー経由でしゃべっているのかなと思った。あるいはロボット。

そして本、チョコレート、そして何か念がこもっていそうな、まるで賽銭箱に10年間眠っていたような、古びた五円玉を手渡された。

f:id:tamaokiyutaka:20190507093453j:image

なんか、内面からすごくこぼれている表紙だった。

そして謎の五円。良いおまけだなと思った。

 

会場を一周して本を何冊か購入。帰り際に高石さんとご挨拶ができた。

「……五円玉ありませんか? ご縁がありますようにって急に決めたので、おつりがちゃんと用意できてなくて」

ここでようやく、「でも、こぼれた」の値段が995円で、おつりが5円だったのだということに気が付いた。チョコと一緒にもらったので、サービス的なものかと思っていた。そうか、おつりだったのか。

財布を確認すると、さっきもらったのを含めて3枚の五円玉があったので全部渡す。きっと私のご縁も回るのだろう。高石さんにお金は大丈夫ですと断ったが50円玉をいただいた。35円儲けた。

「5円でご縁とか、かっこいいことをしようとすると、だいたい失敗するんだよ」

腕組みをして笑っていた坊主頭の男性は、爪切男さんだった。

 

はい、フィクションでした。

 

で、さっき本を読み終えたんですが、すごく良かったです。この感想はフィクションじゃないです。最近、活字をあまり読んでいなかったんだけど、紙に印刷された文字はやっぱりいいです。

でこ彦さんという、失礼ながら私が存じ上げていない方の書かれた「係長とインドのなぞなぞ」という、何を期待して読んだらよいのかわからない作品でこの本は始まるのだが、緑色のミサンガ、いちごみるく味の魚肉ソーセージ、無印良品のノートといった、その瞬間の情景をはっきりとイメージさせる単語が挿絵のように組み込まれていて、己のセンシティブな内容を書き上げたことに対する照れ隠しのように、ふわっとしたタイトルがつけられているんだなと勝手にガッテン。私小説なのか空想なのかは全然わからないが、これで完全フィクションだったら最高。

すげーなーと思いながら、餅井アンナさんの「猫の金玉」、こだまさんの「ミヤケの身の上話」、僕のマリさんの「健忘ネオユニバース」、レンタルなんもしない人さんの「なんもしなかったレポート(ロング)」、そして高石智一さんの「ふぞろいのパーティ」と一気に読み終えた。いやー、すげーなー。こぼれてるなー。

 

「でも、こぼれた」は午後早めにすべて売り切れたようだ。もちろん参加作家への信頼があってこそなのだろうが、写真も挿絵もない純粋な文章だけの同人誌がちゃんと売れている。

文学フリマってこういうイベントなのかと、今更ながらに納得をした。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

ケララの風モーニングで、ケララ州のビリヤニ・マラバールの作り方を見学する

 

 

 

ビリヤニ・マラバールの作り方を見学する会

大森にある「ケララの風モーニング(旧:ケララの風II)」で、店主の沼尻さん主催によるケララ州のビリヤニ・マラバールの作り方を見学する会に参加してきた。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002237j:plain

インドには各地方に「ご当地ビリヤニ」とでもいうべき郷土色の強い料理があるそうだが、今回習うのは沼尻さんが参加した、ケララ州マラバール地方の結婚式で出されたというビリヤニだ。

ビリヤニは基本的に家庭料理ではなく、めでたい席やお祭りなどでよく食べる料理なのである。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002245j:plain

レシピは沼尻さんが現地で習ったものを、自分が作りやすいようにとアレンジしたもの。以前に店で出していたビリヤニとも違うし、細かいことを言えば作るたび微妙に材料や手順が違ってくる。

細かいところは「ノープレブレム」で進めてOKだそうだ。それがインド料理。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002353j:plain

あえてバスマティライスではなくチニグラ米で炊く

ビリヤニに使う米の種類だが、もちろん日本の米とは違う。

ビリヤニといえば細長いバスマティライスが有名だが、マラバールではカイマライスという日本米よりも小さな米で作るそうだ。ただ日本では手に入りづらいので、インド北東部のベンガル地方で採れるチニグラ米を使うそうだ。

左からチニグラ米、日本米、タイ米。なるほど、小さいね。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002428j:plain

ビリヤニ・マラバールの材料

どれがなにかは料理の説明から推測してください。

本日作る量は、一般的な日本人なら10人前、ビリヤニが大好きなインド人なら5人前とのこと。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002458j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503002513j:plain

グレイビーを作る

まずはグレイビー(米を煮込むソース)を作るところから。

プレーンヨーグルトにレモンをぎゅっと絞り、ショウガとニンニクを加える。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002525j:plain

協力なブレンダーのバイタミックスでギューン。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002530j:plain

これを深めの鍋に入れて、火にかける。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002534j:plain

そこにトマト、タマネギ、フライドオニオン、生のコリアンダー(パクチー)。

スパイスとしてカルダモン、クローブ、シナモン、コリアンダー(粉末)、ガラムマサラ。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002541j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503002545j:plain

そして塩を少々。

塩を入れるときは背中を反ると。ソルトだけに!

f:id:tamaokiyutaka:20190503002602j:plain

沼尻さんの会は、こういうオヤジギャクを学ぶ場でもあるのだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002612j:plain

メインの具となる鶏肉を大量に。部位はモモや手羽など。

業務用の水道から出る熱いお湯(70度くらい)で洗って、臭みを抜いてから鍋に加える。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002632j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503002637j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503002644j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503002651j:plain

 

 

米を半茹でにする

お米は熱めのお湯で洗ってから(研がない)、そのまま30分ほど浸水させる。こうして米を温めておくことで、茹でた時に米のでんぷんから粘りを極力出さないようにする。

たっぷりのお湯を使うので、一般家庭の台所だと、真似がしづらいけどノープロブレム。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002658j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503002717j:plain

浸水させている間にグレイビーを煮込んで鶏肉に火を通す。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002722j:plain

この時に蒸気をなるべくもらさないように、穴の開いている蓋だったら、箸などで栓をするといいそうだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002810j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503002815j:plain

浸水させた米をたっぷりの熱湯にザバーン。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002741j:plain

吹きこぼれない程度の強火で米を泳がせて、だいたい4分間茹でる。

この時点ではあくまで半煮えにしておくのがポイント。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002748j:plain

ざるで半茹でのお米を湯切り。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002824j:plain

パラッパラ、そして半生。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002830j:plain

ちなみに炊飯器でビリヤニを炊く場合でも、5~6割ほど茹でてから、早炊きモードで炊くといいそうだ。早炊き機能がなくてもノープレブレム。

手に入りやすいタイ米で作る場合は、米粒が大きいので、茹で時間を長くすること。

こうして半煮えにした米に、塩とギー(バターオイル)で軽く味をつける。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002849j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503002856j:plain

圧力鍋に層を作る

ここからグレイビーと米が合流するのだが、その前にキャベツの外側の葉をレンチン。

これは沼尻さんオリジナルの技で、これを鍋底に敷くことで、グレイビーの焦げ付きを防止するのだ。炊飯器で炊く場合でも使えるテクニック。

なんだか中華料理の点心で、蒸し器の下に白菜を敷くのに似ている技だ。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002904j:plain

「キャベツだけどヴィーナスの誕生」だそうです。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002909j:plain

ビリヤニを炊く鍋は圧力鍋を使用。

敷いたキャベツの上に、グレイビーを全部入れる。

ここからビリヤニらしく層にするのだが、この作り方ではグレイビーと米で層にするのではないのだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002924j:plain

グレイビーの上に米を敷く。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002929j:plain

その上にフライドオニオンをバサー。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002937j:plain

また米。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002945j:plain

ここでスパイスを追加。

カルダモン、クローブ、シナモン、ガラムマサラ。

f:id:tamaokiyutaka:20190503002952j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503003000j:plain

さらに米を敷いて、ここでカシューナッツ、アーモンド、レーズン。

f:id:tamaokiyutaka:20190503003013j:plain

さらに米を敷いて、生のコリアンダーを入れる。

ミントも入れたいそうだが、本日は品切れのため無し。でもノープレブレムだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190503003020j:plain

そしてまた米を敷き、その上からサフランとライムイエローの色粉で着色した水を掛けたら、ようやく層作りの終了である。

f:id:tamaokiyutaka:20190503003036j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503003048j:plain

ビリヤニを炊く

これに蓋をして火にかけて、圧力の栓が上がってから2分ほど加熱。

そして4分ほどそのまま蒸らす。

f:id:tamaokiyutaka:20190503003056j:plain

はい、炊けました!

f:id:tamaokiyutaka:20190503003111j:plain

しゃもじでざっくりと混ぜる。

あまり混ぜすぎないのがコツ。

f:id:tamaokiyutaka:20190503003125j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503003134j:plain

というわけで完成です。

ビリヤニ・マラバール、うまい!

トッピングはコリアンダー、フライドオニオン、色粉で着色した茹で卵。

付け合わせは、ライタ(生野菜入りのヨーグルト)、アチャール(漬物的なもの)。

f:id:tamaokiyutaka:20190503003145j:plain

さすが、パラッパラの炊きあがり。

米粒が小さいからか、パラパラではなくサラサラのほうが正しく伝わるかな。

ライタやアチャールで一口ごとに味を変えるのが楽しい。

f:id:tamaokiyutaka:20190503003158j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190503003205j:plain

ビリヤニは飲み物なんじゃないかというくらい、喉にスルスルと入っていく。

うまーい。

ちなみにこのビリヤニ、沼尻さんの店では出していないので悪しからず。

 

ということで、ありがとうございました!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本