私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

ノンカフェイン&ノンシュガーのドリンク生活は難しく、「黄桃」ドリンクに挑戦したりする日々

 

 

 

なんとなく、飲み物からカフェインと糖分を避ける生活を始めた。

いきさつはこちら。いきさつというほどのものでもないが。

 

家で飲むのはヤカンで煮出した麦茶が多い。

安くていいよね、麦茶パック。

スーパーの最安値からちょっと贅沢な国産のやつに変えたら、ぐっと美味しくなった気がする。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125439j:plain

麦茶を容器に入れた後、少しヤカンに麦茶とそのパックを残したままにして、にがーいやつを作って飲むと、ちょっとコーヒー気分が味わえるので、朝はこれをたまに飲んでいる。ブラック麦茶。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125445j:plain

 

なんてことを頑張っていたのだが、だんだんとその制約は緩くなり、絶対的な強制力を持つものではなく、なるべくならノンカフェイン&ノンシュガーを選ぶっていうレベルに落ちていった。ハンターハンターでいえば、まったく念能力しないレベルの制約。

もらいたばこはOKの禁煙、薦めたら飲む禁酒みたいな感じ。

宗教でも信条でも健康の理由でもなく、なんとなくの行動だもの。自分を律すると書いて自律、そんなものは何歳になってもできやしない。

 

だいたい世の中には選択肢が少なすぎる。

以下の自販機からカフェインも砂糖も入っていない飲み物を5秒以内に選びなさいという問題があって、何人が正解を導き出せるというのだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125426j:plain

ちなみに水が売り切れのため、正解は中央の麦茶だけ。

この時は麦茶に気づかず(カフェオレにしか見えなかった)、リアルゴールドを飲ませていただいた。

まあ仕方ないよね。

 

ただ喉が渇いたなとコンビニに入ったのであれば、一応は炭酸水を選ぶだろう。

最近はいろんな味がありますね。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125410j:plain

でもそうじゃなくて、例えば暑い日に運転をしていて、ちょっと休憩に寄ったコンビニで飲むものといえば、やっぱりアイスコーヒーにミルクとガムシロップを多めに入れたものがいい。

冷たい、甘い、苦い、目が覚める。完璧、これで100円だ。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125417j:plain

麦茶をロックアイスで飲むという選択肢もあるけれど、氷代と麦茶代で200円オーバー。ほらね。なにがほらだ。

 

ちょっと人前に出て張り切らないといけない前とか、そういうときの飲み物はカフェインが入って甘くてシュワシュワしていてほしい。先日も気が付くと無意識でコーラを手にしていた。隣の人は出演前から99.99を飲んでいるけど。

f:id:tamaokiyutaka:20190618134337j:plain

まあ、そんな日々である。



 

 

 

 

 

で、ここからが本題だ。

こういう生活をしていると、ノンカフェイン&ノンシュガーを探して、変な飲み物に目がいくようになる。

「イカのサイダーなんてあるのか!」と思ったり。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125452j:plain

よく見たらスイカだった。

 

とあるスーパーで、普段ならスルーする紙コップ入りのドリンクもついついチェック。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125516j:plain

右上をみてびっくり。

え、黄桃!!!!!!!!!

黄桃のドリンクって、なに!!!!!!!!!!!!!!!

缶詰でしか見ない文字、それが黄桃なのに!!!!!!!!!!!!!!!!!

しかも果汁0.2%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

f:id:tamaokiyutaka:20190618125533j:plain

黄桃……。

「ボタンひとつで、すぐおいしい。」というコピー、なにも言ってなくないか。みんなそうだろ。

これはやばい。普段なら絶対に選ばないが、ちょっと冒険したい年ごろだ。どう考えても甘そうだが、少なくともカフェインは入っていないだろう。

缶詰のシロップを想像しつつ、思い切ってボタンを押してみる。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125539j:plain

できた黄桃ドリンクをとろうとして、私は大きな間違いをしたことに気が付いた。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125546j:plain

やべえ、味云々の前に、これホットじゃん。

あたたかい薄黄色の液体で紙コップってダメだろ。

なぜとは書きづらいけどさ。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125557j:plain

あたたか~い。

ちくしょう、黄桃ドリンクはホットだったのか!と左手に不要な温もりを感じながら自販機のインターフェイスを睨みつける。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125605j:plain

よく見たらココアとミルクティーに挟まれて、アイスの黄桃もあった!

俺が悪かったよ!!!!

f:id:tamaokiyutaka:20190618125601j:plain

どうしよう、ホット黄桃か。

応答願えますか、黄桃ドリンク。

ふと横を見れば保冷用氷がたくさんあったが、飲食には適しませんと掛かれていた。残念。ひとすくい入れたいよ。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125614j:plain

しっかり冷えるまで待つ訳にもいかないので、ホット黄桃とやらを飲んでみると、缶詰の汁というよりは、缶に入った粉末のレモンティー(子供の頃によく飲んだやつ)のレモンじゃなくて桃味版を、濃く作ったような味だった。しっかり甘い。

嫌いじゃないぜ……冷たければ。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125621j:plain

スーパーの中は涼しかったが、外に出たら夏日だった。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125624j:plain

全然減らず、気づいたら家についていた。

氷を入れたら美味しかった。

次はちゃんとアイスを買おう。

f:id:tamaokiyutaka:20190618125628j:plain

 

ええと、何の話だったっけ。

そうだ、カフェインとシュガーだ。

 

特に体調がよくなったとか体重が減ったとかはないんだけど、普段の摂取を減らすことでたまに飲むと、その効き方が強くなった気がする。

砂糖やカフェインが入った飲み物は、コンビニスウィーツとか、エナジードリンクとか、もっといえばアルコールとか、そういうのの延長線上にあるなと、いったん離れてみてわかった次第だ。

必要だなと思った時だけ、その力を借りようと思う。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

お中元に最適!特大サイズの竹筒に水羊羹を入れて差し入れた

 

 

 

こんにちは。夏ですね。まだかな。

「みんなのごはん」が終了(詳しくはこちら)で悲しいのですが、そんな想いを込めて記事を書きました。

r.gnavi.co.jp

太い竹をとってきて、天草を煮て、水羊羹を詰めました。

大きいことはいいことだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190612232741j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190612232750j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190612232746j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190612232759j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190612232802j:plain


「みんなのごはん」で書き始めたころは、自己紹介を冒頭に入れてくれといわれていたんですが、毎回入れ忘れていたら(自己紹介は昔から苦手)だんだんといわれなくなり、それに甘えて全然入れなくなりました。すみません。

そして毎回記事が長いですよね。店や料理の紹介だけなら短くていいんですけど、その場に行かないとわからない空気感とか、その味になっている理由を書きたくて。テヘペロ。ただの情報ではない何か。

さらに今回は「特大サイズの竹筒水羊羹」という出オチ案件なのに、思い出話から始まるエッセイ風(なのか?)というよくわからないレシピ記事でも、広い心で受け止めてもらえました。

編集部の皆様、お疲れさまでした。

と、ここで終わりっぽいんですが、もう一本納品したので、近日濃いやつが公開されると思います。

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

日々の食卓に刺激をくれるパンチの効いた調味料

 

 

 

こんにちは。

楽天の「それどこ」で、「推し調味料」についてちょっと書きました。

f:id:tamaokiyutaka:20190612231712j:plain

srdk.rakuten.jp

他に誰が書くのか知らなかったのですが、このメンバーだったら「ラード」とか「グルエース」がよかったかな。

 

f:id:tamaokiyutaka:20190612231819j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190612231822j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190612231826j:plain


よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

西川口の滕記鉄鍋炖(とうきてつなべとん)で東北農家鍋、豚の骨髄は西川口のタピオカミルクティーかもね

 

 

 

西川口で本格中華をいただく会

こんにちは。某マダラさん先輩に呼ばれて、西川口にやってきました。

西川口、なにやら甘い響きがしますが、最近は本格中華料理店が増えたそうですよ。本格というか郷土料理かな。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155424j:plain

ということで、アイスリボンの蕨道場でプロレスを観て以来の西川口ですが、本日のお店は「滕記鉄鍋炖(とうきてつなべとん)」という中華のお店。

あの有名な「滕記熟食坊」の2号店だそうです。行ったことないですが。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155431j:plain

これが滕記鉄鍋炖だ!

ドン・キホーテで買い物をしていたら、レジが混んでいて遅刻しました。すみません。

「心を込めて営業中」の店内へ。地下なんですね。知らないと絶対に入らない系の店だ。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155439j:plain

まさかのコーラ押し。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155453j:plain

なんだか「千と千尋の神隠し」の世界に入り込んだ感あり。なんだこの壁の文字は。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155504j:plain

ドラゴンコーラってなんだろう。

そしてドラゴンジンジャーエールとは。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155510j:plain

そんな地下迷宮の奥にようやく入り口が。

新大久保にあるネパールとかの店も入りづらいですが、西川口の中華もなかなかの外国です。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155520j:plain

店内はびっくりするほど広く、働いている方もお客さんも、ほぼほぼ中国系の方っぽかったです。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155531j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190604155535j:plain

鉄鍋料理の店らしいよ

本日のメンバーは13人。この店は量が多いので、人数が多い方がいいんだそうです。

私がきたときはほぼ揃っていて、注文も終わったところでした。

とりあえずドリンク。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155558j:plain

普通の居酒屋価格です。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155606j:plain

紹興酒や白酒も揃ってますね。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155654j:plain

でもホッピーなんですが。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155615j:plain

この使い方がわからないお皿のセットが、異国情緒。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155631j:plain

ザルかと思ったら、ザル模様の皿だった。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155637j:plain

この店のリピーターである幹事さんが中心になって、いい感じに注文していただいたようですが、せっかくなのでメニューを眺めます。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155708j:plain

なるほど、なるほど。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155732j:plain

あ、読めないですよね。

こちらからどうぞ。

中国の東北地方に伝わる鉄鍋料理を出すお店だそうです。家で食べると書かれているので、家庭料理なのかな。なかなか味わいのある文章だ。

中国の東北ってどのへんですかね。ロシアとかモンゴルのあたりかな。

f:id:tamaokiyutaka:20190604171725j:plain

で、この鉄鍋料理がいっぱい種類あるんですよ。両国のちゃんこ屋以上に。

トウモロコシがゴロゴロ入った「東北農家鍋」っていうのがスタンダードっぽいです。

「豚のいろいろな部位の鍋」っていうのも気になりますね。写真だとまるで生チョコの「豚血のソーセージ」って。

今回はこの二つを頼んだそうです。さすが。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155744j:plain

他にも、干し野菜や活鯉(生きたコイ?)や牛や羊など、いろいろあるみたいです。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155757j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190604155802j:plain

具の追加オーダーもできるみたい。

もちろん鍋以外の料理も充実していて、こりゃ確かに大人数じゃないと戦えないなという店ですね。この店の一品料理、何を頼んでもサイゼリアのダブルサイズよりも多いぞ。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155808j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190604155816j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190604155828j:plain

で、最初に来たのがなんだこれ。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155855j:plain

寒天で固めたものかとおもったら、豚の皮の煮凝りでした。さすが。

料理というか、ラーメンスープの材料みたいな感じですごい。純粋にゼラチン質。これぞ豚の皮のゼリー。コラーゲン不足の方は是非。

トウモロコシの饅頭と食べる、どこか懐かしい東北農家鍋

そんなこんなで鉄鍋です。

焼き肉屋のテーブルみたいに、楽器のスティールパンみたいな鉄鍋が仕込まれています。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155739j:plain

鍋に火が入れられました。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155947j:plain

ピンボケしてますが、店員さんがまず調味料を投入。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155905j:plain

そして野菜がドーン。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155916j:plain

スープをジョボー。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155924j:plain

スペアリブなどと一緒に煮込まれます。なんかすごい。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155934j:plain

 

 

 

トウモロコシの饅頭をバーン!

煮込んでいる間に、豚のどこかの部位がきました。よくわからないけど、アイスバイン的な感じでうまい。

f:id:tamaokiyutaka:20190604155957j:plain

いろんな部位の盛り合わせ。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160004j:plain

パクチー入りのさっぱりしたやつ。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160010j:plain

はい、別府温泉のように景気よく湯気が立ってきました。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160024j:plain

店員さんがやってきて、地獄の釜の蓋が開く。

うおー。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160036j:plain

そして本日のクライマックス、トウモロコシの生地を、鍋にビターン!

たのしそう!やりたい!

f:id:tamaokiyutaka:20190604160048j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190604160055j:plain

すごいですね、鍋を煮込みつつ、パン的なものを焼くという合理性。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160109j:plain

蓋をして蒸し焼きにしていきます。

この鍋付きのテーブル、欲しいなー。

もちろん自分の家じゃなく、誰か友人の家に。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160121j:plain

そして餃子的なもの。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160130j:plain

干し豆腐なのかな。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160136j:plain

はい、鍋ができました!

f:id:tamaokiyutaka:20190604160142j:plain

メロンパンっぽさあるね。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160148j:plain

そしてチャーハンが登場!

ミックスベジタブルに加工肉の間違いない味!

f:id:tamaokiyutaka:20190604160158j:plain

トウモロコシの饅頭が良い焼き上がり。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160214j:plain

食べてみると、トウモロコシの味わいがほんのりと甘く、フワフワではなく、ざらつきのある感じが面白い。ほんのりとしか甘くないのが食事として良いね。日本で食べたことのないタイプの饅頭だ。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160235j:plain

これに鍋の汁を吸わせて、野菜と一緒に食べるとうまい。

なんというか、田舎に行って現地の人と仲良くならないと味わえないはずの、本気のおふくろの味。日本でいえば、山梨のすいとんとか、群馬のおっきりこみ。いや、日常というか冠婚葬祭用なのかな。

かぼちゃを煮たやつ、久しぶりに食べた気がする。

八角の香りがしなければ、日本の料理の田舎料理といわれても、はいそうですよねと思う味かも。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160241j:plain

歯にニチャっとつく、甘さ控えめのトウモロコシがうまい。

白い見た目が歯っぽいけど。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160248j:plain

これが煮詰まっていき、出来立てなのに二日目の味という貫禄。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160255j:plain

 

 

 

豚のいろいろな部位の鍋は豚骨スープだ

こちらはもう一つのテーブルに来た、豚のいろいろな部位の鍋。

ゴロゴロと入った豚骨やホルモンからしっかりと豚スープが出ていて、最初はライト豚骨スープだけど、食べ終わるころには特濃豚骨スープに成長。もちろんあく抜きとかしていないよ。お好きな人にはたまらない系。

たっぷりと入った、酸味のちょっとある発酵した白菜漬けが味の決め手か。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160301j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190604160309j:plain

これだけ濃厚なスープなら、麺を入れたらさぞや美味しいだろうと思ったら、すでに注文済みでした。

ほうとうみたいな極太手打ち麺。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160329j:plain

もしかしたらトウモロコシの粉で打ってあるのかも。デュラムセモリナっぽさがある。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160407j:plain

スープは足してくれました。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160354j:plain

うおー、濃厚な豚骨うどん!

f:id:tamaokiyutaka:20190604160427j:plain

こっちの東北農家鍋にも麺をいただきました。

f:id:tamaokiyutaka:20190604165247j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190604160445j:plain

うおー、すごく舌になじむ!

f:id:tamaokiyutaka:20190604160455j:plain

お腹いっぱいになりつつもメニューを観たら、カイコの蛹もありました。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160521j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190604160530j:plain

昆布が美味しそう。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160526j:plain

豚の骨髄は西川口のタピオカミルクティー

さてだいたい食べつくしたところで、リピーターである幹事の方が、「この鍋に入っている豚の拳骨、ストローで吸えるんだよ!すみません、ストローください!」と言い出しました。

f:id:tamaokiyutaka:20190604180029j:plain

いやいやいやいやいや、いやいや。

それは嘘でしょうと思ったら、店員さんが本当にストローを持ってきた。

それを南国のリゾートホテルでウェルカムドリンクで出てきたヤシの実かのように、骨髄に刺す。まじか。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160548j:plain

それ、飲むところあるのか。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160602j:plain

はじめ人間ギャートルズにこういうドリンクが出てきそうだ。

「ズズ……ズズー、ね!」

と骨の髄まで味わう幹事さん。

これたぶん中国の人、やってないんじゃないかな。店員さんが、ちょっと戸惑っていたような。最初にストローじゃなくて持ち帰り用のビニール袋を持ってきていたし。

f:id:tamaokiyutaka:20190604191213j:plain

私も吸わせてもらったが、なんかすごいね。

生暖かくてネトっとした豚の骨髄が、ストローを通じて喉にジュボジュボと飛び込んでくる感じ、みんなも想像してね。

これぞ西川口のタピオカミルクティー、いやどうだろう。街歩きしながら飲みたいね。カラスに襲われそうだけど。

うーん、鍋の火を消してからちょっと時間が経って冷めていたけど、もっと暖かくて、なにかのたれをかけてから吸うとうまいかも。とりあえず面白味はあるよ!

f:id:tamaokiyutaka:20190604191455j:plain

でも、あっしにはコーラがお似合いでござんす。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160630j:plain

ちなみに例のドラゴンコーラは、向こうのテーブルの人が注文したけど、店員さんはその存在を知らなかったようだ。ははは。よくあるよね。

情報量が多くて楽しかったです

ということで、ごちそうさまでした。

ものすごくたくさん食べて、一人あたり3500円だったので、かなり安いと思います。経験として面白いんじゃないかな。

これはトイレに飾られていた絵。かっこいい。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160637j:plain

次はコイの鍋を挑戦したいような。でも後悔するかな。

ちょっと不安なので、今日みたいに大人数で2つ鍋を頼めるときだな。そんな日はくるのだろうか。

f:id:tamaokiyutaka:20190604160641j:plain

帰るころには看板のネオンが光っていた。

f:id:tamaokiyutaka:20190604165210j:plain

色が変わるよ。

f:id:tamaokiyutaka:20190604165213j:plain

ごちそうさまでした。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

桑の実を食べようとしたらクワキジラミが白いモヤモヤを出していた

 

 

 

やあやあやあ、桑の実がなるうれしい季節がやってきました。

f:id:tamaokiyutaka:20190526010053j:plain

ところで桑の木って、たまに白いモヤモヤが発生している場合がないですか。

こういうやつ。

f:id:tamaokiyutaka:20190526010103j:plain

この場所はこういう樹が多くて、それが風に舞って粉雪が降っているみたいでした。

一緒にいた人が、クシュンクシュンとくしゃみをしています。

これって桑の花なのか、桑の花粉的なものか、あるいはカビや病気的なものかと思っていたんですが、その正体は全然違いました。

f:id:tamaokiyutaka:20190526010107j:plain

葉っぱを裏返してびっくり。

小さな虫のお尻から、この白いモヤモヤが出ていたのです。

f:id:tamaokiyutaka:20190526010114j:plain

ひーーーーーーーーー!

f:id:tamaokiyutaka:20190526010118j:plain

羽の小さいセミというか、なんというか。

なんだこいつは。

f:id:tamaokiyutaka:20190526010128j:plain

お尻から体長の何倍もの白いモヤモヤを出しています。

なんなのよー。

f:id:tamaokiyutaka:20190526010135j:plain

さっそく携帯で調べてみると、クワキジラミという虫の幼虫で、シラミではなくカメムシの仲間だとか。

カメムシ目 腹吻亜目 キジラミ科 だそうです。

白いモヤモヤは幼虫の分泌物で、白色ロウ質物なんだって。うんこ?

人間には害がないとされているけれど、舞っているこいつでアレルギー反応みたいになっている人もいたので、どうなのかな。

f:id:tamaokiyutaka:20190526010148j:plain

それにしても長い分泌物だな。

f:id:tamaokiyutaka:20190526010204j:plain

モヤモヤを出していない羽のある虫は、成虫になりたてのクワキジラミ。

成虫になる手前で、体内の余計なものを捨てるために、こうしてボリューミーな分泌物を出すのかな。お尻からアブラムシみたいな汁を出している幼虫もいるね。

f:id:tamaokiyutaka:20190526010125j:plain

ところで桑といえばカイコの餌ですが、カイコといえば絹糸ですよね。

なんで桑の葉を食べる生き物の幼虫で、お尻から白いものを出しがちなんですかね。

なにか桑の葉にそういう成分的な要素があるのかな。

いやー、おもしろいなー。

 

以上、気持ち悪いけれど勉強になった体験の共有でした。

これで覚えたね、クワキジラミ。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

クサイチゴ(草苺)はちゃんと味があって美味しかった

 

 

 

謎のイチゴを発見した

先日、所用で某所の草むらをうろうろしていたら、足元になにやら赤い実がたくさんなっていた。

f:id:tamaokiyutaka:20190526003101j:plain

いつものヘビイチゴかなーと思いつつ観察してみると、なんだかちょっと違う。

記憶の中にあるヘビイチゴよりも、なんというか美味しそうなのだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190526003109j:plain

実のツブツブの感じがキイチゴっぽい。でもヘビイチゴのように草になる。

これはあれか、クサイチゴというやつか。

f:id:tamaokiyutaka:20190526003113j:plain

クサイチゴ、臭い稚児ではなく、草苺。まさに草の苺だ。

なんとなく存在は知っていたけれど、こうしてフィールドで出会うのは初めてかもしれない。あるいは今までヘビイチゴと混同してスルーしていたかな。

f:id:tamaokiyutaka:20190526003117j:plain

クサイチゴには味がある

ちょっと洗って食べてみると、ちゃんと甘くてほのかに酸味がある。うん、美味しい。子供の頃にちゃんと覚えておきたかった。

もちろん品種改良がされた市販のイチゴに比べれば薄味だけど、ヘビイチゴに比べれば100倍くらい味がある。もう少しはっきりとした酸味が欲しいかな。

完熟した実がが甘いけれど、ちょっと種が硬くてツブツブしている。なんていうのは贅沢ですね。

味もいいけれど、姿もいいよね。これなんか油絵のモチーフみたいだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190526003121j:plain

そして驚いたのが、葉っぱや茎に棘が無数にあること。美しいバラには棘があるというが、甘い苺にも棘があるのか。

クサイチゴの藪を短パンで歩けば、優しめのノバラくらいは刺してくるだろう。

葉っぱの裏側を指で撫でれば、猫になめられているみたいにザラザラだ。あるいは俺の無精ひげによるほおずり。イタタタタ。

見た目、触り心地、場所の雰囲気、そして味。こういう実体験の記憶さえあれば、確実にクサイチゴという植物を忘れることはないかな。図鑑だけだとイメージできない情報ってやっぱり多い。

ここは家から遠いので、このためにまた来るというのは難しいけれど、クサイチゴをちゃんと知れてよかった。きっと家の近くにもあるのだろう。

f:id:tamaokiyutaka:20190526003131j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190526003135j:plain

 

ちなみに別の場所にあったヘビイチゴを久しぶりに食べてみたが、毒こそないものの、やっぱり味が絶望的になく、食べれば食べる程むなしくなる感じだった。これに比べるとクサイチゴは偉大だ。

f:id:tamaokiyutaka:20190526003139j:plain

 

マルベリーことクワの実もたくさんなっていた。マルベリーといいつつ細長い。

ルビーのように赤いものよりも、真っ黒に熟した実こそうまい。

この色のことを「どどめ色」というらしいよ。

f:id:tamaokiyutaka:20190526003144j:plain

すっかり初夏ですね。というかもう夏だ。

暑いなー。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

復興が進む宮城県女川町へ、大好きな魚を食べに行く旅にいってきました。

 

 

 

こんにちは。

掲載媒体を微妙に変えつつも、宮城県女川町のことをなるべく毎年書いているのですが、今年はエクスペディア様のサイトで書かせていただきました。

 

震災から8年。復興が進む宮城県女川町へ、大好きな魚を食べに行く 」です。

https://welove.expedia.co.jp/destination/japan/44054/

 

魚を食べ続ける一人旅でございます。

この旅行は3月末にいったので、ホヤにはまだちょっと早かったのですが、今ならベストシーズンですね。なのでまた行きたい。

 

f:id:tamaokiyutaka:20190523122703j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190523122707j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190523122711j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190523122715j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190523122718j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190523122726j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190523122732j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190523122736j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190523122739j:plain

お土産のウニもうまかったです。

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本