私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

濃厚あらしぼり生ヤマモモサワーを作ってみる

 

 

 

ヤマモ(ヤマドリタケモドキ)のシーズンですが、ヤマモモの話です。

 

ヤマモモが実っていた

6月中旬、近所をフラフラとしていたら、ヤマモモが赤くなっていた。

そうか、もうそんな時期なのか。

f:id:tamaokiyutaka:20200715161551j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200715161604j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200715161618j:plain

まだちょっと早いかなと思いつつ、せっかくなのでちょっと収穫。

まだ赤さがいまいちか。

f:id:tamaokiyutaka:20200715161632j:plain

よく洗って試食。

うん、酸っぱい。あ、なんか歯に当たる。お、種がある。

そうだ、ヤマモモって大きさの割に大きな種があって、それがちょっと苦手だったんだ。って毎年思い出すな。

f:id:tamaokiyutaka:20200715161645j:plain

種の大きさの比率はモモだけど、味が全然モモじゃない。

なぜならモモの仲間じゃないから。ヤマモモ科ヤマモモ属。

 

ヤマモモの生サワーを試してみよう

ホワイトリカーに漬けて果実酒にでもしようかなーと思ったけど、ツイッターで某ざざむしさんが生サワーにするとうまいと教えてくれたので、それを試してみよう。

ええと、どうやって作るんだそれ。イチゴとかブドウなら潰せばいいけれど、ヤマモモは小さい癖に硬い種がある。そして果肉と種を分けづらいのよ。

うーん、種ごと焼酎とミキサーでガーってやっちゃえばいいか。

f:id:tamaokiyutaka:20200715161716j:plain

キンミヤ25度100ccとまだちょっと未熟なヤマモモ32グラム。

f:id:tamaokiyutaka:20200715161702j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200715161736j:plain

ガー、ガー。

f:id:tamaokiyutaka:20200715161752j:plain

種ごと砕いたから、ちょっと苦くなったかな。

f:id:tamaokiyutaka:20200715161816j:plain

氷の入ったグラスに中身を移すと……おおおお、種だけ残っている!

 

f:id:tamaokiyutaka:20200715161833j:plain

そうか、種と果肉の硬さが違うから、力の弱いミキサーだと果肉だけ砕けるのね。

お、おう。計算通りだよ。

f:id:tamaokiyutaka:20200715161852j:plain

炭酸と生ヤマモモあらしぼり焼酎を1:1くらいで割る。

f:id:tamaokiyutaka:20200715161909j:plain

軽く混ぜて完成。

あらしぼり生ヤマモモサワーを飲んでみると、市販の缶チューハイに慣れたバカ舌が驚いた!

f:id:tamaokiyutaka:20200715161928j:plain

すっごく甘くない!全然甘くない!だがそこがいい!こうなるのかー!

なんというか舌がリセットされる自然の味。

考えながら飲まないと味が見当たらない。

みんな、知っているか。自然な甘さって全然甘くないぞ!

これはいい。暑い日にがぶがぶ飲める。でもちょっと果肉が薄いかな。次はもっと濃くしてみよう。

クワの実サワーもついでに作る

そろそろ名残となるクワの実もあったので、30グラムとキンミヤ50ccで作ったクワの実サワーも実験。炭酸少なめの濃いめで。

f:id:tamaokiyutaka:20200715161942j:plain

こちらは種のツブツブがつぶれず、そのままサワーに入れたので、つぶつぶサワーになった。おもしろいなこれ。そして甘くない。この比率でも味が薄いな。砂糖と香料を足したいぞ。

 

濃厚あらしぼり生ヤマモモサワーを作る

そして6月下旬、そろそろヤマモモも完熟したかなと収穫へ。

写真の奥に謎の卵が写っているな。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162000j:plain

うん、そろそろ完熟してるね。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162012j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200715162025j:plain

今度は多めにとってきた。

洗って食べられる状態にする。面倒。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162038j:plain

今度はヤマモモたっぷり、焼酎ちょっとでミキサーでガーしよう。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162101j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200715162114j:plain

これくらいでいいか。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162128j:plain

ガー。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162149j:plain

種を濾す。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162210j:plain

おお、濃いね。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162223j:plain

炭酸と一対一で対話してもらおう。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162256j:plain

はい、できた。

濃厚あらしぼり完熟生ヤマモモサワー。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162314j:plain

飲んでみると、今度は爽やか!香りが良い!でも甘さが弱い!でもそれがいい!

やっぱりこれくらい濃くないとつまらないな。作るの面倒くさいけど。

 

でもこれ、もしかしたら砂糖を足したらもっとうまいんじゃね?

前にモモ狩りにいったとき、生の甘いモモを使ったジュースを現地で作ってもらったけれど、それにもガムシロップをちょっと入れていたしな。

ということで実験。我が家にガムシロップはないので、白砂糖を10グラムいれてガラガラガラ。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162332j:plain

飲んでみると、なんだこれまずい!

なになになに。なにがあったの、これ。

うぇ、どうした俺のヤマモモサワー。

全然甘くない、というか、逆にしょっぱい。

ソルティドッグの失敗した奴みたいな味。

もしかしたらと入れた白い粉を確認してみる。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162349j:plain

しお!!!!!

そりゃしょっぱいな。

何で自宅で間違えた俺。大丈夫か俺。

あれだあれ、ガムシロップがないから白い砂糖でいいやと思って、戸棚から無意識に近い状態で掴んだのがこれだった。それにしても本気か俺。

だって我が家の砂糖は茶色いんだよ。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162406j:plain

バニラエッセンスと痛み止め薬を間違えた赤毛のアンを笑えないぜ。

 

濃厚あらしぼり完熟生ヤマモモサワー加糖をやり直す

はい、やり直し。後日またヤマモモを採ってくる。

シーズン終わる前に挽回しないとね。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162632j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200715162656j:plain

果物っておいしく完熟すると落ちるのがずるいよね。

落ちてるのを拾ったらダメかな。ダメだろうな。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162502j:plain

落ちているのを拾ったわけじゃないけれど、それなりにゴミはある。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162515j:plain

何かが混ざっているな。

この緑の生物をミキサーにガーってやると、素敵なカクテルになるだろうか。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162529j:plain

そんなこんなでようやく成功した濃厚あらしぼり完熟生ヤマモモサワー加糖。

甘くておいしかったよ!

f:id:tamaokiyutaka:20200715162426j:plain

ラーメンは塩分、サワーは糖分。甘さって大事。そういえば果実酒も結構な氷砂糖入れるしね。

砂糖なしの自然な感じもちゃんと楽しめる舌でありたいなと思いつつ、砂糖を入れたのを飲むとやっぱりこっちかなーって思っちゃうな。大変勉強になりました。

 

ところで後日、別の場所で見かけたヤマモモの実がでかくて、品種によってこんなに違うのかと驚いたのでした。いいなこの木。

f:id:tamaokiyutaka:20200715162442j:plain

おしまい。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

タコの塩辛を作ったら強烈だった

 

 

 

もう7月ですね。

デイリーポータルZに書きました!

ザ・珍味という感じですごかったです。

dailyportalz.jp

f:id:tamaokiyutaka:20200706114037j:plain

よろしくお願い致します。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

朝日新聞の【好書好日】でインタビューされました

 

 

 

朝日新聞の【好書好日】で、本のインタビューをしていただきました。

インタビューする側じゃなくて、される側です。あら珍しい。 

 

book.asahi.com

 

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

タマムシ(玉虫)が格好良かった

 

 

 

ちょっと所用(うきうきキノコウォッチング)で野山をふらふらしていたところ、笹薮でカサカサと動く気配を感じた。

視線を送ると、タマムシだ!ヤマトタマムシ!

f:id:tamaokiyutaka:20200703011906j:plain

うわー、タマムシ。私はタマオキ。あるいはタマキ。

凄い久しぶりに生きたタマムシを見た気がする。小学生以来かな。うわー。

こんなに目が大きかったっけ。かっこいー。

f:id:tamaokiyutaka:20200703011915j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200703011924j:plain

めちゃめちゃ輝いてるなー。

玉虫色っていうやつなんだろうなー。

f:id:tamaokiyutaka:20200703011937j:plain

お腹側まで輝いているのか!

f:id:tamaokiyutaka:20200703011948j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200703011957j:plain

せっかくなので、ちょっと手にとまらせてみる。

カブトムシみたいなガッチリした感じではなく、フワッと指につかまってくる感じがいい。

f:id:tamaokiyutaka:20200703012008j:plain

いいわー。アップで見ると、意外とブツブツしてるのね。

f:id:tamaokiyutaka:20200703012018j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200703012029j:plain

指先で一瞬固まった。

これはあれだ、ここから飛ぶやつだ。

f:id:tamaokiyutaka:20200703012039j:plain

ほら、飛んだ!

羽根の中まで輝いている!(写真で確認)

f:id:tamaokiyutaka:20200703012103j:plain

さようならー!

f:id:tamaokiyutaka:20200703012117j:plain

とかやって浮かれていたら、気がついたら携帯を落としました。

ほら、携帯でも撮影したし。

タマムシで人生を狂わすタイプですね。

 

その後、がんばって見つけました。

f:id:tamaokiyutaka:20200703013256j:plain

 

ええと、以上です。

タマムシは食べてません。

カナブンも好きだよ。

f:id:tamaokiyutaka:20200703012130j:plain

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

高野秀行さんの「辺境メシ ヤバそうだから食べてみた」に憧れて、豚の脊髄を食べてみる

 

 

 

高野秀行さんの「辺境メシ ヤバそうだから食べてみた」に、世界遺産みたいな町の小さな食堂で、牛だったか水牛だったかの脊髄だか骨髄だかを食べる話があって(確認したら水牛の脊髄だった)、それがすごく衝撃的だった。背骨を通る太い脊髄、確かターメリックで黄色く染められていたと思う。

blog.hyouhon.com

辺境メシ ヤバそうだから食べてみた

辺境メシ ヤバそうだから食べてみた

  • 作者:秀行, 高野
  • 発売日: 2018/10/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

水牛の脊髄……。

いつか食べてみたいなと思いつつ、狂牛病の問題とかもあるかもしれないから一生食べる機会はこないだろうなと諦めていたのだが、豚骨スープを煮ようとしたときにそのことを思い出したのだ。

f:id:tamaokiyutaka:20200630221350j:plain△「辺境メシ ヤバそうだから食べてみた」のカラーグラビアより 

 

その日は二郎インスパイアのラーメンを作ろうと、肉屋で豚ガラを大量に買ってきていた。冷凍じゃない国産豚の背骨、大腿骨などのミックスだ。

f:id:tamaokiyutaka:20200630212506j:plain

とりあえず寸胴に水を入れて、血抜きをする。

f:id:tamaokiyutaka:20200630212534j:plain

そして余計な血を洗い流そうとしたら、なにやらゴムみたいなパーツが指に絡んで驚いた。

おおおおお、脊髄じゃないか。

f:id:tamaokiyutaka:20200630212550j:plain

もちろん牛や水牛じゃなくて豚の脊髄なので太くはないが、まぎれもなく脊髄である。なんだか大切な部位なんだろうなという感じがする。脊髄だもの。

高野さんはこれの牛版を食べたのか。

さてどうしよう。このままラーメンのスープにしてしまってもいいのだが、せっかくだから単体で試してみようかな。

引っ張るとペリペリと骨からはがれた。ひー。

f:id:tamaokiyutaka:20200630212602j:plain

さてどうやって食べようか。

薄い醤油のスープで軽く煮てみようかな。

鍋に入っちゃうと普通の食材っぽくなるね。

普通って何だろうね。

f:id:tamaokiyutaka:20200630212620j:plain

加熱したらキュリュキュルっと縮んだよ。

おおお。

f:id:tamaokiyutaka:20200630212637j:plain

食べてみると、なんだこら。これは知らない食べ物だ。

ぬおお、濃い。なんというか強い。これぞ下町のスタミナ食。

柔らかめのアキレス腱的な部位みたいなゼラチンだがクセはなく、すごくおいしいゴムという感じ。

f:id:tamaokiyutaka:20200630215304j:plain

でもゴムだけではなく、魚の白子とか卵っぽい部分もあり、いろんな食感が混ざり合っている。ギシュギシュのフワフワでネットリ。一口ごとに印象が違う。

これ、モツ煮にしたら相当旨いんじゃないだろうか。大量に集めるには豚ガラを何キロ買えばいいんだっていう話だが。

f:id:tamaokiyutaka:20200630212709j:plain

なんかすごいので、今後も豚骨を煮るときは、先に脊髄をそっと食べようと思う。

いやー、すごいわこれ。

なんというか身近なところでちょっとした冒険をした気分。

あ、もしかしたら牛のガラを買えば、牛の骨髄も手に入っちゃう?

あの肉屋に牛ガラ、売っているかな。

あ、ホルスタイン模様っていう意味じゃないですよ。

ごちそうさまでした。

※日本で流通する牛骨は、BSEの影響で脊髄が抜かれた状態のようです。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

ササクレヒトヨタケを食べてみた

 

 

 

そろそろ夏キノコのシーズンということで、近所でヤマドリタケモドキとかタマゴタケが生えていないかなーと彷徨っているんですが、全然ないんですよ。

ツイッターのタイムラインに上がっている画像は全部フェイク、食用キノコは都市伝説じゃないかと疑う日々なんですが、ようやく食用っぽいキノコを発見しました。

 

タマゴタケの卵!

f:id:tamaokiyutaka:20200630165033j:plain

 

にしては長いので、オモナガノタマゴタケですかね。

いや違う、そんなキノコはない。

この傘がささくれた白いキノコは、ササクレヒトヨタケじゃないですか。

f:id:tamaokiyutaka:20200630165052j:plain

 

群生というほどじゃないけれど、ポツポツとはえている。

そういえばこのキノコ、食べられるんだったっけ。うまいのかな。

ムーミンのニョロニョロっぽいけど。

f:id:tamaokiyutaka:20200630165112j:plain

 

なんでも海外では「キノコ狩りの超初心者が、まず覚えるべきキノコの一つ」と呼ばれるほど代表的な野生の食用キノコだとか。wiki調べですけどね。

f:id:tamaokiyutaka:20200630165127j:plain

 

せっかく状態が良いササクレヒトヨタケなので、ちょっと食べてみようかな。

f:id:tamaokiyutaka:20200630165148j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630165201j:plain

 

このキノコは成長すると白と黒のマダラのパンダ模様となり、パンダの好物は笹なので、「笹くれヒトヨタケ」といいます。というのは嘘です。

f:id:tamaokiyutaka:20200630165225j:plain

 

発生して一日でダメになっちゃう(自分が出す酵素で自己消化する)から「一夜茸」なんでしょうね。ほんとにうまいのかこれ。

f:id:tamaokiyutaka:20200630165241j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630165302j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630165315j:plain

 

ということで食べます。

ちょっと成長しているのは、もう傘の裏が黒いですね。オシャレ。

f:id:tamaokiyutaka:20200630165417j:plain

 

調理法をどうするか迷ったんですが、匂いを嗅いでみるとマッシュルームに似ていたので(どちらもハラタケ科)、シンプルにオリーブオイルで焼いてみましょうか。

ちょっと油が多かったかな。

f:id:tamaokiyutaka:20200630165332j:plain

 

はい、焼けた。

味付けは醤油でいいっすか。

やっぱりパンダっぽいな。

f:id:tamaokiyutaka:20200630165352j:plain

 

どんな味かなと食べてみると、柔らかくてとろけるような傘、シャクシャクした歯ごたえの軸がいいじゃないですか。ちょっとだけ埃っぽさがあるけれど、ソフトなマッシュルームという感じ。イメージほど、傘がもろくないのがいい。

くせもなく、食べれば食べるほど口の中にキノコの旨味が積み重なっていく。うまいなこれ。コンソメスープとかに入れたい。

今日くらい状態が良くて、4本以上まとまって収穫できそうなら、またとってこよう。いやでも採りたいのはタマゴタケとかヤマドリタケモドキとかなんだけどさ。

 

こういうの食べると、やっぱりお酒が欲しくなりますね。

ササクレ……一杯だけ……。

 

以下、食べなかったキノコ写真など。

f:id:tamaokiyutaka:20200630171629j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630171640j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630171651j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630171708j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630171723j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630171734j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630171754j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630171804j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200630171831j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200725000119j:plainf:id:tamaokiyutaka:20200725000137j:plainf:id:tamaokiyutaka:20200725000814j:plain


 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

水天宮の西北拉麺が手延べから製麺機になったらコシが強くなったっぽい

 

 

 

水天宮にある西北拉麺のミョーンと伸びる独特の麺が好きで、近くに来ると寄っている。といってもそんなに近くまで来ないので、まだ4回くらいだけど。

詳しくはこちらをどうぞ。

r.gnavi.co.jp

 

で、そんな麺に特徴がある西北拉麺が、手打ちから押出式製麺機に変わったという気になる情報が公式ツイッターに!!

 

 

ええええ。あのビニョーンと伸びる麺が製麺機になったことで(しかも押出式)、どんな変化があるかなと都内にでる用事があったので試してみることにした。

 

看板などは変化なし。

f:id:tamaokiyutaka:20200629210413j:plain

 

メニューは変わったのかなと食券販売機の前に立つと……情報量が多いな。

ええと、「気まぐれ」ってなんだろ。

f:id:tamaokiyutaka:20200629210426j:plain

こちら」をクリックすると拡大します。ゆっくり悩もう。

 

えーっと、何を頼めばいいんだろう。

と、悩んでいたら次のお客さんがきたので、とりあえず定番の牛肉拌麺をポチ。気が付くと毎回これを頼んでいるような。

でも今回は麺の確認なので、しっかりと味を覚えているこれがいいよね。

ちなみに「拌麺」が汁なし、「拉麺」が汁あり。

 

食券を手にして、いつもなら製麺する様子が見える奥のポジションに着席。

麺の太さや形を選べるらしいが、とりあえず標準を大盛りで。

並と大盛りが同じ料金というサービスが私のダイエットを邪魔する。いいんだけど。

f:id:tamaokiyutaka:20200629210442j:plain

 

目線を奥にやって厨房を確認すると、製麺台と茹で釜の間に、なにやら筒状のパーツを構えた道具が。これが噂の押出式製麺機なのだろう。

f:id:tamaokiyutaka:20200629210500j:plain

 

店員さんが生地の重さを量って機械に入れると、筒を中心に製麺機がクルっと回転。あ、その筒から麺が出るんじゃないのか。

そして釜の上にきたパーツから生地が押し出されてニョーン。

うおー!機械だー!

f:id:tamaokiyutaka:20200629210520j:plain

 

まるで韓国とか盛岡の冷麺を作るみたいな押出式製麺機。

茹で時間は前よりちょっと長いかな。

何度も引っ張って伸ばしていた従来の麺と、一気に押し出す現在の麺。さてどのような違いが出るのか、意外と変わっていないのか。

f:id:tamaokiyutaka:20200629210543j:plain

 

盛り付けられた姿は、これまでと基本的に同じ。ちょっと麺が太くなったかも。

f:id:tamaokiyutaka:20200629210558j:plain

 

下は前回までの麺。写真が一眼レフでとったので綺麗なのは無視してね。

f:id:tamaokiyutaka:20200629212820j:plain

 

さっそくよく混ぜて食べてみると、おおおおおおおお、おお。

おおお。

なるほど、これはちょっと違う麺だ。

 

これまでの「驚くほどミョーンと伸びる独特の麺」と同じタイプではあるんだけれど、伸びに加えて噛んだ時の弾力、コシがぐっと強くなっている。

「ミョーン」から「ミョムニュ」。

これまで「伸び9:コシ1」みたいなバランスだったのが、「伸び7:コシ3」になった感じ。引っ張ると伸びるけれど噛むとコシを感じるみたいな。ゴムのような柔軟性重視からバネが強い筋肉質の麺になっている。なんか書けば書くほど伝わらないかも。

といっても麺の基本路線は同じであり、前回と比べるとこのように変わったように感じるという話。たぶん。生地を麺にする製法はまったく違うけれど、生地自体の鍛え方は同じなのかな。

f:id:tamaokiyutaka:20200629210613j:plain

 

食べ進めて気が付いたのだが、前よりも伸びにくくなっているようなので、この麺だったら汁ありの拉麺もかなりよさそう。なんというか安定感があるのよ。

あと麺の本数が違うね。前は超長~い一本麺だったのが、穴の数になった分だけ短く食べやすく、テーブル上から麺を切るためのキッチンバサミがなくなった。

 

オーナーさんの話だと、この押出式の製法に合わせて小麦粉と塩を選びなおし、途中で加えていたかんすいを省いたとのこと。無かんすい麺なので分類上は「うどん」になるのかもね。こんなうどんは食べたことないけど。ちなみに発券機にあった冷麺用の麺は、卵入りの生地を使っているとか。それも気になる。

次は何を食べようかと悩むために、メニューの写真を撮っておいた。

f:id:tamaokiyutaka:20200629210634j:plain

 

夜はおつまみもあるみたい。

f:id:tamaokiyutaka:20200629210659j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20200629210713j:plain

 

ということで、あくまで西北拉麺という独自のカテゴリ内で、麺が大きく変わった印象でした。ステッカーもらえるよ。

 

f:id:tamaokiyutaka:20200629223353j:plain

 

職人さんがミョンミョンと麺を伸ばしてくれる姿を眺めながら待つ時間が好きだったけれど、これはこれで好きな麺。うん、作りたい。あの伸ばす工程がないので、押出式製麺機があれば私にも作れるかも!今度試してみようと思います。

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本