私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

そして僕は三毛猫になった(床屋日記)

 

 

 

床屋日記の続きです。

blog.hyouhon.com

 

鏡を見たら浮浪者感がすごかったので、久しぶりに床屋に行った。

前回の日記が8/1で、9/25、11/13ときての2/2。

感覚が二か月弱、二か月弱ときての、三か月弱。

ちょっと間が空いた。

人に会う用事がまったくなく、髪を切る気にも、髭を剃る気にもならない日々だ。

 

そういえば前回の非常事態宣言中に髪を切ったとき、ものすごく緊張した覚えがある。だが今回は緊張感が薄い。

前回が緊張の力でパンパンに膨れ上がった風船だとしたら、今回は緊張すべき強さは同じでも、受け止める側の風船の大きさに余裕ができて(ゴムが伸びて)、まだ余裕のあるフニャフニャした感じ。そこまで張りつめてはいない。

それがいいのか悪いのか。

どっちにしても割れるときは割れるのだが。

 二回ほど床屋日記を飛ばしたのは、書くのを忘れたからで、深い意味はない。

 

8月から担当は、毎回同じで『C-C-B(ココナッツボーイズ)のメンバー全員を足して人数で割って、服も髪も真っ黒にして今風にしたオールバックのメガネ男子』さん。長いので以下、CCBさん。

カットが税込み1650円で指名料の掛からない店なのだが、一応受付で「ご氏名はありますか?」と聞かれる。そこで「特にないです」というと、前回の担当がいればその人がやる流れっぽい。

 

で、今日は受付の段階で、CCBさんだった。

C:「お久しぶりですね。ご指名は?」

おっと、認識をされている。さすが客商売。いや持参した店のカードに日付と担当者が書かれているからかな。

 

ここで本人を前に「特にないです」というほど野暮じゃない。

……いや正直に書こう。

この店で私の髪を切ってくれるのはCCBさんが3人目くらいなのだが、この人が一番うまいなと思っていた。またこの人だといいなと願っていた。指名をするのはちょっと恥ずかしいが、この人であって欲しかった。その人から、指名は誰かと聞かれたのだ。

 

私:「……貴方でお願いします」

 

あー、恥ずかしい。

これは告白なんじゃないだろうか。大丈夫か。

恋の予感、きゃー。

バーバーというかBLだ。

なんて思って一人で赤面してどうする。

 

はい、大人しくカットされます。

注文は特にないので、前回切ったときと同じくらいにしていただく。

今風にいうと「髪を戻そう」だろうか。いわない。

 

C:「髭を伸ばしたんですね」

私:「いや、剃るのが面倒なだけで、ほらマスクだし……」

 

髭はともかく伸びた髪は三か月弱分となるので、ザクザクとたくさん切られる。

切られながら、やっぱりこの人が次もいいなと思う。

これまではたまたま3回連続、この人がいてくれた。

これは運命か。いや偶然だ。

運命の再開じゃない。偶然の散髪だ。

 

次はどうなるかわからない。

このひとのシフトを知りたい。

そうだ、聞こう。

切られている途中で聞くのは、自然な流れだろう。

聞かれて嬉しくない人もいないはず。

これぞ遠回しな誉め言葉。

でもやっぱり恥ずかしいな。

誉め言葉だと認識すると、さらに恥ずかしい。

ちなみに最近恥ずかしがってできないのは、瓶ビールを買ったスーパーで瓶の引き取りをしてもらえるかの確認だ。なんだか5円を惜しんでいるみたいで。いやそうなんだけど。素直に聞けばいいんだけどね。

さてどうしよう。聞こうかな。でもこれまで私が来た日の曜日を確認すれば(ショップのカードで確認できる)、ある程度傾向がわかるか。

いやでもそれは過去の話。今はシフトが変わっているかもしれない。

もちろんCCBさんがいるかを、わざわざ店に電話で確認するなんて絶対無理だ。

確認せずに来てCCBさんがいなくて、もし別の人に切ってもらったら、その次は誰に切ってもらうのが正解なのか。その人に切ってもらうのはCCBさんに申し訳なくないか。CCBさんに戻したら切ってくれた人に悪くないか。なんだこの悩み、ここはホストクラブか。お店の人はいちいち気にしないと思うけど。

 

モジモジ。

モジモジモジ。

モジモジモジモジ。

二万モジくらいしたところで、声をひっくり返しながら、ようやく聞くことができた。

 

私:「しゅ、出勤の曜日って決まっているんですか?」

C:「シフト、結構グチャグチャなんですよ~」

 

あー。無駄だった……

なんだこのデートの誘いを流された感じは。

 

C:「でも火曜日は託児所がやっていないので、(同僚は子供がいる女性が多いため)休む人が多いから、だいたい出ています」

 

いかん、顔がちょっとニヤけてしまった。

鏡越しに見られていたらどうしよう。

だめだ、手玉に取られている気分だ。

そういえば今日は火曜日か、じゃあ次もさりげなく火曜日に来ようかな。

 

しかしこの質問がよくなかった。

会話をするべき客と判断されてしまったのだ。

C:「仕事は平日休みなんですか?」

あー、自分のことを聞かれると目が泳ぐ。

泳ぐというか、策に溺れる。ブクブクブク。

私:「ざ、在宅勤務です」

C:「在宅と出勤、どっちがいいですか?」

私:「ざ、在宅です」

今更いえない、ここ15年くらい在宅のフリーライターだなんて。

C:「オンライン飲み会とかしました?」

私:「一、二回くらい」

私の回答がモゴモゴしているので、この人は会話をしない方がいい人だと判断していただいたらしく、質問はここで終わった。

きっと次回は最小限の会話で髪を切ってくれることだろう。

肉を切らせて骨を切るだ。

 

店内には嵐の曲が流れていた。

グループは解散しても曲は残るのだなと思った。

嵐の大野さんは釣りに行っているのだろうか。

 

髪を切り終わると、鏡の前に毛艶の悪い三毛猫がいた。

私は白髪が多く(半分くらい)、全体を茶色く染めているのだが、前回染めたのはだいぶ前。

そのため散髪して頭に残った毛は、茶色く染めたの残り、そして後から生えてきた白髪と黒髪。

茶と白と黒で、見事に三色の三毛猫なのだ。

いや本当に三毛猫。キジ三毛というやつだ。

この髪型で日光東照宮にいったら写真を撮られると思う。

どうしよう、帰ってビゲンヘアカラーで染めるべきか、三毛猫として生きるべきか。

 

C:「だいぶヘアカラーの色が落ちていますね」

といわれて

私:「三毛猫になった気分です」

と返す勇気はなかった。

 

そして「アイロン入れていきますね!」と、いつものように私の天然パーマをヘアアイロンで引っ張って伸ばす。どうしても伸ばしたいのだろう。

最後に「セットしますか?」と聞かれたので、この後は特に予定はなかったけれど、せっかくなのでセットをしてもらった。

 

ワックス的なもので髪をゴニョゴニョして前方向に流れを作り、上からスプレーをシュー。

高校時代以来嗅いでいなかった、ヘアスプレー独特の香りに包まれた。

いやヴィジュアルバンドをやっていた頃以来かな。

セットしてもらった髪型は、無理やり風呂に入れられて怒っている三毛猫みたいでかっこいい。

 

今度はどこか出掛ける前に、この床屋に来ようと思う。

火曜日の午後になにか予定を入れなくては。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:ワラビの根っこから本物のわらび餅を作りたい

 

 

 

こんにちは。デイリーポータルZに寄稿しました。

念願のわらび餅作りです。

dailyportalz.jp

根を掘っている最中は、これ大丈夫かと思いましたが、見事なわらび餅になりました。葛餅の経験ありきですが。

f:id:tamaokiyutaka:20210201170234j:plain

そしてドングリで冷麺を作る話はこちらでぜひ。

blog.hyouhon.com

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:「推しの場所」を持つ楽しみ。佐渡リピーターが語る名産品の魅力

 

 

 

こんにちは。旅に出たいですね。

メルカリマガジンで、血の通ったまとめ記事みたいなやつ書きました。

magazine.mercari.com

f:id:tamaokiyutaka:20210129171443j:plain

よろしくお願いいたします!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:専用袋不要! 液体も対応の「真空パック器」で”宅配ラーメン屋さんごっこ”がはかどる

 

 

 

今日は寒いですね。

そんな日は宅配ラーメン屋さんはいかがでしょうか。

注文するんじゃなくて、出荷する方で。

kakakumag.com

f:id:tamaokiyutaka:20210128165955j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210128170005j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210128170011j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210128170022j:plain

超便利!超楽しい!

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:カレーリーフはカレー以外に使え! 日本の「南インド料理の開拓者」から意外な使い方を習ってきた

 

 

 

カレーは好きですか?

カレーリーフはどうですか?

ぐるなび「みんなのごはん」に、ケララの風モーニングの店主である沼尻さんから伺ったカレーリーフの話を寄稿しました。

ものすごーく興味深かったです。

r.gnavi.co.jp

f:id:tamaokiyutaka:20210120144639j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210120144652j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210120144646j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210120144657j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210120144703j:plain

詳しいレシピや豆の種類はこちらから!

blog.hyouhon.com

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

カレーリーフを使った料理のレシピメモ@ケララの風モーニング

 

 

 

こんにちは、南インド料理は好きですか。

昨年の某日、大森にある南インド料理店「ケララの風モーニング」で、店主の沼尻さんから生のカレーリーフの使い方を習ってきたので、そのレシピメモです。

※ケララの風モーニングは新型コロナ感染症対策のため、2021/2/8まで休業中です。最新情報はHPをご確認ください。

お話の内容は「みんなのごはん」にて公開中!まずはこっちを読もう!

r.gnavi.co.jp

はい、上記記事を読みましたらどうぞ!

f:id:tamaokiyutaka:20210111023100j:plain沼尻さんとカレーリーフ。

f:id:tamaokiyutaka:20210110030502j:plainフレッシュのカレーリーフを使います。

f:id:tamaokiyutaka:20210110013209j:plainドライのカレーリーフは別物だと考えてください。

f:id:tamaokiyutaka:20210110013653j:plain素揚げにして使ったりします。

f:id:tamaokiyutaka:20210110015049j:plain素揚げしたものを塩と一緒に粉末にした「カレーリーフ・ソルト」は沼尻さんの考案。

料理の前に、インド料理に使う豆の話

インド料理では、日本に馴染みのない豆をいろいろ使うので、その説明をしてもらいました。

*豆の種類*

f:id:tamaokiyutaka:20210113151232j:plain

■チャナ豆(挽き割りはチャナダル)=ひよこ豆=chick pea(英語名)

■トゥール豆(挽き割りはトゥールダル)=木豆(きまめ)=pigeon pea(英語名)
※ムングやウーラッドやチャナが草本なのに対しトゥールは珍しい木本

■ウーラッド豆(挽き割りはウーラッドダル)=黒もやしになる豆=ブラックマッペ=ケツルアズキ(毛蔓小豆)

■ムング豆(挽き割りはムングダル)=緑豆=ツルアズキ(蔓小豆)=普通のもやし
※注)ウーラッド豆はムング豆の亜種という説もあります。

*豆とダルの関係*

〇〇(豆のヒンディーでの名称)を日本語に訳すと、〇〇に豆を付けて〇〇豆となります。そして〇〇の挽き割りは〇〇ダルとなります。

例:Chana=チャナ豆=ひよこ豆
例:Chana dal =チャナ豆の挽き割り=ひよこ豆の挽き割り

〇〇(日本語名)豆を英語に訳すときは〇〇だけ訳して、豆に相当するダルを付けてはいけない。※つけると挽き割りになってしまう。

例:チャナ豆=Chana
例:ひよこ豆の挽き割り=チャナ豆の挽き割り=Chana dal

※一般に豆料理の場合は豆の「dal(ダル)」でなく「dhal(ダール)」と長く発音します。

ホワイトシチューとレモンライス

現地で食べられている「ケララシチュー」は、ココナッツミルクと塩だけで味をつけるけど、今回はあえて市販のルーを使います。

ケララシチューを使ったカレーラーメンの作り方は、こちらの本を読みましょう。

www.seimen.club

ということで、普通にホワイトシチューを作ります。

f:id:tamaokiyutaka:20210111023701j:plain基本的に箱に書かれたままのレシピで作ります。

f:id:tamaokiyutaka:20210111023720j:plain鶏肉、ジャガイモ、ニンジン、カブを油で炒める。

f:id:tamaokiyutaka:20210110015108j:plain水と牛乳を加えて煮込み、カレーリーフ・ソルトをパラリ。

f:id:tamaokiyutaka:20210111024425j:plainさらに素揚げしたカレーリーフも入れたらホワイトシチューのできあがり。

 

続いてレモンライスを作ります。

f:id:tamaokiyutaka:20210111030050j:plainマスタードシード、唐辛子をテンパリングし、チャナダル、ウーラッドダルも炒める。

f:id:tamaokiyutaka:20210111030117j:plainカシューナッツとターメリックを追加。

f:id:tamaokiyutaka:20210111030216j:plain生のカレーリーフをここで投入。

f:id:tamaokiyutaka:20210111030259j:plain種を濾しながら、レモンを絞って果汁をたっぷりと加える。

f:id:tamaokiyutaka:20210111030320j:plain茹でておいたインディカ米を加えて、炒め混ぜる。

f:id:tamaokiyutaka:20210110015644j:plainよく混ざったらレモンライスの出来上がり。

f:id:tamaokiyutaka:20210111030351j:plainすごくおいしい!

カブの葉のクートゥー、キャベツのトーレン(どちらも時短バージョン)

続いてはカブの葉っぱを使ったクートゥー(豆と野菜の煮物)、そしてキャベツのトーレンを、時間とスペースの都合で電子レンジを使って作る時短レシピです。

まずはクートゥーから。

ムングダルを水で煮ておきます。

f:id:tamaokiyutaka:20210111032636j:plainムングダルを茹でると、豆らしいよい香りがする。

f:id:tamaokiyutaka:20210111032705j:plain潰したニンニクを油で炒める。

f:id:tamaokiyutaka:20210111032743j:plain粗く刻んだタマネギ、トマトを追加。

f:id:tamaokiyutaka:20210111032837j:plainさらにカレーリーフ、ターメリックを入れる。

f:id:tamaokiyutaka:20210111032905j:plainおいしそう。

f:id:tamaokiyutaka:20210111032942j:plain茹でたムングダルをしっかり水切りして入れる。

f:id:tamaokiyutaka:20210111033010j:plain刻んだカブの葉っぱと塩を入れます。

f:id:tamaokiyutaka:20210111033039j:plainさらにココナッツグレーテッドをドサッと。

f:id:tamaokiyutaka:20210111033201j:plainよく混ざったら火を止めて、食べるときにレンチンで火を通す。

 

続けてもう一品、「ケララ料理ならトーレンは避けてとーれん」ということで、キャベツのトーレン(蒸し炒め)を作ります。

f:id:tamaokiyutaka:20210111035752j:plainマスタードシードとホールチリ(唐辛子)をテンパリング。

f:id:tamaokiyutaka:20210111035819j:plainチャナダルを入れます。

f:id:tamaokiyutaka:20210111035858j:plainさらにウーラッドダルも入れます。

f:id:tamaokiyutaka:20210111024527j:plain肝心のカレーリーフ。

f:id:tamaokiyutaka:20210111040230j:plainレンチンしておいた千切りのキャベツをドーン。塩で味をつけたら、こちらもレンチンで仕上げます。

レンチンの時間とかワット数は様子を見つつ適当にやって(なんでもノープロブレム)、出来上がりでございます。

どちらも野菜だけのベジ料理なのに、カレーリーフとスパイスと豆がしっかり味を膨らませていて、すごく満足感があります。

f:id:tamaokiyutaka:20210111041109j:plainまだ豆の名前が覚えられない。

フライドポテトのカレーリーフ・ソルトマヨネーズ添え、スパイシー・ナッツ

参加者の田中邦和さんが大好物だという、カレーリーフを素揚げした油で揚げたフライドポテトを、カレーリーフ・ソルトを混ぜたマヨネーズで食べるという、カレーリーフの香りとカロリーを無駄なく摂取できる料理も作りました。

f:id:tamaokiyutaka:20210111023333j:plain冷凍のフライドポテト。

f:id:tamaokiyutaka:20210111023356j:plainカレーリーフの素揚げに使った油で揚げます。

f:id:tamaokiyutaka:20210111023421j:plainマヨネーズにたっぷりのカレーリーフ・ソルトをドーン。

f:id:tamaokiyutaka:20210111023449j:plainつまみのできあがり!

右上はバタピー、アーモンド、カシューナッツを油で炒めて、ターメリック、チリペッパー、ブラックペッパー、カレーリーフソルトで炒めたスパイシー・ナッツだよ。

f:id:tamaokiyutaka:20210111023544j:plainこれがまたうまいんですよ。

f:id:tamaokiyutaka:20210111023610j:plainうまそうでしょう?

カレーリーフ・サワー

カレーリーフ料理に合う酒は、やっぱりカレーリーフということで、カレーリーフサワーも作りました。

生のカレーリーフとレモン果汁にミキサーが回る程度の水を加えて、ガーっとやったら甲類焼酎(キンミヤ)、甘い炭酸(三ツ矢サイダー)で割ります。青いレモンのような爽やかな風味で、苦味が無くて飲みやすい!

f:id:tamaokiyutaka:20210110020052j:plain甘いからこそうまいのかも。

カレーリーフ・醤油焼きそば

こちらはツジメシの辻村さんと私の合作料理。私が用意した材料と、この店にあるスパイスや調味料を使って、辻村さんにアドリブで仕上げてもらいました。ザ・無茶ぶり。

f:id:tamaokiyutaka:20210111174349j:plain無茶ぶりをされがちの辻村さん。頼れる料理マニアだ。

f:id:tamaokiyutaka:20210111174412j:plainマスタードシード、クミンシードをテンパリング。

f:id:tamaokiyutaka:20210111174509j:plainスライスタマネギを炒めて、カレーリーフを入れる。

f:id:tamaokiyutaka:20210111174533j:plain牛ひき肉をドーン。南インドはキリシタンが多いので、牛肉を食べる人もいるそうです。だからっていう訳でもないですが。

f:id:tamaokiyutaka:20210111174559j:plainホールチリ。

f:id:tamaokiyutaka:20210111174659j:plainおいしそう!赤と緑の色がいいね。

f:id:tamaokiyutaka:20210111174731j:plain味付けはカレーリーフの可能性を探るため、塩だけでなく醤油も加える。

f:id:tamaokiyutaka:20210111174628j:plainここで佐渡島産の石臼挽き強力粉で作った自家製麺を茹でます。

f:id:tamaokiyutaka:20210111174806j:plainちょっと硬めに茹でた麺を和えたら完成。

f:id:tamaokiyutaka:20210110020214j:plain生の紫タマネギを散らしました。醤油味の焼きそばにカレーリーフ、すごく合います。こういう一期一会のアドリブ料理が美味しいと最高に幸せ。さすが辻村先輩。

アジのレモンマリネ

もう一品は、小松さんが釣ってきた東京湾の金アジを使ったレモンマリネ。生魚とカレーリーフの相性もバッチリでした。

f:id:tamaokiyutaka:20210111232128j:plainカレー大好き、小松ヌンチャク先生。

f:id:tamaokiyutaka:20210111232340j:plain釣ってきたばかりのピッカピカのアジ。

f:id:tamaokiyutaka:20210111233356j:plainレモン果汁とカレーリーフソルトでマリネ。

f:id:tamaokiyutaka:20210110020120j:plainスライスした紫タマネギにマリネしたアジを乗せて、テンパリングした熱いマスタードシードとカレーリーフ、カレーリーフソルトを掛ける。もちろんうまい!

他にも揚げたモチや魚、目玉焼き、かわいしのぶさん謹製のお菓子など、どれもおいしかったです!

f:id:tamaokiyutaka:20210110015919j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210110020140j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210110015719j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210110020244j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210110020310j:plain

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

珠洲市のお寿司屋さん「かつら寿司」の記録

 

 

 

SUUMOタウンの連載、読んでいただけましたでしょうか。

suumo.jp

そこにちらっと出てきたお寿司屋さんの紹介です。

北澤さん行きつけの「かつら寿司」さんで、お任せコースを頼みました。ただし、この日は海が荒れ気味で、沿岸で漁をしている船が出ておらず、地元ならではの魚は少なめとのことでした。「もう少ししたらタラとかアカムツが美味しいんだけどねー」といわれた11月後半のお話です。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155232j:plain

 

小アジの南蛮漬けからスタート。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155243j:plain

 

ガスエビとか呼ばれるエビの頭の唐揚げ。

能登といえばこのエビがうまいよね。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155250j:plain

 

お酒は珠洲市蛸島町にある櫻田酒造の、大慶 純米大吟醸など。

f:id:tamaokiyutaka:20210119160702j:plain

 

マスの筋子。産卵時期よりもだいぶ前に採った沖のマスの卵巣を塩漬けにして冷凍保存したものだと思うんだけど、これがうまいんですよ。筋子というよりは大粒のタラコみたいな不思議な食感。超絶ネットリ。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155302j:plain

 

季節ものの甲箱蟹。ズワイガニのメスですね。お仕事が丁寧。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155309j:plain

 

今度はオスのズワイガニ。

そりゃもう甘い刺身と、カニ味噌と食べる蒸した肩など。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155332j:plain

 

ハガツオとニシガイ。

このハガツオが個人的には今日一番のヒット。なんだこの上品な脂の質は。味はサワラに近いかな。

柔らかいだけあって身割れしやすい魚で、すぐに刺身で使えなくなってしまうそうだ。

ニシガイもうまい。貝類は産地で食べるに限る。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155342j:plain

 

クジラの美しい赤身。

やっぱり魚類とは違う強さがあって、これもまた素敵。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155350j:plain

 

フグの汁で温まる。ダシがいいんですよ。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155358j:plain

 

そしてフグの握り。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155405j:plain

 

待ってました!と声が出たハガツオの握りが想像以上に最高。

思い出して溜息が出ている。寿司になるために存在する魚だこれ。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155414j:plain

 

ガスエビも甘い。日本海ありがとう。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155422j:plain

 

そして-35度で冷凍されていた、9月に沖合で採れたサツキマス。

まさに最上級の鱒寿司という感じで、サツキマスってこんなに味がいいのかと驚く。養殖のニジマスとは全然違った。なるほど、これが本物のマスなのか。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155431j:plain

 

北海道のウニを能登の塩で。あら贅沢。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155443j:plain

 

デザートは業務用冷凍庫でガチガチに凍らせたアイス。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155452j:plain

 

パルムをかじったら前歯を全部持っていかれそうになった。最高。

f:id:tamaokiyutaka:20210119155500j:plain

 

ということで、珠洲にいったらまた食べようと思います。次は海がベストな状態だといいな。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本