私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

ハマダイコンとカラシナを食べ比べる

 

 

 

某雑誌の某企画のサポートで、野生の大根であるハマダイコンを抜く機会がありました。うちの近所(埼玉)はカラシナばっかりで、ハマダイコンは生えていないんですよね。ハマダイコンは海岸性植物だからだろうか。

ここのハマダイコンは園芸品種の種が飛んできて繁殖したのではなく、先祖代々野生のものらしいと、同じくサポートで来ている365日野草生活さんが申しております。

三浦半島とかにいくと野良の大根が道端にありますけど、あれは畑からの脱走種なのかな。

ハマダイコンを抜く

まだ若いハマダイコンがもっさり。誰も間引きをしないので、密集して生えることが多く、なかなか太くはならないみたいです。

f:id:tamaokiyutaka:20210205161916j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210205161901j:plain

 

単体で生えているものは、それなりに太くもなっていました。

一万本に一本位。貴重!

f:id:tamaokiyutaka:20210205161929j:plain

カラシナと比べてみる

カラシナも混ざって生えていました。

ハマダイコンとは、葉っぱの形や雰囲気がちょっと違います。

f:id:tamaokiyutaka:20210205163006j:plain

 

左がカラシナ、右がハマダイコン。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162048j:plain

それぞれこれで一枚の葉っぱ、そしてダイコンは羽状複葉だそうです。

ウジョーフクヨー、口に出して言いたい日本語ですね。墾田永年私財法みたいな。

カラシナは上の方が、繋がっていますね。

f:id:tamaokiyutaka:20210205163527j:plain

カラシナを抜いてみる

大きなカラシナがあったので、抜いてみましょうか。

カラシナの根って見たことがないかも。

まさかダイコンみたいに太かったりして。

f:id:tamaokiyutaka:20210205161951j:plain

おおお、意外と太い。やるな、カラシナ。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162034j:plain

 

上がカラシナ、下がハマダイコン。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162144j:plain

似ているといえば似ているし、違うといえば違う。

その差がわかるかどうかは、観察する側の解像度次第かもしれません。

ハマダイコンとカラシナの根を食べ比べる

せっかくなので食べ比べてみましょう。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162203j:plain

 

まず根から。

これはハマダイコン。

輪切りにして食べてみると、ちょっと硬くて、結構辛いけど、ちゃんと大根です。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162227j:plain

 

こちらはカラシナ。

輪切りにして食べてみると、なかなか硬くて、かなり辛いけど、見た目通りに大根っぽさもあります。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162240j:plain

 

下ろしてみましょうか。

これは皮を剥いたハマダイコン。この時期はそこまで繊維質じゃないので、ちゃんと下ろせました。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162251j:plain

 

カラシナも下ろします。ちょっと繊維が強いかな。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162304j:plain

 

左がカラシナ、右がハマダイコン。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162356j:plain

ハマダイコンは、水分が少なめ、かなり辛く、目が覚める味。

カラシナは、水分がかなり少なめ、すごく辛く、目が超覚める味。

穏やかな辛味ダイコンと、マニア向けの辛味大根という感じでした。

焼いた油揚げと食べました。とても美味しかったです。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162410j:plain

葉っぱを南インド風に炒めて食べ比べる

若いハマダイコンも抜いてきました。

南インド風に食べてみましょう。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162214j:plain

多めの油でマスタードシード(採取したカラシナの種)とクミンを炒めます。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162427j:plain

刻んだ葉っぱをドーン。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162442j:plain

ココナッツファイン」という、ココナッツの実を細かくしたようなものを入れて、南国の風を吹かせましょう。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162449j:plain

人生で初めて使いますが、すごくいいですよ。

買いましょう。「ココナッツファイン」です。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162502j:plain

フタをして、蒸し焼きにしたら出来上がり。

料理名はよくわかりませんが、すごくおいしいです。

ちょっと青臭くて繊維感のあるハマダイコンとよくあう調理法だと思います。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162519j:plain

 

同じようにカラシナの葉っぱも調理しました。

これはかなり大きく育ったやつですが、まだ硬いということもなく、おいしいですね。

ハマダイコンと比べて辛味と苦味があって大人の味。どっちもうまい。

f:id:tamaokiyutaka:20210205162544j:plain

キンピラにしてみる

若いハマダイコンの根と、大きなカラシナの根の先っぽ(繊維がすごくて下せなかった部分)で、キンピラも作ってみましょう。

f:id:tamaokiyutaka:20210205165828j:plain

胡麻油で炒めて、唐辛子、ゴマ、めんつゆ。

短く切ったのがハマダイコン、長く切ったのがカラシナ。

f:id:tamaokiyutaka:20210205165837j:plain

ぜんぜん期待してなかったんですが、これどちらもすごくうまいですね。

ダイコンの味がするゴボウみたいで、ザクザクの歯ごたえと野性味のある風味が好み。

これは食べる食物繊維だ。特にカラシナは部位と成長の問題で、これはちょっと繊維が強すぎるかな。長く切ると喉に詰まって死にかける場合があるので、ほどほどの長さがいいかもしれません。

カラシナの根は加熱すると辛味が飛ぶようで(味付けの問題かも)、あまり気にならなかったです。

※追記:辛くないのは液胞が破壊されていないので辛味成分が出ていないかららしいです。ワサビを細かく下ろすと辛くなる理屈ですね。辛くしたかったら麺棒などで殴るといいとか。

 

野生食材の中では、(近所に生えていれば)入手が簡単だし、下処理も洗うだけだし、かなり野菜に近いけど野趣もあるので、使い勝手の良い食材ですね。野菜を買った方が早いですが。

ハマダイコンは鞘もおいしいですよ。

blog.hyouhon.com

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

クコの葉をカレーリーフだと思って南インド風に調理してみる

 

 

 

川原にいったらクコの葉っぱがモサモサと生えていました。

クコの実は、杏仁豆腐とかに入っているアレのことです。

f:id:tamaokiyutaka:20210205120817j:plain

この葉っぱ、意外と食べられます。

blog.hyouhon.com

もうそろそろ新緑の季節、柔らかくておいしそうですね。

f:id:tamaokiyutaka:20210205120826j:plain

クコの葉っぱはおいしいですが、これがカレーリーフだったらなーと思ってしまいます。自分の中でカレーリーフブームなので。

ほら、見た目はちょっとだけ似ているじゃないですか。

そこでカレーリーフだと思い込んで、南インド風に調理してみます。

blog.hyouhon.com

はい、洗います。

f:id:tamaokiyutaka:20210205120834j:plain

川原で採取したマスタードシード(カラシナの種)とクミンと唐辛子をテンパリング(多めの油で香りを出す)します。

f:id:tamaokiyutaka:20210205120843j:plain

そこにカレーリーフだと信じてクコの葉っぱをドーン!

f:id:tamaokiyutaka:20210205120852j:plain

これはきっとカレーリーフ!

f:id:tamaokiyutaka:20210205120859j:plain

鶏むね肉でも炒めましょうか。

f:id:tamaokiyutaka:20210205120907j:plain

はい、できた。

鶏むね肉の南インド風炒め。

f:id:tamaokiyutaka:20210205120922j:plain

火を通しすぎてクコの葉っぱがチリチリしてしまった。

食べてみると、これは、意外と、なるほど、カレーリーフじゃない!

じゃない方カレーリーフだ。

 

まあそうですね。でもマスタードシードとクミンの力で、南インドの風はそよそよと吹いていますね。鶏むね肉とクコの葉の南インド風炒めとしておいしかったです。

 

いやでもそうじゃない、やっぱりカレーリーフっぽくしたいんだよ。

今回は穂先側の柔らかい部分の葉っぱを使ったので、今度は地面に近い硬い部分を選んで、パキっとした感じに仕上げてみましょう。

つづく

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

100度のオーブンで肉(豚肩ロースと豚モモと鶏胸)を焼く実験

 

 

 

オーブンで肉を焼く練習のメモです。

温度計で中心温度を測りながら、余熱無しで100度で焼きます。

 

豚肩ロースをタレに漬けて、100度で90分焼いて、ひっくり返して40分待って、そのまま冷ます

タコ糸で巻いてある状態で買ってきた豚肩ロースを、醤油ダレに吸う時間漬け込む。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112145j:plain

パンを焼く用の型に乗っける。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112151j:plain

余熱無しで100度で焼きます。

中心温度を測るために、温度計を刺します。

Therm Pro オーブン温度計 という、温度計となるハリがついていて、オーブンの扉に挟んでも大丈夫なケーブルでつながった液晶があります。便利。

www.amazon.co.jp

 

芯温を一度測ってみるは、きっと大事ですよね。

ケーブルは扉の右上から外に出ています。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112202j:plain

100度で90分、芯温は61度。ちょうどいい。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112210j:plain

※右側の「100c」は、この温度になったらアラームが鳴るみたいな設定で、特に使っていません。58度とかに設定して使えばいいですね。

100度なので焼き目がないですね。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112217j:plain

ひっくり返すと、微妙。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112226j:plain

ひっくり返した状態で、もうちょっと焼きます。

はい、40分焼きました。67度になりました。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112325j:plain

いい感じ。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112336j:plain

そのまま冷まして、ひっくり返すと、おいしそう!

f:id:tamaokiyutaka:20210203112315j:plain

おいしくできました。

タレは皿に溜まった肉汁を煮詰めます。写真なし。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112345j:plain

 

 

豚モモ肉をタレに漬けて、特殊な皿で100度で95分焼いて、そのまま冷ます

もう一回焼きます。

今度はモモ肉。フード―シーラーでタレを密着させました。

機械を買ったので使いたいだけですね。

kakakumag.com

f:id:tamaokiyutaka:20210203112032j:plain

 

前に買った電子レンジで魚が焼けるという謎の皿に乗っけて焼いてみました。

今回はレンジじゃなくてオーブンなので、まったく使い方が違うのですが、ちょうどいいかなと。

100度で75分で58度、そのまま20分焼いて61度、そのまま冷ます。

この皿だと、下がベトっとしなくていいかも。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112119j:plain

すごく簡単でいいんだけど、肉に温度計の穴が開くな。

当たり前ですが。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112136j:plain

 

鶏胸肉をタレに漬けて、100度で100分焼いて、そのまま冷ます

鶏胸肉でもやってみます。

ビニール袋で醤油と酒に漬けて、なんとなくまとめてパン焼き用の型でオーブン100度。皮は上がいいでしょうか。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112354j:plain

常温で2時間漬けておいたので開始は11度。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112401j:plain

30分で38度。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112412j:plain

45分で49度。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112420j:plain

ここでうっかり焼いていたことを忘れてしまったので、トータル100分で69度まで上がってしまった。

まあいいか。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112431j:plain

皮がこんがりしませんね。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112440j:plain

ちょっと冷ましてから切ると、シットリしていい感じ。

あ、これ簡単でいいですね。すごくおいしい。

鶏胸肉の食べ方はこの方法がいいかもしれない。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112457j:plain

でも皮が硬くてクニャっとしているのがあれだな。

もう少し研究しよう、そうしよう。

f:id:tamaokiyutaka:20210203112519j:plain

ということで、もう少し頑張ります。

この温度計は便利だなと思いました。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

そして僕は三毛猫になった(床屋日記)

 

 

 

床屋日記の続きです。

blog.hyouhon.com

 

鏡を見たら浮浪者感がすごかったので、久しぶりに床屋に行った。

前回の日記が8/1で、9/25、11/13ときての2/2。

感覚が二か月弱、二か月弱ときての、三か月弱。

ちょっと間が空いた。

人に会う用事がまったくなく、髪を切る気にも、髭を剃る気にもならない日々だ。

 

そういえば前回の非常事態宣言中に髪を切ったとき、ものすごく緊張した覚えがある。だが今回は緊張感が薄い。

前回が緊張の力でパンパンに膨れ上がった風船だとしたら、今回は緊張すべき強さは同じでも、受け止める側の風船の大きさに余裕ができて(ゴムが伸びて)、まだ余裕のあるフニャフニャした感じ。そこまで張りつめてはいない。

それがいいのか悪いのか。

どっちにしても割れるときは割れるのだが。

 二回ほど床屋日記を飛ばしたのは、書くのを忘れたからで、深い意味はない。

 

8月から担当は、毎回同じで『C-C-B(ココナッツボーイズ)のメンバー全員を足して人数で割って、服も髪も真っ黒にして今風にしたオールバックのメガネ男子』さん。長いので以下、CCBさん。

カットが税込み1650円で指名料の掛からない店なのだが、一応受付で「ご氏名はありますか?」と聞かれる。そこで「特にないです」というと、前回の担当がいればその人がやる流れっぽい。

 

で、今日は受付の段階で、CCBさんだった。

C:「お久しぶりですね。ご指名は?」

おっと、認識をされている。さすが客商売。いや持参した店のカードに日付と担当者が書かれているからかな。

 

ここで本人を前に「特にないです」というほど野暮じゃない。

……いや正直に書こう。

この店で私の髪を切ってくれるのはCCBさんが3人目くらいなのだが、この人が一番うまいなと思っていた。またこの人だといいなと願っていた。指名をするのはちょっと恥ずかしいが、この人であって欲しかった。その人から、指名は誰かと聞かれたのだ。

 

私:「……貴方でお願いします」

 

あー、恥ずかしい。

これは告白なんじゃないだろうか。大丈夫か。

恋の予感、きゃー。

バーバーというかBLだ。

なんて思って一人で赤面してどうする。

 

はい、大人しくカットされます。

注文は特にないので、前回切ったときと同じくらいにしていただく。

今風にいうと「髪を戻そう」だろうか。いわない。

 

C:「髭を伸ばしたんですね」

私:「いや、剃るのが面倒なだけで、ほらマスクだし……」

 

髭はともかく伸びた髪は三か月弱分となるので、ザクザクとたくさん切られる。

切られながら、やっぱりこの人が次もいいなと思う。

これまではたまたま3回連続、この人がいてくれた。

これは運命か。いや偶然だ。

運命の再開じゃない。偶然の散髪だ。

 

次はどうなるかわからない。

このひとのシフトを知りたい。

そうだ、聞こう。

切られている途中で聞くのは、自然な流れだろう。

聞かれて嬉しくない人もいないはず。

これぞ遠回しな誉め言葉。

でもやっぱり恥ずかしいな。

誉め言葉だと認識すると、さらに恥ずかしい。

ちなみに最近恥ずかしがってできないのは、瓶ビールを買ったスーパーで瓶の引き取りをしてもらえるかの確認だ。なんだか5円を惜しんでいるみたいで。いやそうなんだけど。素直に聞けばいいんだけどね。

さてどうしよう。聞こうかな。でもこれまで私が来た日の曜日を確認すれば(ショップのカードで確認できる)、ある程度傾向がわかるか。

いやでもそれは過去の話。今はシフトが変わっているかもしれない。

もちろんCCBさんがいるかを、わざわざ店に電話で確認するなんて絶対無理だ。

確認せずに来てCCBさんがいなくて、もし別の人に切ってもらったら、その次は誰に切ってもらうのが正解なのか。その人に切ってもらうのはCCBさんに申し訳なくないか。CCBさんに戻したら切ってくれた人に悪くないか。なんだこの悩み、ここはホストクラブか。お店の人はいちいち気にしないと思うけど。

 

モジモジ。

モジモジモジ。

モジモジモジモジ。

二万モジくらいしたところで、声をひっくり返しながら、ようやく聞くことができた。

 

私:「しゅ、出勤の曜日って決まっているんですか?」

C:「シフト、結構グチャグチャなんですよ~」

 

あー。無駄だった……

なんだこのデートの誘いを流された感じは。

 

C:「でも火曜日は託児所がやっていないので、(同僚は子供がいる女性が多いため)休む人が多いから、だいたい出ています」

 

いかん、顔がちょっとニヤけてしまった。

鏡越しに見られていたらどうしよう。

だめだ、手玉に取られている気分だ。

そういえば今日は火曜日か、じゃあ次もさりげなく火曜日に来ようかな。

 

しかしこの質問がよくなかった。

会話をするべき客と判断されてしまったのだ。

C:「仕事は平日休みなんですか?」

あー、自分のことを聞かれると目が泳ぐ。

泳ぐというか、策に溺れる。ブクブクブク。

私:「ざ、在宅勤務です」

C:「在宅と出勤、どっちがいいですか?」

私:「ざ、在宅です」

今更いえない、ここ15年くらい在宅のフリーライターだなんて。

C:「オンライン飲み会とかしました?」

私:「一、二回くらい」

私の回答がモゴモゴしているので、この人は会話をしない方がいい人だと判断していただいたらしく、質問はここで終わった。

きっと次回は最小限の会話で髪を切ってくれることだろう。

肉を切らせて骨を切るだ。

 

店内には嵐の曲が流れていた。

グループは解散しても曲は残るのだなと思った。

嵐の大野さんは釣りに行っているのだろうか。

 

髪を切り終わると、鏡の前に毛艶の悪い三毛猫がいた。

私は白髪が多く(半分くらい)、全体を茶色く染めているのだが、前回染めたのはだいぶ前。

そのため散髪して頭に残った毛は、茶色く染めたの残り、そして後から生えてきた白髪と黒髪。

茶と白と黒で、見事に三色の三毛猫なのだ。

いや本当に三毛猫。キジ三毛というやつだ。

この髪型で日光東照宮にいったら写真を撮られると思う。

どうしよう、帰ってビゲンヘアカラーで染めるべきか、三毛猫として生きるべきか。

 

C:「だいぶヘアカラーの色が落ちていますね」

といわれて

私:「三毛猫になった気分です」

と返す勇気はなかった。

 

そして「アイロン入れていきますね!」と、いつものように私の天然パーマをヘアアイロンで引っ張って伸ばす。どうしても伸ばしたいのだろう。

最後に「セットしますか?」と聞かれたので、この後は特に予定はなかったけれど、せっかくなのでセットをしてもらった。

 

ワックス的なもので髪をゴニョゴニョして前方向に流れを作り、上からスプレーをシュー。

高校時代以来嗅いでいなかった、ヘアスプレー独特の香りに包まれた。

いやヴィジュアルバンドをやっていた頃以来かな。

セットしてもらった髪型は、無理やり風呂に入れられて怒っている三毛猫みたいでかっこいい。

 

今度はどこか出掛ける前に、この床屋に来ようと思う。

火曜日の午後になにか予定を入れなくては。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:ワラビの根っこから本物のわらび餅を作りたい

 

 

 

こんにちは。デイリーポータルZに寄稿しました。

念願のわらび餅作りです。

dailyportalz.jp

根を掘っている最中は、これ大丈夫かと思いましたが、見事なわらび餅になりました。葛餅の経験ありきですが。

f:id:tamaokiyutaka:20210201170234j:plain

そしてドングリで冷麺を作る話はこちらでぜひ。

blog.hyouhon.com

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:「推しの場所」を持つ楽しみ。佐渡リピーターが語る名産品の魅力

 

 

 

こんにちは。旅に出たいですね。

メルカリマガジンで、血の通ったまとめ記事みたいなやつ書きました。

magazine.mercari.com

f:id:tamaokiyutaka:20210129171443j:plain

よろしくお願いいたします!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:専用袋不要! 液体も対応の「真空パック器」で”宅配ラーメン屋さんごっこ”がはかどる

 

 

 

今日は寒いですね。

そんな日は宅配ラーメン屋さんはいかがでしょうか。

注文するんじゃなくて、出荷する方で。

kakakumag.com

f:id:tamaokiyutaka:20210128165955j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210128170005j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210128170011j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210128170022j:plain

超便利!超楽しい!

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本