私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

サクラケムシ(モンクロシャチホコ)の捕り方を習ったので捕まえて食べる


 

 

 

サクラケムシ(モンクロシャチホコ)の捕り方

2020年の9月中旬某日、某ペンさんにサクラケムシことモンクロシャチホコの幼虫の探し方、捕り方を習ってきた。

そのちょっと前に蟲ソムリエこと佐伯さんと遊んだときにサクラケムシを採ったけど、まだ成長途中だったのか、肝心の桜の香り(クマリン臭)がしなかったので。

blog.hyouhon.com

ちなみに大前提として、私は毛虫や芋虫が苦手である。怖い。

昆虫食も「何でも食べてみよう!」というよりは、「地域に根付いた文化だったり、独特の個性を持っていたり、なんらかの可能性があるものなら体験してみよう」というスタンスだ。いや本当だってば。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235154j:plain

某ペンさんの案内で某桜並木へ。

これまでの人生であまり積極的に毛虫を探したことがないのだが、やっぱりコツがあるそうだ。

サクラケムシというだけあって桜の木にいるが、上を向いて本人を探すのではなく、下を向いてあるものを探す。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235205j:plain

そう、ウンコ。糞である。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235215j:plain

サクラケムシはある程度固まった数で存在するため、その下にはウンコが溜まるので、それを探すのが近道なのだ。

ただウンコならなんでもいいのではなく、新鮮なウンコでなければならない。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235236j:plain

このように地面が茶色くなっているのは、ウンコが踏まれたり雨で溶けたりした後。

この上には食われた葉っぱこそあれど、そこにサクラケムシはもういない。

鳥に食べられたのか、別の場所へ移動したのかは謎。

そこにケムシはいません。眠ってなんかいません。千の風に~

f:id:tamaokiyutaka:20210710235255j:plain

新鮮なウンコを発見!

新鮮なウンコはコロコロしていた。

コロコロのウンコがたくさんあるところを見つければ、もう捕ったも同然である。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235305j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210710235331j:plain

はい、ばっちり。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235343j:plain

ここでようやく上をみる。

はい、いらっしゃいました。

ひー。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235433j:plain

手が届くところは素手で、高いところは網でそっと捕る。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235412j:plain

ひー。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235452j:plain

うへー。

ちなみに毛はあるけれど毒はないので、触っても大丈夫……らしい。

なので触る。

ひー。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235508j:plain

うぎょー。

今、久しぶりにサクラケムシの写真を見て鳥肌が立っている。

やっぱり苦手だ。よく触れたな、去年の俺。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235520j:plain

お腹に赤いラインがあってオシャレ。

 

サクラケムシは刺さないけれど、刺しそうな毛虫もいる。イラガ?

某ペンさんは素手で触っていたけれど。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235604j:plain

カマキリかっこいい。

f:id:tamaokiyutaka:20210711002646j:plain

降りてくるサクラケムシもいた

この日(9月中旬の後半)はタイミング的にサクラケムシが地中で蛹になる直前だったらしく、木から降りてくる途中の方も見られた。もう降りちゃった個体も多かったかな。

鮎でいうところの落ち鮎なので「落ちサクラ」と呼びたい。風流。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235710j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210710235726j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210710235738j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210710235320j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210710235800j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210710235628j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210710235635j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210710235645j:plain

あー、怖かった。

殺虫剤が撒かれがち

このサクラケムシことモンクロシャチホコ、葉っぱを食べちゃうという問題こそあるのだが、人を刺したりはしない。

それでも桜大好きの日本人には害虫扱いされていて、殺虫剤で処分されることが多いようだ。この桜並木も数日後に殺虫剤の散布が計画されていてギリギリセーフ。

ただもうサクラケムシが木から降りだしているので、数日後の殺虫剤に意味があるのかは微妙。

f:id:tamaokiyutaka:20210710235658j:plain

ということで無事終了。

3時間くらいウロウロして、サクラケムシがいっぱいいる場所は3か所くらいだった。

まず新鮮なウンコを探すという方法を知らなかったら、なかなか見つけられなかっただろう。知識は偉大だ。

 

帰宅して洗濯ネットに入れておいたのだが、チャックの部分が少し空いていたため、気がついたら部屋の中に数匹逃げ出していて、最高にエッヂの立った鳥肌を立たせることになる。ひーーーーー!

f:id:tamaokiyutaka:20210711000021j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210711000010j:plain

サクラケムシを食べる

正直捕るパートでだいぶ満足してしまったので、食べるパートに心がついていかないのだが、せっかくなのでいただきます。食べ物(?)を無駄にしてはいけない。

改めて見て、ひー。

f:id:tamaokiyutaka:20210711003853j:plain

とりあえず茹でる。

f:id:tamaokiyutaka:20210711004304j:plain

毛がとれない。

そのままだ。

f:id:tamaokiyutaka:20210711000046j:plain

ひー。

一発ほっぺたを強めに叩いて、しっかり気合を入れてから食べてみると、すごく爽やかな桜の香りがちゃんとする。そして意外と芋感がある。身がしっかり詰まっている。

なるほど、これがモンシロシャチホコの終齢幼虫なのか。ファンが多いのもわかる個性派昆虫だ。

 

素揚げはどうだろうと揚げてみたら、シュワーっと湯気が上がって軽く破裂。やべえ。

f:id:tamaokiyutaka:20210711004710j:plain

塩を掛けて食べてみると、ブチャンという強い皮の感じの後に香る桜っぽさ。

あー。桜餅の葉っぱとか、桜の花の塩漬けとかの香りする。

桜の葉っぱをすりつぶしてイモムシというか芋とあわせたような食材。

f:id:tamaokiyutaka:20210711004728j:plain

 

次は甘くしてみよう。見た目的にカリントウでどうだ。

砂糖と水を軽く煮詰めてカラメルを作り、揚げたサクラケムシを絡める。

カラメルを絡める。はい。

f:id:tamaokiyutaka:20210711000120j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210711000132j:plain

桜の香りと厚みのある皮に、甘い砂糖のコーティングが甘さが合う。

見た目も目をつぶればカリントウに見えなくもない。

目をつぶれば見えるってなんだ。

f:id:tamaokiyutaka:20210711000233j:plain

 

ウンコは糞茶にしてみよう。

これはサクラケムシ料理の定番らしい。

糞茶はカイコとかでもある食文化なので、別に変態の所業ではない。

洗濯ネットの中からウンコを拾い集める。なにをしているんだ私はとちょっと思うが。

f:id:tamaokiyutaka:20210711000141j:plain

お湯200gに糞1gを煮る。

しばらくすると赤くなった。これはあの地面の色だな。

f:id:tamaokiyutaka:20210711000159j:plain

茶こしで濾して飲んでみる。

f:id:tamaokiyutaka:20210711000208j:plain

ほほう、爽やかな桜餅の香り。これはいいかも。

飲んでみると、紅茶やウーロン茶のような渋味があり、そしてローズティーにも華やかな負けない香り。なんだか体が温まってくる。

糞目当てにサクラケムシを探すというのも風流かもしれないね。昆虫茶道のブームがくるな。カリントウを添えたりしてね。

f:id:tamaokiyutaka:20210711000220j:plain

 

最後はバター焼きに醤油でどうだ。

f:id:tamaokiyutaka:20210711005923j:plain

わかりやすくうまい。

とある原住民が大事にしている食材をイケてる新鋭シェフがコラボで調理した最新の料理みたいな雰囲気がある。なんの食材と合わせるといいか、考えるのも楽しそうだ。

ということで、サクラケムシはお菓子にもオカズにもお茶にもなる素敵な食材だった。

でもやっぱり見た目に「ひー!」なので、自分で採って調理したからこそ食べてみようかなという食材かな。

年に一回くらい、季節を感じるために採りにいこうと思う。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

デストロイヤーというジャガイモが想像以上に覆面だった

 

 

 

ちょっと前に茨城県のオラソル農園にいって、デストロイヤーというジャガイモを購入してきました。

holasol2016.xsrv.jp

 

デストロイヤーというのは2000年に登録された新しいジャガイモの品種だそうです。

本名はグラウンドペチカで、出願時の名前が「ですとろいや」だったことから、デストロイヤーと呼ばれているとか。

花が紫色でかっこいい。

f:id:tamaokiyutaka:20210709010134j:plain

掘りました。

芋までも紫!

f:id:tamaokiyutaka:20210709010142j:plain

 

そして模様が顔っぽい。

顔というか覆面……。

は、デストロイヤーって覆面レスラーのザ・デストロイヤーなのか!!!

f:id:tamaokiyutaka:20210709010228j:plain

ja.wikipedia.org

 

洗うとさらに覆面レスラー!

デストロイヤー軍団参上!

f:id:tamaokiyutaka:20210709010249j:plain

こわーい。

f:id:tamaokiyutaka:20210709010308j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210709010330j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210709010335j:plain

 

ステーキに添えてみました。ソースはオラソル農園で一緒に購入したグリーンルバーブ。

なにやら睨んでいますね。

f:id:tamaokiyutaka:20210709010346j:plain

火を通すと、さらに怖い。

f:id:tamaokiyutaka:20210709010354j:plain

見た目はともかく、すごく美味しい芋です。

f:id:tamaokiyutaka:20210709010403j:plain

レンチンしてバターと塩で食べると最高でした。

f:id:tamaokiyutaka:20210709010412j:plain

以上です。

f:id:tamaokiyutaka:20210709010302j:plain


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:個人的ソウルフード探訪記:「ラーメンスタンドとん平食堂」の辛口ホルモンメン(茨城県龍ケ崎市)

 

 

 

こんにちは。「みんなのごはん」に寄稿しました。

r.gnavi.co.jp

個人的なソウルフードを教えていただきました。

f:id:tamaokiyutaka:20210708163700j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210708163705j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210708163710j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210708163715j:plain

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:ニラを遮光すれば黄ニラになるのか

 

 

 

こんにちは。デイリーポータルZに寄稿しました。

ニラです!

dailyportalz.jp

黄ニラ、美味しいですね。

f:id:tamaokiyutaka:20210705225625j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210705225634j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210705225646j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210705225659j:plain


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

高野丈さん講師の変形菌観察会にいってきた

 

 

変形菌の観察会に行ってきました。

講師は高野丈先生。

ikimononavi.com

変形菌、マクロ撮影された写真ではよくみますが、実物がどんなサイズ感なのか、わかっていなかったんですよ。講義+フィールドワークで、ちょっとその世界が見えてきました。

 

想像よりも小さく、とてもおもしろく、老眼がつらかった。ルーペ買おう。

 

ツツサカズキホコリ、キウツボホコリ、キミミズフクロホコリ、コシロジクキモジホコリなど。

カメラはコンデジのTG-6、一部は一眼レフに90㎜マクロレンズにて撮影。これが限界。

どうやるときれいな写真を撮れるんですかね。おっとこんなところ機材沼が。

f:id:tamaokiyutaka:20210702220350j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220434j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220426j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220341j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220445j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220452j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220534j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220516j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220526j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220545j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220555j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220654j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220617j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220638j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220630j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220646j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220704j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220713j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220725j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220739j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220745j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220828j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220811j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220819j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210702220843j:plain

以上、大変勉強になりました。

TG-6にリングライトと小さい三脚をつけると接写がそこそこできました。そこそこ。

ちなみに観察会の半分以上の方、カメラがTGシリーズでした。

※変形菌は食べてません。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

ササゲの漬物「酸豆角」をサヤインゲンで作ってみる

 

 

 

酸豆角がおいしかった

そろそろ季節なので、ササゲの漬物「酸豆角」をサヤインゲンで作ってみた昨年の記録です。

事の発端は「蓮香」という中国料理の店で「発芽大豆 ササゲ漬物 ひき肉炒め」がすごく美味しかったことだ。特にササゲの漬物の旨味が素晴らしい。

f:id:tamaokiyutaka:20210621175837j:plain

詳しくはこちら。

r.gnavi.co.jp

 

後日、一緒に行ったぶち猫先輩が、自分で漬けたササゲをくれた。

ササゲの漬物は「酸豆角」というそうだ。

f:id:tamaokiyutaka:20210621175854j:plain

ササゲって長いんですね。

f:id:tamaokiyutaka:20210621175909j:plain

ついでに発芽大豆もくれた。いいひと。

f:id:tamaokiyutaka:20210621175921j:plain

ということで、蓮香をイメージして作ってみる。

豚ひき肉、ニンニク、ショウガ、豆鼓を炒める。

f:id:tamaokiyutaka:20210621175935j:plain

塩抜きして刻んだ酸豆角と発芽大豆を入れて炒める。

f:id:tamaokiyutaka:20210621175942j:plain

紹興酒と醤油と青ネギと胡麻を加える。

正解の作り方はわからないけど。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180003j:plain

できた!

おいしい!

f:id:tamaokiyutaka:20210621180009j:plain

 

酸豆角をサヤインゲンで自作する

次は酸豆角を自作してみよう。

いくつかレシピを確認してみたところ、塩と花椒と水で漬けるようだ。

それではと肝心のササゲを買いに行こうかと思ったが、畑にあるサヤインゲンでいいかしら。しかも細長いドジョウインゲンじゃなくてモロッコインゲンだけど。

韓国冷麺をきしめんで作るくらい不安だな。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180020j:plain

まあいいか。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180026j:plain

水に塩適量(5%にしてみた)と花椒を数粒入れて沸かして冷ます。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180036j:plain

サヤインゲンを熱湯で茹でる。

30秒くらいでいいかなと思ったけどモタモタしていたら50秒経ってしまった。

でも太いからきっとちょうどいいはず。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180044j:plain

ザルで湯切りして、つけ汁にドボン。

タッパーみたいに空気と触れる面積が広い容器は剥いていないだろうなと気づいたが、適当な容器がないのでそのまま進める。

今思えばジップロックでもいいような。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180050j:plain

お願いだから腐らないでと願いを込めてアルコール添加(家にあった芋焼酎)。25度で意味があるのだろうか。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180056j:plain

フタをして常温で保管。ちなみに7月末の出来事です。

何日で仕上がるかなと期待半分不安半分で毎日眺めていたら、3日後には汁が白濁して、白い浮遊物がフワフワ浮き、酸っぱい匂いがしている。早い。

真夏日&熱帯夜の日々だと塩分濃度5%だと低かったかな。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180103j:plain

本来ならもう少し漬けるべきだろうが腐るとイヤなので、もういいことにする。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180112j:plain

この感じは腐っていない!

これは成功の予感!

f:id:tamaokiyutaka:20210621180124j:plain

美味しくできていた

さっそく食べてみましょう。

豚小間とサヤインゲンの酸豆角(軽く洗う程度の塩抜き)を同じくらいの大きさに切り、刻みニンニクと炒める。シンプルに攻める。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180152j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210621180200j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210621180209j:plain

うまい。

酸豆角の発酵由来の旨味をたっぷり含んだ塩気が最高。

ちゃんと酸豆角っぽくなっているぞ。

f:id:tamaokiyutaka:20210621180216j:plain

久しぶりに食べてもうまい

そして最近、手作り酸豆角が冷凍庫から発掘されたので、豚挽肉、ネギ、青唐辛子、トゥールダルの水煮(インド料理の練習をしていたので)と炒めてみる。

f:id:tamaokiyutaka:20210621183402j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210621180137j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210621180145j:plain

 

ということで、サヤインゲンでも酸豆角っぽいものは作れた。すごくうまい。

でも鞘が柔らかいので歯ごたえが弱いから、やっぱりササゲとかドジョウインゲンがいいんじゃないでしょうか。といいつつ畑には今年もモロッコインゲンしか植えてないんだけど。どっかでササゲを見かけたら試してみよう。

 

ちゃんとしたレシピは酒徒さんの記事とかを読んでください。

note.com

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:人生を盗まれない「ナリワイ」と正気を失わない「イドコロ」のつくり方を、モンゴルのゲルを畳みながら聞く

 

 

 

こんにちは。SUUMOタウンに寄稿しました。

伊藤洋志さんに仕事と居場所について聞きました。

見所は畳まれるコンパクトタイプのゲルと熱海の秘密基地的なアトリエです。

suumo.jp

f:id:tamaokiyutaka:20210610112732j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210610112738j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210610112743j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210610112748j:plain

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本