私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

寄稿:花オクラはオクラの花じゃないことを確かめる

 

 

 

暑いですね!

デイリーポータルZに記事を書きました!

dailyportalz.jp

f:id:tamaokiyutaka:20210830124925j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210830124932j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210830124938j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210830124943j:plain

よろしくにゃん。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

エリックサウスマサラダイナー「夏のモダンインディアンコース」の記録

 

 

 

もう夏も終わりですね。

8月某日、エリックサウスマサラダイナー「夏のモダンインディアンコース」をこっそり無言で食べてきたので、その記録です。

モダンインディアンコースについてはこちら。

r.gnavi.co.jp

お品書きの文章がパワーアップしていました。

このコースが食べられるのは8月いっぱいということで、アーカイブとして残しておきます。全編稲田節炸裂です。

 

ビターグレープフルーツホワイトエール

f:id:tamaokiyutaka:20210829233326j:plain

飲み物はご時世的にノンアルコールドリンクです。

f:id:tamaokiyutaka:20210829233337j:plain

夏らしく爽やかに苦うまい。

鱧の天ぷら

f:id:tamaokiyutaka:20210829233536j:plain

普通の塩や麺つゆではなく、スパイス塩で。

オクラ、ミョウガ、カレーリーフが添えられています。

f:id:tamaokiyutaka:20210829233558j:plain

 

ロティと甘いりんごバター

f:id:tamaokiyutaka:20210829234416j:plain

メニューにはないけど食べ放題。

 

夏野菜色々の石窯グリル マサラ・トンナート ジンジャーピックル

f:id:tamaokiyutaka:20210829233732j:plain

トンナート? ミーンプットゥ? 「あの」味わい?

説明文を呼んでも、全然わからないことが楽しい。わかった方が楽しいんだろうけど。

f:id:tamaokiyutaka:20210829233919j:plain

 

非加熱トマトラッサムの冷静カッペリーニ

f:id:tamaokiyutaka:20210829234059j:plain

カッペリーニ君がインドに引っ越したのか、ラッサムさんがイタリアに留学したのか。

現実には存在しないバックボーンを想像してしまう。

f:id:tamaokiyutaka:20210829234128j:plain

 

エリセリのムース ラルド タマリンド ナッティなコンディメンツ

f:id:tamaokiyutaka:20210829233941j:plain

「言葉の意味はよく分からんがとにかくすごい自信だ!(byキン肉マンの与作さん)」と言いたくなる解説。

インド料理ではまず使わない豚背脂の存在感がすごい。

f:id:tamaokiyutaka:20210829234004j:plain

私が知っているエリセリは、カボチャとアズキをココナッツなどと煮込んでテンパリングしたスパイスを加えたもの(他にもいろんなレシピがある)。これを知っていたおかげで、上の料理が確かに南インド料理をベースにしていることがわかって嬉しい。 

 

王様のマトンビリヤニ

f:id:tamaokiyutaka:20210829234827j:plain

説明文前半は4つ上の写真です。

文章の写りが読みづらくてすみません。諦めましょう。

バスマティライスの三倍の塊肉を使ったビリヤニが一人分ずつココットで登場。

f:id:tamaokiyutaka:20210829234517j:plain

ライタとカレーソース的なものが置かれた大皿に自分で移すと、見えていた肉が氷山の一角であることが判明。

肉がゴロゴロというか、ドサっと塊で鎮座している。

f:id:tamaokiyutaka:20210829234535j:plain

しっかりマトンらしい味なのに柔らかい。

ビリヤニは肉料理だぞという主張がすごい。

f:id:tamaokiyutaka:20210829234549j:plain

ビリヤニってなんだよという方はこちらをどうぞ。

dailyportalz.jp

 

わんこカレー

f:id:tamaokiyutaka:20210829234842j:plain

わんこカレーといっても、犬のカレーじゃないですよ。

デザート前にカレー食べ放題タイムがあるんだけど、もうお腹がいっぱい。でも食べたいので、サンバル&ライスをすごく少なめでいただいた。スペアの胃袋が欲しい。

 

チェリーとピスタチオの葛切りファルーダ

f:id:tamaokiyutaka:20210829234014j:plain

これが食べたくて来たといってもいい、オリジナルのファルーダ。

f:id:tamaokiyutaka:20210829234024j:plain

麺はジャパニーズスタイルと割り切った葛切り。

断面がきっちり四角いので、キリっとした印象。

f:id:tamaokiyutaka:20210829234030j:plain

甘いアイスの中に隠された甘くないチェリー。

f:id:tamaokiyutaka:20210829234039j:plain

ファルーダってなんだよという方はこちらをどうぞ。

dailyportalz.jp

 

今回も素敵でした。アラカルトだと自分じゃ頼まない料理や組み合わせが楽しい。

そしてコースの説明文、この倍以上の文章量があってもよかった。元となったオリジナルとそれを変えた意図をもっと知りたい。全体を通すコンセプトとか。

ビリヤニがおいしいのはもちろんだけど、個人的にはエリセリのムースがおもしろかった。

ちなみに9月からのコースはこちらだそうです。ヒュー!

報告は以上です!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:ヤフーからの復興支援として石巻に移住し、水産業の課題解決に取り組み、震災から10年が経った今も住み続ける理由

 

 

 

こんにちは。SUUMOタウンに寄稿しました。

おもしろいインタビューだと思います。

いろんな人がいて、いろんな住み方、働き方があるのだなと。

suumo.jp

見所は唐突に始める冷麺作りです。

f:id:tamaokiyutaka:20210824125008j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210824125013j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210824125020j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210824125027j:plain
よろしくお願いいたします!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:生ハーブと魚醤が香る「旧フランス領インドシナ料理」を習ってきた

 

 

 

こんにちは。夏。

「みんなのごはん」に寄稿しました。ジャングルクルーズの船長による料理教室みたいな体験記です。

生タマリンドとかコブミカンの葉とか、謎食材の使い方がおもしろかったです。

r.gnavi.co.jp

f:id:tamaokiyutaka:20210818150257j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210818150303j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210818150309j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210818150316j:plain

よろしくにゃん。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:ほやの魚醤「ほやンプラー」は臭くない、すごくうまい

 

 

 

久しぶりにホヤ関係の記事ですよ。

dailyportalz.jp

よろしくお願いいたします!

f:id:tamaokiyutaka:20210804001548j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210804001553j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210804001557j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210804001602j:plain

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

土用の丑の日はウシガエル釣りとかどうでしょう

 

 

 

ウのつく食べ物はウシガエル

土用の丑の日、ウがつく食べ物を食べるといいそうです。

じゃあ……ウシガエルですかね。

f:id:tamaokiyutaka:20210728120731j:plain

ウシガエル釣りの道具

竿はなんでもいいです。

現地で竹の棒を拾うと雰囲気がでます。

f:id:tamaokiyutaka:20210728120520j:plain

先にどうにかしてサルカンなどを縛り付けておいてください。

f:id:tamaokiyutaka:20210728120647j:plain

が、竿が伸び縮みしたり二つに分かれたり(移動が多いので)、リールがついたりすると(足場が高い場合もある)、やっぱり使いやすいです。硬い竿でどうぞ。

f:id:tamaokiyutaka:20210728120534j:plain

 

持ち物は、ヘッドライト、ハリ、ハサミ、ナイフ、エサ入れ、小型クーラーボックス、飲み物、虫よけ、タオルなど。

※これは同行者で私ではない人です。

f:id:tamaokiyutaka:20210728120714j:plain

 

糸はナイロンとかフロロカーボンの5号前後とかでしょうか。細いより太い方がいいかと。ハリの上に蛍光のゴム管とかビーズをつけておくと、暗闇でも見やすいです。なきゃないで。

エサは現地調達のバッタとかイナゴとかミミズとか。

f:id:tamaokiyutaka:20210728120846j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728120856j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728120913j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728120920j:plain

虫が苦手だったら(そういう人がカエル釣りをするのかは謎ですが)、お花をルアーにしてもどうにかなります。

f:id:tamaokiyutaka:20210728120929j:plain

 

場所は護岸が安全な川とか池とか、釣りが禁止されていない場所でどうぞ。

味は水の臭さに比例するので、できるだけ水がきれいなところで。

今回の場所は「外来種を釣り上げた場合は持ち帰りましょう」ということで、どんとこい。

f:id:tamaokiyutaka:20210728120745j:plain

 

昼間だと逃げられることが多いので、基本的に夜釣りが楽です。暑いしね。

がんばって目視で探します。

ライトで照らしても意外と逃げません。でも近づきすぎると逃げられます。

f:id:tamaokiyutaka:20210728120815j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728120837j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728120950j:plain

ウシガエルの釣り方 

目の前でハリにつけたエサをフラフラさせます。

するとガブっとくるので、一瞬待ってから上げます。

食いつくまで時間が掛かることも多いです。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121016j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121022j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121033j:plain

 

楽しいですね。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121048j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121056j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121302j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121310j:plain

 

楽しいですよ。

※これは同行者で私ではない人です。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121134j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121143j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121206j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121114j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728124755j:plain

 

持ち方はこうですかね。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121122j:plain

 

オタマジャクシは食べたことないです。あるかも。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121239j:plain

ウシガエルを食べるモクズガニが力強かったです。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121248j:plain

持ち帰り方と食べ方

ウシガエルは生きたままの移動が禁止されている外来種なので、釣ったらその場で締めてください。

後頭部からナイフで延髄を切断。この状態でもジャンプして逃げるので気を付けて。何らかの袋に入れてから保冷剤を入れたクーラーボックスへ。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121702j:plain

 

帰宅したらすぐ洗います。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121717j:plain

ひっくりかえる。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121726j:plain

メゴチ方式でさばいています。

切った延髄の所を包丁の裏で押さえつけて、頭を足側に引っ張って脱がします。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121734j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121744j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121752j:plain

内臓に近い部分は臭みがあるし食べるところがあまりないので、下半身だけにします。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121803j:plain

 

あとはお好きに。

唐揚げとか。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121809j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210728121817j:plain

プリプリでうまい。

f:id:tamaokiyutaka:20210728121824j:plain

 

ストロングなウシガエルで作るビーフストロガノフ、ビーフストロガエルとか。

f:id:tamaokiyutaka:20210728124735j:plain

 

なんて偉そうに書きましたが、誰でも簡単にできると思います。オススメはしませんが。

初めてウシガエルを釣った初々しい話は、同人誌「捕まえて食べたい」でどうぞ。

blog.hyouhon.com

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

琵琶湖の小鮎を取り寄せてみた

 

 

 

暑いですね。

あー、琵琶湖に行きたい。

ということで、通販で琵琶湖の小鮎を取り寄せてみました。

※稚鮎じゃなくて小鮎でした。

f:id:tamaokiyutaka:20210726130630j:plain

 

ピッカピカ。

稚鮎は鮎の稚魚ですが、清流ではなく琵琶湖で育つと大きくならず、ワカサギみたいな大きさのまま成熟するので小鮎。

f:id:tamaokiyutaka:20210726130638j:plain

※注文受付停止※

商品名:琵琶湖産【天然】小鮎 稚鮎子鮎とも 
分量:500g
生産者:中村清作さん

poke-m.com

 

小鮎って内臓を出して調理するのかな。

とりあえず洗ってそのまま天婦羅で。

少量で満足できる、しっかりとほろ苦い独特の味。

f:id:tamaokiyutaka:20210726130814j:plain

 

内臓を抜いて。

それでも程良くほろ苦い。

天婦羅なら一食あたり5匹くらいがちょうどいいのかな。

f:id:tamaokiyutaka:20210726130827j:plain

 

まだたくさんあるので、丸ごと焼いてみる。

f:id:tamaokiyutaka:20210726130918j:plain

シンプルに醤油で。

香ばしさが加わることで苦味が気にならなくなる。しみじみ。

f:id:tamaokiyutaka:20210726130929j:plain

出汁をとってまた鮎ラーメンにしてもよかったかな。

www.seimen.club

 

残りは丸ごと素揚げして南蛮漬けに。

苦味のピーマンと辛味のタマネギと食べることで、味のバランスが良くなった。

f:id:tamaokiyutaka:20210726130939j:plain

 

美味しかったけれど、琵琶湖の小鮎はもっと美味しい食材のような気がする。

現地の鮮度で、現地の料理法で食べてみたいという想いが強まったので、やっぱり琵琶湖に行きたい。

楽しみにしてるビワマスは現地で食べようかな。といいつつ取り寄せてしまいそうな気もする。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本