私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

南方中華料理 南三(みなみ)@荒木町(四谷三丁目) 備忘録

 

 

 

南方中華料理 南三(みなみ)にいったので、その記録です。

荒木町ってかっこいい街ですね。

f:id:tamaokiyutaka:20201030004804j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201030004826j:plain

 

ドリンク。

f:id:tamaokiyutaka:20201030004926j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201030004952j:plain

 

料理はコースのみ。メニューなし。そして友人に誘われたので事前調査なし。

以下の説明は記憶なので、間違いがあるかも。

 

前菜盛り合わせ。

f:id:tamaokiyutaka:20201030004857j:plain

各自一本あるマイトングでお取り分け。

f:id:tamaokiyutaka:20201030011212j:plain

 

よだれ鶏的な、よだれ鰹。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005015j:plain

台湾風牡蠣オムレツ。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005039j:plain

皮蛋醤茄子(ピータン醤ナス)。

ピータンで作ったタレの下に皮を剥かれたナスが入っている。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005105j:plain

香草で和えたカマスの刺身的なもの。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005130j:plain

酔っ払いボタンエビと落花生。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005149j:plain

カボチャと鹹鴨蛋(アヒル卵の塩漬け)の炒め物。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005218j:plain

 

深漬レモンサワー。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005240j:plain

 

ウイグルソーセージ、大腸にネギを突っ込んで焼いたもの(豚?)、アヒルの舌。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005312j:plain

 

オカワカメと黄ニラとシラス。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005348j:plain

オカワカメ、育てるだけ育ててあまり食べていないけれど、こうやって食べるといいのか。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005413j:plain

 

サンマとヒラタケの春巻き。今年はじめてサンマを食べる。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005440j:plain

 

ハモとズッキーニのフリッター、発酵トマトソース。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005513j:plain

 

牛タンとポルチーニのバナナリーフ包み。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005550j:plain

上のニョロニョロクニクニしたもの、何かと思ったら冬虫夏草とのこと。

ヒラタケ、トリュフなどキノコがたくさん。牛タンが柔らかい。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005626j:plain

 

鮭と松茸の炒飯、酔っ払いイクラ掛け。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005715j:plain

松茸!

f:id:tamaokiyutaka:20201030005749j:plain

 

無花果(イチジク)のシャーベット、桃の樹液、杏仁豆腐のデザート。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005830j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201030005910j:plain

 

桃の樹液ってなんだろうね。

桃のジュースをゼラチンで固めて樹液のようにしたもの?

なんて思っていたら、「桃胶・桃膠(とうきょう)」という食材があるんですね。

樹液そのままだ。どっかで採れないかな。桜の樹液じゃだめかな。

新しい課題が見つかって嬉しいよ。

お茶。

f:id:tamaokiyutaka:20201030005938j:plain

ということで、ごちそうさまでした!

 

作り方がまったくわからない料理ばかりだったので、ここの店主や蓮香の小山内さんが書かれた「ハーブ中華・発酵中華・スパイス中華: 中国少数民族料理」を買いました。

f:id:tamaokiyutaka:20201030145658j:plain

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

ハーベストミルフィーユサンドを作ってみた

 

 

 

ツイッターに流れてきたおいしそうな料理をそのまま作るマン参上!

今回はハーベストミルフィーユサンド。

 

公式レシピをそのまま作るぜ!

って思ったんだけど、買ってきたハーベストが「バタートースト」じゃなくて、「焦がしキャラメル」と「スイートポテト」だな。あれ?

f:id:tamaokiyutaka:20201028023926j:plain

 

はい、そのまま気にせず水切りヨーグルトを作ります。

というかハーベストの味の指定があったのに、ブログを書いている今、気が付いたんですね。

 

水切りヨーグルトの作り方は、リードのクッキングペーパーを二重にして、プレーンヨーグルトをザルの上にあけて、ボールの上に置いておけばいいかな。

さてどれくらい水切りするべきですかね。

f:id:tamaokiyutaka:20201028023943j:plain

 

4時間くらいでいいかなと思いつつ8時間ほど放置して、巾着のようにしてキュっと軽く絞って、取り出してみた。

450グラムのヨーグルトが181グラムに。

ちょうどいい感じだけど、半分以下に減って悲しい。

なので乳清(出た汁)一気飲み。ホエ~。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024003j:plain

 

これをハーベストに塗っていく。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024022j:plain

 

適当に塗って、もう一枚のハーベストを乗せて、押し付けてクリームを平らにする。

たまに割れるけど大丈夫。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024039j:plain

 

重ねていく作業、楽しいね。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024110j:plain

 

小袋二つ(8枚)でこの高さ。

食べやすいのはくれくらいだろうか。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024128j:plain

 

レシピだと「ラップで包んで数時間寝かせる」とあるけれど、それは何時間なんだろう。

三時間でどうだ。

おや、しっとりいい感じ。

ということで歓声です。わー。

いや完成です。わー。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024323j:plain

 

それにしても、これどうやって食べるんだろう。

丸かじりが正解なのか。

包丁でサックリ切れたりするのかな。

あ、切れた!

f:id:tamaokiyutaka:20201028024348j:plain

食べてみると、しっとりしていておいしい。

なるほど、ハーベストのミルフィーユサンドだ。

もう少しサクサク感が残っていてもいいかもね。

無糖ヨーグルトなので、甘さが控えめでいい感じ。

 

といいつつ、無糖のヨーグルトだと酸味だけで甘味がないので、砂糖とメープルシロップを掛けてしまう隠れ甘党。

甘くておいしー。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024556j:plain

メープルシロップだとヨーグルトの酸味とちょっと喧嘩するので、ストレートに甘い砂糖の方がいいかな。

 

ということで、白いお砂糖を多めに溶かしたヨーグルトでもういっちょ。

今度は外側にもしっかりと塗りましょうか。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024200j:plain

 

パテシエになったみたいで楽しい。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024219j:plain

 

はい、できた。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024250j:plain

 

かっこいい。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024447j:plain

 

ヨーグルトクリームが甘くておいしー。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024505j:plain

 

そこにメープルシロップをかけちゃおう。

とっても甘くておいしー。

f:id:tamaokiyutaka:20201028024656j:plain

 

「焦がしキャラメル」と「スイートポテト」、どっちもおいしかったですが、正解はきっと「バタートースト」なんでしょうね。

 

甘さ控えめがいい人は、プレーンヨーグルトでレシピそのままに。

甘さ多めがいい人は、プレーンヨーグルトを加糖にしたり、ジャムやヨーグルトソースを挟んだり、ドバドバと甘いものを掛けたりするといいかもね。

 

現場からは以上です。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

毒キノコのツキヨタケが発光するのを確認してみたい

 

 

 

ツキヨタケっていう毒キノコは、暗闇でぼんやりと光るらしいですよ。

佐渡の写真家の伊藤ヨシユキさんの作品がこちら。

 

かっこいいですね。

ただし佐渡では食中毒が起きているらしいですが。

 

で、東北の某所でツキヨタケらしきキノコを発見。

すごいたくさんあったんですよ。

そりゃ食べてみようかなという人もいるよね。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205436j:plain

 

表面は茶色くてちょっと固い感じ。

付け根は黒い。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205451j:plain

裏だけ見るとおいしそう。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205503j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201021205512j:plain

 

小振りのおいしそうなサイズも。

この大きさでも毒ですよ。 

f:id:tamaokiyutaka:20201021205530j:plain

シイタケと間違える人もいるかもね。

実物を見ると違うんだけどね。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205542j:plain

うまそー。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205603j:plain

 

割ったときに、付け根部分に黒いシミがあるのが、典型的なツキヨタケの特徴。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205617j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201021205629j:plain

といっても典型的な特徴が必ず現れるということもなく、シミがよくわからない個体もあったりしてね。

f:id:tamaokiyutaka:20201021210755j:plain

 

なので、全体的な雰囲気で覚える。

怪しいなと思ったら食べない。 

f:id:tamaokiyutaka:20201021205656j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201021205711j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201021205722j:plain

ツキヨタケの幼菌かな。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205646j:plain

 

同じエリアに生えていたムキタケ。

これは食べられるやつ。

似ているといえば似ているかな。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205739j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201021205753j:plain

表皮がやわらかくて、「ムキタケ」の名の通りに剥ける。ペロン。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205804j:plain

個体差もあるけれどツキヨタケよりもジューシー。

f:id:tamaokiyutaka:20201021210432j:plain

 

で、ツキヨタケが暗闇で光るのを確認したかったのですが、熊のウンコがそこらじゅうにある森の中で、夜を待つのは無理。

そこで持ち帰って観察してみることにした。

 

採ってから10時間後、さて光るかな。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205834j:plain

 

電気を消す。

おおお、肉眼でもなんとなく光っている!

実物はこのくらいの発光量かな。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205847j:plain

 

撮影の設定や画像処理などで、こんな感じになりました。

一番左の小さい白いのは、光らないからツキヨタケじゃないですね。

白い溶菌がよく光るみたい。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205856j:plain

 

表側もチェック。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205907j:plain

こっち側は光らず。白い部分が光るのね。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205918j:plain

 

適当にカット。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205930j:plain

断面も良く光る。

f:id:tamaokiyutaka:20201021205941j:plain

ということで、食中毒に気を付けましょう。

来年は佐渡の森で、ツキヨタケの観察をしようかな。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

料理好きが愛用する「フライパン」教えてもらいました【 #推しキッチン用品 第1回】に寄稿しました

 

 

 

こんにちは。

こちらの企画に参加しました!大きいことはいいことです! 

料理好きが愛用する「フライパン」教えてもらいました【 #推しキッチン用品 第1回】

srdk.rakuten.jp

f:id:tamaokiyutaka:20201021111012j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201021111248j:plain

餃子が上手に焼けました。

よろしくお願いいたします。

 

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

メルカリマガジンで、怪魚ハンター・小塚拓矢さんにインタビューしました

 

 

 

こんばんは。

メルカリマガジンで『世界を駆け巡る怪魚ハンター・小塚拓矢「ルールは縛られるものではなく、作って遊ぶもの」』というインタビューをしました。

カメラマンは製麺機写真でおなじみのオカダタカオ大先生です。さすが。

magazine.mercari.com

 

この倍以上載せたいエピソードがあったのですが、今回は現在の考え方や暮らしぶりがメインということで。いずれどこかでフルサイズ版を載せられたらいいですね。

以下、撮影のオフショットです。

f:id:tamaokiyutaka:20201014213613j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201014213623j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201014213556j:plain

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

豪徳寺の新店「OLD NEPAL」で、ネパール料理のカジャ(軽食)とカナ(ダルバード)を学ぶ旅

 

 

 

こんにちは。

豪徳寺の新店「OLD NEPAL」で、ネパール料理のカジャ(軽食)とカナ(ダルバード)を学ぶ旅をしてきました。

r.gnavi.co.jp

f:id:tamaokiyutaka:20201014212853j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201014212911j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201014212930j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201014212959j:plain

こういう料理をサラッと作れるようになりたいですね。

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

特製麺棒付き!山田うどんの手打ちキットを試してみた

 

 

 

デイリーポータルZ18周年おめでとうございます!

そんな記念日の記事テーマが「棒」ということで、「特製麺棒付き!山田うどんの手打ちキットを試してみた」を寄稿しました。

棒、かわいい。

dailyportalz.jp

f:id:tamaokiyutaka:20201007130358j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201007130412j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20201007130426j:plain

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本