私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

寄稿:日本在来種のヘーゼルナッツは小さいけどおいしかった

 

 

 

こんにちは。デイリーポータルZに寄稿しました。

dailyportalz.jp

f:id:tamaokiyutaka:20211122120057j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20211122120104j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20211122120112j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20211122120139j:plain

久しぶりの食材探し、楽しかったです。

よろしくおねがいします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

急ですが「作ろう!南インドの定食ミールス」という同人誌を作りました

こんにちは。

いきなりですが、「作ろう!南インドの定食ミールス」という同人誌を作りました。

f:id:tamaokiyutaka:20211111162258j:plain

ちなみに後ろ側はコミック版です。

f:id:tamaokiyutaka:20211109172918j:plain

 

詳しくはこちら!

www.seimen.club

よろしくお願い申し上げます。

寄稿:南インド・チェティナード料理の「スリマンガラム」は、朝のティファンも昼のミールスも夜のディナーも現地感がすごかった

「みんなのごはん」に寄稿しました!

r.gnavi.co.jp

モーニングティファンが特におすすめ!

f:id:tamaokiyutaka:20211119144133j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20211119144138j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20211119144157j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20211119144229j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20211119144237j:plain

よろしくお願い申し上げます。

寄稿:茨城県の実家でテイクアウトの南インド料理店を開いて、インド人に間違われながらゆるく生きています

 

 

 

こんにちは。ネットの良心ことSUUMOに寄稿しました。

suumo.jp

マサラワーラーの鹿島さん、おもしろい人でした。

f:id:tamaokiyutaka:20210929211951j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210929212555j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210929213032j:plain

↓この写真とその経緯が最高。

f:id:tamaokiyutaka:20210930211825j:plain

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:今さらだけど和食ってすごい。新橋の「割烹 山路」で、お任せコースだからこその季節料理を味わう

 

 

 

「みんなのごはん」に寄稿しました!

諸事情で取材も執筆も去年なのですが、読み返したらまたすぐいきたくなりました。

r.gnavi.co.jp

いきたい、いきたい。

f:id:tamaokiyutaka:20210929173255j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210929173259j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210929173301j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210929173304j:plain

よろしくお願いいたします。




※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

ザリガニの背ワタを抜いておいしく食べる方法を試す

 

 

 

近所にザリガニがたくさんいたので、捕りにいきました。

生きた状態で背ワタを抜くと、泥臭くないとエビデンスを聞いたので、試してみたいんですよ。

……ザリガニのエビデンス。

 

はい、捕れました。

数は多いけど、サイズがちょっと小さかった。

数が多すぎるとエサが足らなくなって大きくならない法則かな。

f:id:tamaokiyutaka:20210924212652j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210924212655j:plain

 

とりあえず水槽で泥抜き。

絶食となるが共食いはしないように口頭で強めに注意する。

わずか数日の泥抜きに意味があるのかは謎。

f:id:tamaokiyutaka:20210924212658j:plain

 

三日後。

食べましょう。

f:id:tamaokiyutaka:20210924212713j:plain

 

水洗いして、両方のはさみを抑えて、押し付けるように持ちます。

f:id:tamaokiyutaka:20210924212753j:plain

 

尾びれが三つに分かれているので、その真ん中を引っ張ると、背ワタが抜けるらしいんですよ。

f:id:tamaokiyutaka:20210924212804j:plain

 

えい!

あ、失敗。切れてしまった。

でも背ワタが出ているな。

f:id:tamaokiyutaka:20210924212814j:plain

 

ちょっと出た背ワタを引っ張ると、でた!

なるほど。

f:id:tamaokiyutaka:20210924212828j:plain

 

数日泥抜きをしたので、すごく泥が詰まった背ワタという訳でもないが、安心して食べられる感がとても増す。

茹でてから取ろうとすると身がボロボロになるし、茹でている最中に背ワタの匂いが移りそうだし、この方法がベストなんだろうな。抜けると気持ちがいいし。

なれると切れずにヌルっと抜ける。

f:id:tamaokiyutaka:20210924212844j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210924212857j:plain

 

植木鉢からとってきたローズマリーと塩少々を入れたお湯で茹でましょう。

f:id:tamaokiyutaka:20210924213030j:plain

 

赤い。

f:id:tamaokiyutaka:20210924213059j:plain

 

殻をむくと、すごくエビ!

f:id:tamaokiyutaka:20210924213131j:plain

 

プリっとしている!

食べると甘みが強い!

カニっぽい肉質!おいしい!

でも食べるところが少ない!

f:id:tamaokiyutaka:20210924213147j:plain

 

もちろん背ワタはなし!

f:id:tamaokiyutaka:20210924213209j:plain

甲羅についた泥が浮き出てちょっと微妙な感じなので、殻は料理に使えないかな。

でも身はおいしかったです。次はもうちょっときれいなところで大きいのを探して、タワシでよく洗ってから食べて、殻もソースなどに利用してみよう。

背ワタを抜くスキルが身についたので、これでピンチの時も大丈夫だ。

久しぶりにザリガニに何回も挟まれて、ちょっと懐かしくてニヤニヤしてしまった。

 

同人誌『捕まえて食べたい』もよろしく!

blog.hyouhon.com

 

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

寄稿:かんすいの代わりに木灰を使う、伝統製法の沖縄そばを自作したい

 

 

 

こんにちは。久しぶりに製麺の研究をしました。

化学の実験みたいでおもしろかったです。

dailyportalz.jp

f:id:tamaokiyutaka:20210924104810j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210924104813j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210924104816j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20210924104818j:plain

よろしくお願いいたします。


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本