私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

「日本の中のインド亜大陸食紀行」小林真樹を購入しました

// 先日、ビリヤニの記事を書いた際にインタビューさせていただいた、アジアハンター代表の小林真樹さんの本、「日本の中のインド亜大陸食紀行」を購入した。 日本の中のインド亜大陸食紀行 作者: 小林真樹 出版社/メーカー: 阿佐ヶ谷書院 発売日: 2019/05/1…

水を買うべきか問題とウイスキーのホット麦茶割

// 飲み物からカフェインと糖分をなるべく取らないようにすると、おのずと選択肢が狭められる。 今日は飲み物が数種類しかない売店で、ノンカフェイン、ノンシュガーのドリンクが、「水」だけだった。 水かー。 いや、食べ物で十分カロリーや栄養は採れてい…

カフェインレス生活ということで、こんなものを飲みました。

// 先日以来、飲み物からカフェインと糖分を摂取するのを当分やめてみようという活動を個人的に始めた。思想的なものではなく、単なる体調管理の一環だ。あと興味本位。 blog.hyouhon.com で、このブログを書いたその日の夜、飲んだのがこれである。 なんと…

飲み物からカフェインと糖分を摂取するのを糖分やめてみよう

// コーヒーが好きだ。ちょっとした移動の途中などに、コンビニやパーキングのちょっと高い紙コップで出てくる自販機で買うコーヒーが一番うまいと思う。 コーラが好きだ。ちょっと疲れた時とか、甘すぎるよと思いつつ飲むシュワシュワした炭酸に勝る栄養は…

モラトリアムが終わらない

// ※フィクション 学生時代の友人で、今も連絡を取り合う唯一の存在と会ってきた。 彼はちょっと遠いところに住んでいるため、会うのは2年ぶりくらいだろうか。上京した時に、タイミングが合えばなるべく会おうという感じの距離感。 なぜかテラスの池に、人…

ビリヤニって何ですか?」と詳しい3人に聞いてみた の補足

// ビリヤニについて調べた記事を書いたら、ものすごく長くなりました。 dailyportalz.jp 本当は自分でも調理してみたかったんですが、さすがに書ききれないのでまたの機会に! なんだか記事が長くなる呪いが掛かっています。 本文に書ききれなかったんです…

「でも、こぼれた」を文学フリマで購入してきた

// 何度か出展したことのある文学フリマ(文学中心の同人誌即売会)に、今回は一般客として参加してきた。 ゴールデンウィーク最終日の羽田空港へと向かうモノレールに乗り、午前11時の開場時間よりちょっと前に会場へと到着すると、細い廊下に折り返しが必…

ケララの風モーニングで、ケララ州のビリヤニ・マラバールの作り方を見学する

// ビリヤニ・マラバールの作り方を見学する会 大森にある「ケララの風モーニング(旧:ケララの風II)」で、店主の沼尻さん主催によるケララ州のビリヤニ・マラバールの作り方を見学する会に参加してきた。 インドには各地方に「ご当地ビリヤニ」とでもいう…

ユーチューバー(YouTuber)になれない理由

// たまにこんなことを言われます。 「YouTubeやらないんですか?なりましょうよ、YouTuber」 おー、ユーチューブね。 自分がパソコンで動画を見る習慣がないので、なろうと思わないんですけど、時代的にはライターよりもユーチューバーなんですかね。 でも…

平成最後の「ありがとう」

// 「ありがとう」を受け取った 2019年4月30日、23時30分頃。小雨。 所用の帰りに夜中の24時まで営業しているスーパーへ寄った。ゴールデンウィーク中も通常通りに営業していてありがたい。たまには休めばいいのにと思うけど。 買ったのは缶ビール(風のお酒…

横須賀のローカル名物「ポテチパン」を食べ歩いた

// 横須賀でポテチパンを食べてきたよ こんにちは。ゴールデンウィークは連休ですか。 ぐるなび「みんなのごはん」で、「ポテチパン」を特集しました。 ポテチをマヨネーズと和えてパンに挟んだ食べ物が横須賀にはありました。しかも何軒も。そしてポテチパ…

潮干狩りで採れるホンビノスはホイル焼きがおいしいよ

// ホンビノスはホイル焼きにするとおいしい ちょっと潮干狩りに行ってきました。 アサリよりも多いのがホンビノス。外来種の大きな貝ですね。最近は船橋あたりが名産品として売り出したりもしています。 ハマグリとかバカガイと違って、殻の色が灰色で地味…

干潟のホヤ、シロボヤの味はちゃんとホヤだった

// 三番瀬のシロボヤを食べてみる実験 そろそろホヤ本番の季節ですね。 ホヤ、ご存知でしょうか。マボヤ。日本では三陸の海などに生息していて、宮城県などでは盛んに養殖をしています。東日本大震災の津波で壊滅的なダメージを受けましたが、どうにか復活を…

アミガサタケが生えてこないので別のものを食べた

タイトルのままである。あー。 毎年、桜が咲くころからアミガサタケ探しをしていて、数日分のおかずくらいは採っていたのだが、今年はなんとゼロ。いや某取材でちょっと見つけたけど、それは案内された場所なのでノーカウントだ。自分で探し当てた近所の秘密…

柿、食用菊、ヨモギの新芽を天婦羅で食べてみた

// 柿の葉って食べられるの? 今年は山菜摘みにいけるかなー、いけなそうだなー、なんて悶々としながらツイッターをぼんやりと眺めていたら、中京地区在住の友人が変なものを食べていた。 庭に生えてる柿の葉をもいでてんぷらにして食べた。美味しかった。 —…

富山湾の光る宝石、ホタルイカを捕まえたい 2018-2019

こんにちは。春といえばホタルイカの時期ですね。 ということで、こんな記事を書きました。 dailyportalz.jp ホタルイカの身投げ、それも爆沸きを見てみたくて、昨年と今年で富山まで4回通った記録です。 結論から言うと爆沸きの状態になるのは、年に1~2…

歯医者からの電話

先日の夕方、取材中の合間に携帯電話を確認すると、着信履歴があった。 発信元は通っている歯医者である。 現在進行形の虫歯があるというわけではないのだが、3か月に一回、定期検査で歯科衛生士さんに同じ部分の歯茎の写真を撮られて一喜一憂させられたり…

初めての「船釣り」入門! 持ち物は? 服装は? 初心者の釣りデビューに密着

こんばんは、ゆるゆる釣り部です! っていうボケはどこの世代まで通じるんですかね。 釣り初心者の女性(担当編集)が釣りをしてみたいというので、荒川屋のライトアジでそっと見守ったレポートです。釣れてよかった!そして料理付きプラン最高! kakakumag.…

同じ価格なら何本入りのバナナがお得だろう

こんにちは。 デイリーポータルZのエイプリルフール記事として、こちらを書きました。 dailyportalz.jp タイトルのままですが、買うときに迷いませんか? エイプリルフールネタといいつつ、これだけだと何も嘘がないんですが、4/1はテキストなしで画像だけ表…

イブニング「めしにしましょう」の焼きそばレシピについて

こんにちは。 イブニングに連載している小林銅蟲さんの「めしにしましょう」の自家製麺焼きそばの話は、こっちを読んでね。 www.seimen.club よろしくお願いします。 ※ちょっと買い物しませんか※ ? //

小泉武夫さんの「猟師の肉は腐らない」が良い

皆さん大好きな発酵学者の小泉武夫さん。 著作は多々あり、そこに登場したホンオフェをマネさせていただいたりと大変影響を受けている方なのですが、この「猟師の肉は腐らない」がそりゃもうよかったです。 猟師の肉は腐らない (新潮文庫) 作者: 小泉武夫 出…

高野秀行さんの「辺境メシ ヤバそうだから食べてみた」は良い本です

昨年読んで、「おおお、すごくうらやましいけどマネできないやつだ!」って一番思った本が、高野秀行さんの「辺境メシ ヤバそうだから食べてみた」です。 辺境メシ ヤバそうだから食べてみた 作者: 高野秀行 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/10/25 …

「ぼくの市場は『森』と『川』”奇跡の料理店”食味歳時記」が届きました

こんにちは。そろそろ山菜の時期ですね。 アミガサタケがなかなか見つけられなくて意気消沈していると、一冊の本が届きました。 ぼくの市場は『森』と『川』?奇跡の料理店?食味歳時記 (野草・山菜・川魚・キノコ・ジビエ) 作者: 戸門剛 出版社/メーカー: つ…

「新世紀食糧記ムシグルメン マイマイと人類虫食計画」がすごい

こんにちは。「虫とか食べるんですか?」とたまに聞かれます。答えは秘密です。 さてPHP研究所から出ている「新世紀食糧記ムシグルメン マイマイと人類虫食計画」という本に、ちょっと写真提供しました。 なんというか、PHPから子供向けの虫食い本が出るって…

「むぎくらべ」は国内産の麦にこだわった麺やパンを週替わりで味わえる

こんにちは。 麦のアンテナショップというのが都内にありました! r.gnavi.co.jp よろしくお願いいたします。 ※ちょっと買い物しませんか※ ? //

もしインドに生魚を食べる習慣があったら…!? 渋谷の南インド料理を独自進化させたエリックサウス・マサラダイナーのモダンインディアン

こんにちは。 エリックサウス・マサラダイナーのモダンインディアンという情報量の多いコースのレポートを書きました! r.gnavi.co.jp 取材先の伝えたい気持ちと、こちらの知りたいという欲求が、うまくスイングしたかなと思います。あとTムラさんの怨念と…

ぶち猫さんの「日々をたのしむ器と料理」

突然おせちをごちそうになったり、製麺本の原稿や写真をお願いしたり、なんやかんやで大変お世話になっているぶち猫さんが、「日々をたのしむ器と料理」という本を出された。なのでアフィリエイトリンクを張っておく。みんな、買おう。 一番の読みどころは、…

うどんの多様性を食べ歩く

うどんライターの井上こんさんのナビゲートで、脱サラ組モチ系(ばっかりなのは偶然)の多様なうどんを食べ歩きました。 うどんの多様性を食べ歩く~東急沿線さんぽ dailyportalz.jp よろしくお願いいたします! ※ちょっと買い物しませんか※ ? //

佐渡島の「羽茂まつり」は最高だった!

※『地球のココロ』というクローズしたサイトで、2014年9月20日に掲載した記事の転載です。 ほのぼのとしているけれど唯一無二の奇祭という呼び声も高い、佐渡島南部の「羽茂まつり」を見にいってきた。 佐渡島南部の「羽茂まつり」を見に行きました 日付がだ…

佐渡島のブックフェス、本の中に迷い込む「HELLO! BOOKS 」

※『地球のココロ』というクローズしたサイトで、2014年8月11日に掲載した記事の転載です。 詩人の谷川俊太郎さんを招いた本のフェスティバルが佐渡島で行われた。その実行委員長は(自称)普通の主婦だとか。なかなかたどり着けない山の中の廃校のイベントの…

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本