私的標本:捕まえて食べる

玉置標本によるブログ『私的標本』です。 捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

干潟のホヤ、シロボヤの味はちゃんとホヤだった

 

 

 

三番瀬のシロボヤを食べてみる実験

そろそろホヤ本番の季節ですね。

ホヤ、ご存知でしょうか。マボヤ。日本では三陸の海などに生息していて、宮城県などでは盛んに養殖をしています。東日本大震災の津波で壊滅的なダメージを受けましたが、どうにか復活をして生産量が戻ったにもかかわらず、主な輸出先だった韓国が未だに輸入禁止の措置をしているため、売り先がないという状態のようです。

食べましょうよ、ホヤ。

f:id:tamaokiyutaka:20190422123858j:plain

美味しいホヤはすごくおいしいですよ。

f:id:tamaokiyutaka:20190422123901j:plain

 

で、今日の本題は別の話です。

先日、三番瀬という東京湾奥にある干潟に行ってきました。

そこで見つけたのがこちらです。

f:id:tamaokiyutaka:20190422123914j:plain

ホヤの仲間であるシロボヤ。

干潟に行くとよく見かけます。

富永一朗先生の描く、おばあちゃんみたいです。

f:id:tamaokiyutaka:20190422123926j:plain

これからが旬のホヤ(マボヤ)が大好きなんですが、うちの近所だとなかなか鮮度の良いものが買えません。

ならシロボヤを食べればいいじゃない、っていう話にならないですかね。

数年前の私なら、わざわざ食べようとは思わなかったと思いますが、ホヤの捌き方や食べ方を学習した今なら、おいしく食べられるような気がします。

f:id:tamaokiyutaka:20190422123923j:plain

見た目がすでに微妙ですが、実は美味しいかもしれない。

シロボヤも海の浄化作用に一役買っていると思われるので、複数の場所から間引くように、味見程度にちょっとずついただきます。山菜のコゴミとかと一緒。

f:id:tamaokiyutaka:20190422123931j:plain

 

そして帰宅。

クーラーボックスを開けたら磯の香りがムワっとしました。さすが。

ざざざっと流水で洗います。

f:id:tamaokiyutaka:20190422123942j:plain

一瞬、「持って帰んなきゃよかった」っていう気はしました。はい。

 

 

 

シロボヤを捌いて食べてみよう

ホヤには突起が二つあって、「+」の給水側から海水を吸って、体内で栄養分を吸収して、「-」の排水側から出すという構造です。

中央にあるマボヤの右が「+」、左が「-」。

f:id:tamaokiyutaka:20190422125643j:plain

シロボヤの場合はわかりにくいですけど、下の写真だと右の高い位置の突起が給水側で、低い位置にあるのが排水側のようです。

捌いたら排水側にウンチが詰まっているのでわかります。

f:id:tamaokiyutaka:20190422123945j:plain

包丁を入れます。

鮮やかなオレンジ色。さすがシロボヤといえどもホヤ。

f:id:tamaokiyutaka:20190422123953j:plain

マボヤと同じように、外側の殻から身がペリペリと向けました。やった。

f:id:tamaokiyutaka:20190422123958j:plain

歩留まりがものすごく悪いですけど、構造としてはちゃんとホヤですね。

f:id:tamaokiyutaka:20190422124004j:plain

排水側に詰まっているウンコを取り出し、水でざざざっと洗います。

f:id:tamaokiyutaka:20190422124008j:plain

ええと、これって生で食べて大丈夫ですかね。

全然、まったく、絶対に、お勧めする食べ方ではないんですけど、ホヤといえば刺身が好きなので、とりあえず生で食べてみます。

マネしないでください。しないと思いますが。

 

f:id:tamaokiyutaka:20190422124036j:plain

おおおおおお、ホヤだ。ホヤ独特のえぐみがちょっと強くて水っぽいけれど、まぎれもなくホヤの味。うん、ホヤ。

野草のハマダイコンと野菜のダイコンみたいな違いがあるけれど、シロボヤとマボヤは同じ系統だこれ。同じ系統だけど、面倒なので人々が好んでは食べない可食生物という感じ。

口の中がものすごく甘くなるパワーは、シロボヤのほうが強いかも。

試しにポン酢をちょっと掛けたら、すごく食べやすくなった。想像以上にちゃんとホヤだ。

古いマボヤよりも新鮮なシロボヤのほうがうまい。採れたてホヤホヤっていうくらいだし。

f:id:tamaokiyutaka:20190422124041j:plain

 

うっかり真っ二つにしてしまったのがこちら。

下の茶色い部分はウンチじゃなくて肝臓(肝膵臓)。ホヤのミニチュアだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190422124030j:plain

 

ということで、シロボヤはホヤの仲間でマボヤに近い味がするけど、すごく小さいし水っぽいし採ってくるのが大変なので、新鮮なマボヤを選んでたくさん食べましょう!私も買ってきます!

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

アミガサタケが生えてこないので別のものを食べた

タイトルのままである。あー。

毎年、桜が咲くころからアミガサタケ探しをしていて、数日分のおかずくらいは採っていたのだが、今年はなんとゼロ。いや某取材でちょっと見つけたけど、それは案内された場所なのでノーカウントだ。自分で探し当てた近所の秘密ポイントでみつけてこそのアミガサタケ。あー。

雨が少なかったり、落ち葉を除去されていたり、今年は本当に全然ダメ。昨年の夏に見つけた、ここは絶対に生えるだろうっていうイチョウの林も空振りだよ。あー。

今日ももう時期的に遅いかなと思いつつ何箇所か回ったけど、どうにか採ろうとして徒労ですよ。ほら、「ある証明」は簡単だけど「ない証明」は難しいから、ずっと探しちゃうよねー。あー。

ならば梅林にハルシメジでも生えてないかと思ったが、こっちも全然。なんか下草がボウボウだった。あー。

 

はい、本日の収穫です。

状態の良いアラゲキクラゲ。

f:id:tamaokiyutaka:20190415212813j:plain

カラスムギはまだ早いか。

f:id:tamaokiyutaka:20190415212818j:plain

カンゾウは近所の河原に生えていないもんだと思ってたら、ちょっと遠い場所にあった。育っちゃっているから来年またこよう。

f:id:tamaokiyutaka:20190415212821j:plain

雨上がりなのでノビルが引っ張ったら抜けた。

f:id:tamaokiyutaka:20190415212823j:plain

カラシナはすっかり花が咲いていた。種ができたらまた来ましょう。

このあたりにハマダイコンはない。

f:id:tamaokiyutaka:20190415212826j:plain

これはなんだっけな。名前忘れた。

f:id:tamaokiyutaka:20190415212830j:plain

アカメガシワ、食べられるらしいけど今日はなんとなくパス。

f:id:tamaokiyutaka:20190415212833j:plain

 

ノビルの球根、鱗茎って書くべきか迷いますよね。

素揚げにしました。ホックリしてうまい。

f:id:tamaokiyutaka:20190415212837j:plain

アラゲキクラゲとノビルの適当なスープ。

キクラゲがムニュムニュして想像以上に美味しかった。

甘くないグミみたいだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190415212841j:plain

ということで、今年のアミガサタケは諦めました。

他にもいっぱい採れるものはあるんだもんね。あー。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

柿、食用菊、ヨモギの新芽を天婦羅で食べてみた

 

 

 

 

柿の葉って食べられるの?

今年は山菜摘みにいけるかなー、いけなそうだなー、なんて悶々としながらツイッターをぼんやりと眺めていたら、中京地区在住の友人が変なものを食べていた。

え、柿の葉っぱって食えるのか。

柿の葉寿司っていうのはあるけど、あれは柏餅みたいなもので、葉っぱは食べないよね。

葉っぱといっても新芽らしいので、山菜みたいなものだろうか。でも渋くないのかな。

柿の新芽を天婦羅で食べてみた

もし機会があれば食べてみたいなー、でも新芽の時期なんて短いんだろうなー、なんて思いつつ所用で実家に寄ったら、裏庭の柿の木がちょうど食べごろと思われる状態に育っていた。

f:id:tamaokiyutaka:20190413214026j:plain

はい、運命。これは食えということか。

せっかくなので、いくつかもらってきた。

新芽部分はパキっと気持ちよく折れる。

f:id:tamaokiyutaka:20190413214030j:plain

はい、天婦羅にしました。

天婦羅衣にコーンスターチを入れると、薄い葉物もサクッとあがる。

f:id:tamaokiyutaka:20190413214035j:plain

渋いかな渋いかな嫌な嫌なと稲川淳二の物真似をしながら恐る恐る食べてみると、モチっとした触感でほのかな甘みを感じる。あの柿の木、渋柿だったと思うのだが。

意外とアクはほとんど感じず、風味の薄いコシアブラといった感じか。これは塩だな。

これが柿の葉だと知らされずに「最近流行の山菜ですよ」といわれれば、「ほほう、上品な味ですね」と答えるだろう。なかなか美味しい。山菜の天婦羅盛り合わせに二つくらい入れてほしい。採用。

 

ヨモギの新芽を天婦羅で食べてみた

せっかく天婦羅を揚げるので、柿の葉だけじゃもったいないなと、目についたヨモギを揚げてみることにした。

ヨモギの新芽が食べられるという話はもちろん知っているのだが、そういえば身近すぎて食べたことがないかもしれない。いや、あるような気もする。でも味ははっきりと覚えていない。

f:id:tamaokiyutaka:20190413214042j:plain

ヨモギの新芽は左右対称である。

シンメトリーってね。新芽だけにな。

新芽と呼ぶにはちょっと育っているかなと思いつつ、柔らかそうなところを揚げてみた。ちなみにヨモギは摘んでからすぐシナシナになるので、水につけておくか、さっさと揚げたほうがいいようだ。

f:id:tamaokiyutaka:20190413214044j:plain

おー、ちゃんと癖がある。刺身についている菊の花を、うっかり噛んだくらいの香りが口に広がった。好きな人は好きなのかな。意外とアクがあって歯がちょっとギシギシする。

やっぱりヨモギは野菜ではなく野草だな、菊科の草。

ヨモギって天婦羅にするとこんな味なのか。揚げ物にあんまり向いていないかも。ヤギ汁でも作るか。

もうちょっと若い新芽がよかったかな。タマネギやニンジンとかと合わせて、かき揚げにするといいかな。それをそばに浮かべるときっと最高。

 

食用菊の葉っぱも天婦羅で食べてみた

せっかくの機会なので比較用にと、畑にあった食用菊の葉っぱも揚げてみることにした。

春菊ではなく、お花を食べる用の菊である。私はあまり食べないんだけど。

f:id:tamaokiyutaka:20190413214048j:plain

新芽という時期でもないためか、春菊よりもモッサリしていて肉厚。

もちろんヨモギとは全然違う。

摘んだ瞬間に菊の花の香りがする。

うまいのかな、これ。

f:id:tamaokiyutaka:20190413214050j:plain

同じように天婦羅でいただく。

揚げてもなんだかモッサリしている。

見た目的にはヨモギのほうがうまそうかな。

f:id:tamaokiyutaka:20190413214055j:plain

食べてみると、葉っぱとはいえ、さすがは食用菊である。

品種改良された感がある安心のお味。ヨモギと比べると全然野菜。

上品で柔らかくてぬめりがあって肉厚。筋っぽさがない。ヨモギの強すぎる部分が抜けて、ほどよい個性になっている。

食べると菊の花の香りを嗅いだくらいの香り。程良いね。法事とかに最高。

 

以上、ごちそうさまでした。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

富山湾の光る宝石、ホタルイカを捕まえたい 2018-2019

こんにちは。春といえばホタルイカの時期ですね。

ということで、こんな記事を書きました。

dailyportalz.jp

 

ホタルイカの身投げ、それも爆沸きを見てみたくて、昨年と今年で富山まで4回通った記録です。

結論から言うと爆沸きの状態になるのは、年に1~2回くらいなもので、そんな簡単じゃないですよねーという感じでした。

私が書きたいのは「役に立つ情報」じゃなくて、自分目線のエピソードでつづる体験記であり、その場にいるような気になれる物語なので、読みにくかったらすみません。

 

f:id:tamaokiyutaka:20190409014320j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190409014323j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190409014324j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190409014327j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190409014330j:plain

 

こういう遊びだけして生きていきたいですね。

ずっと探し物をしていたい。でも探し物のターゲットがなかなか見つからない今日この頃。

なにを探せばいいのかな。

 

よろしくお願いします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

歯医者からの電話

先日の夕方、取材中の合間に携帯電話を確認すると、着信履歴があった。

発信元は通っている歯医者である。

 

現在進行形の虫歯があるというわけではないのだが、3か月に一回、定期検査で歯科衛生士さんに同じ部分の歯茎の写真を撮られて一喜一憂させられたり(前回と色や歯垢を比較されるがだいたい誤差の範囲)、歯の隙間にデンタルブロスをゴリゴリとされたり、歯茎のマッサージをされたりしている。予防歯科というやつだ。

なんだか派手好きな院長らしく、内装がどことなくリゾートホテルっぽく、天井には南国の砂浜で寝そべった視界(歯科医だけに)のような写真が貼られていたりする。別に治療ではないので、どちらかというとエステ気分だ。だいたい3000円くらい。バレンタインのシーズンにあたると小袋のガーナチョコをくれたりする。お礼はするべきだろうかと悩むが次の来院は3か月後なので悩まなくて大丈夫だ。悩む気ないけどさ。

で、そこからの着信である。

 

前にも一度こういうことがあったのだが、その時は私がうっかり歯医者の日を忘れていて、受付時間になっても現れない私に対する確認の電話だった。ほら、携帯のカレンダーアプリがその日の予定を3件までしか表示してくれないタイプで、夕方に入れた歯医者の予定が4件目に書かれていたから(カレンダーに「+1」と小さく書かれていたけど)、しょうがないよねー。

だって一日に4件も用事が入ることなんて、普段ないんだもん。

f:id:tamaokiyutaka:20190408223520j:plain
※カレンダーのイメージ

なんていう言い訳はもちろんできず、すみませんすみません忘れてましたすみませんと正直にあやまって予約日を変えてもらったのだ。

よくないですよね、連絡なしのドタキャン。

そんな失敗があった上での着信である。しかも時間は私が歯医者にいつも行く時間。うわぁ。

 

びびりながらカレンダーアプリを確認するが、歯医者の予約は一週間先だった。あれ。いやこれがそもそも入力の間違いなのかも。なんてったって3か月前に入れた予定だ、覚えちゃいない。診察券は自宅なので確認ができない。

こうなってしまうと、もう取材がまったく手につかない。相手の話が全然入ってこない。心ここにあらず。すぐ折り返しの電話をすればいいんだろうけれど、怒られるからヤダ。どうしよーと思いつつ保留。これが一番いけないんだけどね。

 

自宅に帰って診察券を確認しようと思いつつもすっかり忘れていた二日後の今日。また着信があったわけだ。あー。

電話って表情が見えないから怖いよね。でもこの電話に出ないと人生は前に進まないと受話器を取る。受話器っていうか携帯電話だけど。

 

「新年度になって担当者のスケジュールが変わりまして、恐れ入りますが予約変更のお願いを……」

 

先方都合の予約変更だった。なんだよ。

そんなのいつでも大丈夫ですよ!と、無駄に愛想よく予約時間を変更する。

 

いやー、よかった。いやよかったのかこれは。よく考えると特によいことがあった訳でもないのだが、なんだかすごく得した気分だった。うん、よかった。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

初めての「船釣り」入門! 持ち物は? 服装は? 初心者の釣りデビューに密着

こんばんは、ゆるゆる釣り部です!

っていうボケはどこの世代まで通じるんですかね。

釣り初心者の女性(担当編集)が釣りをしてみたいというので、荒川屋のライトアジでそっと見守ったレポートです。釣れてよかった!そして料理付きプラン最高!

kakakumag.com

f:id:tamaokiyutaka:20190403134334j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190403134336j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190403134340j:plain

f:id:tamaokiyutaka:20190403134342j:plain

評判が良ければまた何か行きたいですね。

キハダマグロとかキンメダイとか、無茶なやつとか。

よろしくお願いいたします。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

同じ価格なら何本入りのバナナがお得だろう

こんにちは。

デイリーポータルZのエイプリルフール記事として、こちらを書きました。

dailyportalz.jp

タイトルのままですが、買うときに迷いませんか?

エイプリルフールネタといいつつ、これだけだと何も嘘がないんですが、4/1はテキストなしで画像だけ表示されていました。それが嘘なのかといわれると謎ですが。

f:id:tamaokiyutaka:20190402024203j:plain

どれが一番お得だったかは、記事をチェック!

いつか玉ねぎとかジャガイモでも試してみたいですね。

 


※ちょっと買い物しませんか※


 

?

 

Copyright (C) 私的標本 All Rights Reserved. by 玉置標本